2018年03月06日

警備員の憂鬱 その5

スポンサーリンク






と・・・
「意外と警備員って仕事も悪くないかも」と言った感じの記事を書きましたが・・・。
やっぱ「3k」やとも思います。
んで・・・何の保証も無いのでね。やっぱ「それのみ」の仕事にしちゃうと大変かとも思う訳です。
実際、僕が勤務する警備会社でも基本、給料の支払い方法で、殆どの人が選択しているのが「日払い」。働いた翌日に振り込まれる・・・って方法。殆どの人がこの日払いを選択しているって事は「殆どの人がお金に困ってる」って事の裏返しなわけ。まぁ、普通じゃない人の集まり・・・ってとも取れるわな(笑)。んで、もうひとつが「高齢化」。20代の警備員は2人。30代が少しいて40代から50代も少し居る。で、半数を超えるのが60代以上。最高齢が72歳の人。結構な確率で60代以上。僕が49なんだけど、2人の現場に行くと大抵が60歳代の方。これは結構驚く。でね。色々と聴くとさ。

年金では足りずに・・・
生活が大変で・・・

が殆ど。

あと、借金苦。

これ、警備員の仕事が圧倒的に足りないので、高齢者でも雇うんですね。現場で勤務していると良く解る。
考えてもみて下さいよ。60超えて朝から晩まで「立ちっぱなし」。しかも「クソ」みたいに扱われるし。現場の作業員や同僚の警備員の全員よりも高齢者・・・だったなんて普通にありますし。そんな中で「あっちいけ」「こっちいけ」と作業員から指示されながら誘導をする訳です。酷い現場だと「けちょんけちょん」に暴言を言われますし。それでも耐えなきゃいけない。それでも耐えて9千円。

高いと思うか安いと思うか。

その人の価値観次第ですね。

僕は「ありがたい」と思ってます。まぁ、現場では誘導中に理不尽な事が起きたりすると「くそぉ、辞めてやる!」とも思うのですが、最終的に17時を回ると基本仕事は終わる訳です。そうすると思う訳です。「耐えれば何とかなるか」と。その繰り返しの日々。3ヶ月間の連勤時には、流石にこの繰り返しが5日目辺りに来ると「心身的に萎え」ます。やっぱ連勤してると「心身的に萎え」ますね。この仕事は。でもね、これで食ってる人は居る訳で。やっぱ「すげ~なぁ」とも思います。僕も毎日現場に出て体感しましたから。

でもね。やっぱ「最低限、人の役に立って」「最低限の能力しかない僕」が、兎に角「棒を振って立ってさえいれば」9千円になる。僕にとっては「ありがたい9千円」な訳です。

きつい仕事ですが、当分、続きます。

あ、ちなみに僕は「週払い」です。

スポンサーリンク





posted by taroayu at 16:56| Comment(0) | 警備員 | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

警備員の憂鬱 その4

スポンサーリンク






もう少し書きます。

で、良く聞かれるのが「どんな人が向いてるのか」・・・と。
個人的に思うのが

内向的な人。

僕もそうですが「対人」が比較的得意ではありません。自営業を15年もやっときながらですが。警備員、即ちガードマンの仕事は殆どが「ひとり仕事」。最大で4人とかの時もあるにはあるんですが、基本1人か2人での仕事が殆ど。なので会社勤め的な交友関係は築けません。その日その日の対人関係が殆どなので煩わしさはありません。僕は1ヵ月程、1つの現場にずっと1人だけでしたし。そういう現場もあるので「比較的内向的な人」が向いてるかと。

逆に「会社勤め」が向いてる人には厳しいかと。酷い時には「8時間、一言もしゃべんなくても良い現場」なんてのもありますし。なので苦しくなります(笑)。

あと、ずっと「立ち仕事」なのと「汚れるのは確実」なので、この手が嫌いな人もダメかと。あと、雨でも現場がある場合もあります。そんな時は「雨カッパ」を着て「ひたすら」8時間、雨の中で誘導します。これはある意味「修行」かと(笑)。最高にキツイですし。まぁ、たまにあります。

あと、「真夏」と「真冬」もキツイです。これはどうしようもありません(笑)。

と、どうやら「キツイ」事の方が多い気もします(笑)が、現場が終わる17時まで勤務すれば問題なく賃金は確保できます。

まぁ、どう考えるかですね。労働を。

ただ、やっぱキツイです(笑)。

ですが、必要とする人が居る訳でして。なので、成り立つ訳で。その需要に少しだけ答える事で、少しだけ最低限の生活保障が可能である・・・と解釈してます。

「欲しい分だけ働く」

失礼な話ですが、週3日勤務で27000円。月で約10万超え。最低限の生活は可能ではないかと思うんですね。「仕事的にはキツイんだけど、週3日なら何とか働けるかも」と思う方ならば、何とかなる労働形態かとも思うんですね。今回、3ヶ月。働いてみて思ったんですね。ガードマンと言う労働形態の在り方を。「自分なりに考え、労働する価値観を何処に持ってくるか?」を突き詰めると「どれだけあれば生きてゆけるのか」では無いかとも思う訳です。

今回は色々と考えた警備員勤務でした。いい意味で、良い会社と出会い、働けたのでは・・・と思います。週2勤務を理解して頂いていますしね。

では。

スポンサーリンク





posted by taroayu at 17:37| Comment(0) | 警備員 | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

警備員の憂鬱 その3

スポンサーリンク





前回の続き。

何故、辞めず続けたか。
最終的には「17時まで我慢すればお金になるから」が答え。
9時に始まり5時には終わる。基本的にはこの連続。夜間だと夜9時に始まり明け方の5時位には終わる。
単純にこの連続。で、仕事は前回に書いた3種が殆ど。まれに例外があるんだけど、殆どが前回書いた3種の応用。

なので、解ってくると比較的簡単になってくる。「単調」なのと「時間との闘い」になってきます。

僕的には今回経験して思ったことなんですが「午前」が終わると「ホッ」とします。約4時間から3時間(現場によっては8時から工事の所もあるし、9時からの現場もあります)。で、昼ごはんで区切り。で、午後。午後も3時を過ぎると・・・ほぼ終盤。早い現場だと3時から4時の間に終わったりします。僕が行った現場の平均は4時半。4時過ぎると作業員の皆さん、片付けモードに入り4時半すぎると終了に入ります。なので、3時過ぎると「ほぼ終盤」なんですね。ココまで来ると「あぁ、頑張った僕」感。で、17時前には終了しサインを貰い終了。で、現場を後にし帰宅。大体18時には家に帰れます。が・・・まれに「遠地」へ行く事も。今回の3ヶ月の中で一番遠かったのは「阿蘇の乙姫」(笑)。電話線工事の警備でしたが・・・熊本市内を6時に出て現場到着が8時半。で工事が9時からで、終了したのが午後4時。で、帰宅したのが夜の7時。ってのがありました(笑)。たまにこういうのもありますが(笑)。

逆に一番短いのが「午前中」で終わった。これが2回ほど。

でも、一応、僕の行っている会社は9千円出た。基本半日でも4.5時間を超えないと日当全額は保証されない。休憩を除く4.5時間。8時開始の現場だと、昼ごはんに60分あったとして・・・午後の1時半を超えれば満額日当。午後の1時に終わっちゃうと半額日当。となる。ココが分かれ目。

やはり出来る事なら午後3時を超えて終わるのが理想。文句なく満額日当だから。なので午後3時を超えると「ホッ」とする。

で・・・「なんて低レベルな話」なんすか。とお思いの方も多いでしょう。

1歩引いて自分を観察すると・・・そう思います。

が、その逆から見ると「これ程度で9千円貰える」とも思うんですね。ただ、何の保証もありませんが。ですが、僕自身は自営が長いのと、現在は自分で仕事を作り上げている最中なので「身を保証してもらう」発想自体はありません。まぁ、いわゆる正社員ですね。正社員発想は当の昔に捨てました(笑)。なので、「実質、自分は幾ら稼げるのか」が基本なんですね。他人に時間を売るにしても。であれば、時間単価が高い方が良い。しんどいけど。

で、最終的には警備員(ガードマン)に行くんです(笑)。逆を言うと「最悪、ガードマンに行きゃ~何とかなるさ」とも自覚しております。大きな意味での「保険」ですね。ま、ションベンみたいな保険ですけど(笑)。

兎に角、面接に行きゃ~「経験あり・即勤務可」ならば翌日から金になる。何故ならば、圧倒的に警備員が足りないから・・・に尽きる。特に熊本は復興工事が現在も沢山行われているので、工事に対してのガードマンの数が圧倒的に足りてない状況なんだそうで。

経験者としてのスキルは、前回書いた「3種の警備内容」と「棒振り(警備棒を使った目視での誘導も含む)」と「無線」が問題なく出来れば、日本全国。何処へ行っても仕事はあります。

僕の経験で思うに・・・警備会社で3か月勤務すれば問題なく上記のスキルは身に付くかと。その後、仮に辞めたとして、ブランクがあったとしても、その経験は身に付いてます。再度、即、警備員として働く事は可能ですから。

僕も9年ぶりにやりましたが・・・1日目で問題なく「片交」も出来ましたし。ま、逆を言うと1日目で「出来る人か・出来ない人か」を判断されますが(笑)。で・・・「出来る」と判断されりゃ~翌日から「どんな現場」でも行かされます(笑)。お金には困らなくなります(笑)。仕事、くれますから(笑)。

なので、底辺の話で申し訳ないとも思うんですが、僕的には「最悪、誘導があるさ」と思い生きてます。

「立派に人のお役に立ててお金を貰える」訳ですから。

これも「生きて行く上でのスキル」だと思っています。

なので、週2の勤務も可能となったんですね。

今後は「週2勤務」のその後をたま~に書こうかと思っています。

スポンサーリンク









posted by taroayu at 11:47| Comment(0) | 警備員 | 更新情報をチェックする