2017年07月31日

短波放送を聞く事が趣味だった小中学生時代の気持ちをココ最近復活させてみた件。(その4)

スポンサーリンク







で・・・
頂いた短波ラジオが安物だったのと受信が悪いので。思い切って良い受信機を買うことにしたんですね。
それがこれ「SONY ICF SW23」ソニーの短波専用ラジオ。もちろんAM/FMは入りますが短波が全受信出来るヤツです。定価1万2千円!(現在このラジオは生産中止になっててオークションでは高値で取り引きされてます)。
20150807_081516.jpg
これね。
このラジオを所持中に「熊本地震」発生。約1年半前ですね。過去の記事に書きましたが・・・約2週間。このラジオを24時間付けっぱなしで避難生活をしておりました。

でもね。このラジオ。唯一の欠点がスピーカー。小さいんです。約5センチ無い(笑)。小さいんで「高音」がキンキンするんですね。低音が出ないという残念な仕様。まぁ、この手のラジオは普通イヤホン(ヘッドホン)で聞くのが当たり前な仕様なのでスピーカーは「二の次」なんですね。残念ですが。

なのでこのラジオも最終的にはオークションで売ってしまいました。ただ、生産中止になったお陰で購入価格の倍の値段で売れたので「収入」が出てしまいました(笑)。

そのお金で「本当に自分にとって使いやすい短波ラジオ」を考慮し買ったラジオがこれ「SONY ICF SW11」。
20170509_144244_resized.jpg

このラジオもソニーの短波ラジオなのですがICF SW23との違いが「LW(長波)が入る」「FMがイヤホン接続時だけステレオ」「スピーカーが7cm」と3つもの違いがあります。これだけの違いがあるのにICF SW23との値段の違いが半分。半値の6千円台で購入。だけど受信能力が違うんですね。ICF SW23は弱い電波でも受信するんだけどICF SW11は弱い電波はノイズと重なって聞こえない時が多いんです。この違いは以外と大きいんですけど・・・僕的には「小さ」かったので買い換えたんですね(笑)。いまとなっては正解でしたが。

で・・・

ここからが変貌するのです。発展するのです。僕の趣味が。

と、長くなったんで

次回。

スポンサーリンク





posted by taroayu at 11:32| Comment(0) | ラジオ・短波放送 | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

短波放送を聞く事が趣味だった小中学生時代の気持ちをココ最近復活させてみた件。(その3)

スポンサーリンク






暑いです。
とてつも暑い。

前回からの続き。
と言う事で中学3年までは短波放送を聴いてたんですが。
高校生になってから・・・少しづつ短波から離れ。短波ラジオも部屋の隅っこに(笑)。
ただ、この時期でも小学生の時に買ったAM/FMラジオは机の上にあり勉強しながら聴いてました。

で・・・
社会人になってからの20代はJAZZ一色となりラジオから遠ざかり・・・。
30代に入り飲食店を経営し始め・・・再びラジオを聴く様に。
だけどこの時期もAM/FMのみ。ラジオは聞いてたんだけど短波は忘れたまんま。

時は立ち

3年前。45歳位だったろうか。お客様から「家に眠ってたラジオなんだけど、新品だから使ってくれると嬉しいんだけど」と言われラジオを頂いた。それがこれ。
SN3I1871.jpg
ELPA ラジオ ER-21T-N

デジタル周波数表示の短波ラジオ。ただ中華ラジオなんで感度は悪い。んだけどまぁ、主要局は入るので聞けないこともない。このラジオを貰ってから・・・久しぶりに短波を聴いた。
中学3年の終わり位に聞かなくなったから・・・かれこれ30年ぶりの短波!!
いや~新鮮。
新鮮極まりない(笑)。
新鮮過ぎて泣きそうでした。
ココから再び・・・「ちょい熱」が始まった。
「往年の趣味再開」つてヤツですね。流石に遠い国の放送局は入りませんので近い国の日本語放送をチョイスして聴き始めた。一番懐かしかったのは「中国国際放送局」。当時は「北京放送局」って言ってたんだけど流石に今風(?)な局名に変わってた。現在も中波だと夜の19時から深夜の1時頃まで日本語で放送中。懐かしくて暫くの期間、毎日聞いてた。
ただ、この頂いたラジオ。流石に安いラジオなんで周波数が動くんですね。暫く聞いてると次第に聞こえなくなってくる(笑)。再度チューニングをせねばならないラジオ(笑)。
それでも我慢して聞いてたんですが・・・
流石に我慢できなくなってきて・・・上級機を購入に至るのです。

あ、長くなってきた。

では次回。
スポンサーリンク





posted by taroayu at 14:59| Comment(0) | ラジオ・短波放送 | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

短波放送を聞く事が趣味だった小中学生時代の気持ちをココ最近復活させてみた件。(その2)

スポンサーリンク






前回の続きです。
BBC放送を連夜連日聞いていたのは前回書きました。これと平行して聞いていたのがアメリカのVOA(ヴォイス・オブ・アメリカ)。アメリカ本土からの英語放送。確か当時は短波の9760Mhzだったかと思うんですが。こちらは全部英語放送で日本語放送はありません。ただ、枠内の時間に結構スピードを遅くして話すスペシャルイングリッシュの放送時間がありまして、ニュース、解説、そして「オールザットジャズ」と言う番組が放送されてました。このニュースとジャズ番組を良く聞いてた。毎日とまでは行かないけど週に4日位は聞いていたかと思います。この頃中学3年生。この放送を聞いてて「英語」に目覚めたし、「ジャズ」にも目覚めた。中学時代は「洋楽」と「渡辺美里」に没頭していてそれ以外の音楽には興味が無かったんだけど・・・このVOAのオールザットジャズを毎週聞くようになってから「ジャズ」に関心が出てきたんですね。なんせ本家本元のジャズですから日本で聞けない現地先取りのジャズを流してくれるんで異様に面白かったのを覚えています。

と・・・中学の時点で「イギリスBBC」と「アメリカVOA」にどっぷりと浸かっちゃった訳で「短波放送=BCL」が当時中学時代の僕の趣味となった訳です。

余談ですが・・・上記の2局以外にも良く聞いていた放送局が「FEN」と「スーパーロックキョイ(super rock KYOI)」。FENは現在はAFNと呼び名が変わってる。これは日本にある米軍基地内だけに放送されているAM放送。在日米軍に従事している人達とその家族向けに放送されているAM放送なんです。当時はAM以外にも短波での放送があってたんですが現在はAM放送のみ。九州だと佐世保と沖縄。当時は短波で聞いていました。現在は短波では聞けないので実際の話・・・熊本では聞けないんだけど、ある程度の高感度ラジオだと夜の21時を過ぎた頃「621Khz」辺りに合わせると英語の放送局が入感します。これは沖縄AFNなんですが深夜だと熊本でも聞く事が出来ます。僕もたま~に聞いてます(笑)。と・・・当時は短波で聞いてました。こちらの英語は凄く早いので聞き取れません(笑)。だけど「アメリカな感じ」が凄く伝わる放送局なので好きで聞いていたんです。
それと「super rock KYOI」。これは確かハワイからの放送だったかと。24時間ロックミュージックしか流さない放送局。兎に角「rock」しか放送しないしアナウンスも1時間に1回程度。当然曲の紹介なんて無かったから、まるでディスコのように次から次へと当時のrockが流れてきてた。これも短波放送でしか受信できなかったので連日聞いていた。これは僕の年表で行くと中学3年生位から高校にかけて。僕の年代は・・・ちょうど中学から高校にかけてが80年代にあたるので洋楽で言うと「80年代ブリティッシュロック全盛期」にずっぽりハマる。ジョージ・ボーイやデュラン・デュラン、ワム等が大ヒットを飛ばした時代だ。この頃にこの短波のsuper rock KYOIが放送されていたので本当に良く聞いていた。なんせ24時間の放送なので「いつ、いかなる時間に」聞いてもロックミュージックが流れてた。これは本当に楽しかった。が、4年ほどで放送局が無くなった・・・。

あぁ、また長くなりましたね。

ではまた。

スポンサーリンク





posted by taroayu at 11:09| Comment(0) | ラジオ・短波放送 | 更新情報をチェックする