2017年08月11日

短波放送を聞くと言う趣味復活・・・番外編。韓国国内で普通に郵便を送ると言う行為をしてみた(その2)。

スポンサーリンク






その2です(笑)。

前回の事があった為、今回は用心しました。し、目的をはっきりさせました。

・韓国国内(釜山市内)の郵便局を探す事。

グアムから韓国釜山(金海空港)へ入り・・・「郵便局を探す事」に気合を入れ税関を通り到着フロアーへ。普段良く利用する空港なんですが・・・どんな店があるのかを余り散策していなかったので散策する事に。んなもんで反対側の出発ゲートに向かったんですね。そうすると。

「郵便ポスト」が!!!!!
P1070148.JPG
出発ゲートの前にある待合椅子がずらーっと並んでいる脇に「郵便ポスト」があるじゃ~ありませんか???
しかもその横にポストオフィスと横文字が・・・・



きゃ~

あるじゃん。こんなところに(笑)。

普段は見ないんですね。こんな場所。
興味がないから(笑)。

早速中に入り切手を申し出ると・・・

「ありません」

と・・・

冷たく「ありません」とあしらわれました。

( ノД`)シクシク…

「えぇ~。無いの」と僕。

この時点ではまだ無知な僕でした。
仕方ないので空港を出て、ネットで調べた「空港から一番近い郵便局」を探すことに。空港からは韓国地下鉄2号線に接続するモノレールが通ってて3つ目の駅「沙上駅」へまずは向かう事に。何度もこの駅を接続で利用しているんだけど、駅郊外に出るのは初めて。実は全く下調べ無しで出るには訳がありまして。この駅の近くに郵便局があるのをネットで情報ゲットしていたんですね。だけど街に出るのは初めて。少し興奮しながら駅の外へ・・・向かった矢先に「郵便配達のおじさんバイクが!!!(赤)」。赤いバイクでブゥーンと来たそのおじさん目掛けて

僕「ポスト・オフィスはどこ~?」(もちろん英語)
おじさん「あっちいってあっちいってあっち」(もちろん英語)
僕「ありがと~」(もちろん英語)

と言う事で確実に郵便局があるのを確認&場所確認 が出来た。これで「間違いなく行ける」と確信した僕は嫁とひたすら教えてもらった方向へ。

で10分ほど歩いた場所にあったのがこれ。
RIMG0771.JPG

RIMG0777.JPG

韓国の郵便局。
早速中へ入って・・・見つけたのがこれ。
20170801_081644_resized.jpg
左の花柄が420W。右の韓国国旗が330Wの切手。
韓国国内同士で普通に封書(たぶん25g位)を送るなら右の330Wの切手でOK。それより少し重いなら左の花柄の440W。ちなみに僕の封書は左の440Wでした。
ですが・・・種類はこれの2つのみ。とりあえず「あった」のと「送れる」事が可能になったので一安心。僕の目的は半分達成された。

その日の夜。ホテルにて受信し受信報告書を作成。その中に「韓国では手紙は書かないのでしょうか?」と質問を添え送った。

翌朝。ホテルのフロントで郵便局の在処を聞いて・・・今度は滞在していた西面(ソミョン)にある郵便局へ。ホテルから約10分程度の場所に所在。で、その郵便局の前に赤いポスト。念の為、郵便局内に入り局員さんに「この切手・金額で送れるか?」を確認した所、440Wの切手で送れる事を確認。今度は本当に安心して赤いポストに投函。

やっと送れた(笑)。

ちなみに。韓国では切手を貼って郵便物を送るパターンは殆ど無いらしい。今は切手自体は「記念の切手」のみしか扱って無いらしい事が判明。じゃあ僕らが手にした切手は?・・・と言うことになるね。これも説明。実は韓国では切手ではなくスタンプ(郵便物を郵便局に持参し、郵便物を窓口で出し、その郵便物の配送料を払いスタンプを押して貰っての郵送)だと言うこと。ポストに投函・・・ってよっぽどらしい(笑)。

知らなかった(笑)。そりゃ~知らんわな。

スポンサーリンク






また、誰に聞いても韓国では「手紙は出さない」らしい。
インフォメーションで聞いたおばさんなんかも「1年に1度も出さない」と断言したし(笑)。KBSのラジオでも読まれた際に「基本手紙は書かない」と断言してた(笑)。どうやら殆どがメールらしい。

じゃ、何の為の郵便局か・・・って話になると思うんだけど。
これも答えがあって「荷物を送る為」と言う事。いわゆる「小包」ね。郵便局では殆どがこの小包扱いの為に存在しているらしい。

と。
苦労して韓国国内から韓国国内へと手紙を出す行為。
「だから何なのよ」って言われりゃ~そうなんだけど(笑)。間違いなく日本で普通に生きてると「韓国国内から韓国国内へ手紙を出す」って無いわな。送る相手あっての事だから。しかも普通は日本から韓国へ送るのはあり得るんだけど、外国に行ってて外国国内で郵便を出すんだから・・・マニアだよね(笑)。ある意味。

でも、どうしてもこの鮮度をそのまま送りたいのと「韓国の切手を手にする」と「韓国国内の郵便局を探す」の2点をどうしても見つけ、経験したかったんですね。苦労しましたが無事完了する事が出来ました。

この受信報告書に対するベリカードも既に届いてます。

と言う事で一連の「韓国切手」にまつわる僕の経験を書きました。
参考になるのかどうなのか?
解りませんが、参考になれば・・・と思います。
posted by taroayu at 14:14| Comment(0) | ラジオ・短波放送 | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

短波放送を聞くと言う趣味復活・・・番外編。韓国国内で普通に郵便を送ると言う行為をしてみた(その1)。

スポンサーリンク






前々回に少し書いた「韓国国内で切手を探すのに苦労した」って部分がありました。

「短波放送を聞く事が趣味だった小中学生時代の気持ちをココ最近復活させてみた件。(その5)」
http://taroayu2008.com/article/452291162.html

今回は、それに付いて書こうかと。

約2ヶ月前。韓国は釜山に1泊滞在。実はグアムの帰りに立ち寄った。が・・・これには目的がありまして。

「韓国国内でKBSワールドラジオに受信報告書を出す」

韓国KBSワールドラジオ
http://world.kbs.co.kr/japanese/

って事。
どうって無いことなんだけど、自分的には未知の世界だったので体験したくて実行。これ。普通に考えると「韓国で現地の切手使って韓国国内に送る」と言う行為。日本国内なら普通に送ればいいんだけど、韓国国内で出してみよう。と思案した訳です。

ココで重要なのが「切手」。
日本だと普通に郵便局やコンビニ等で普通に買える。

じゃぁ、韓国だとどうなんだろう~と思案したのが切っ掛け。実はこれには「前例」がありまして。

前回(半年ほど前)、釜山へ出向いた時に釜山のホテルにてAM放送「福岡RKBラジオ」を受信。その受信報告書を実は韓国から送った。が・・・その実状が何とも「笑える行為」でした。

まず、ホテルで放送を受信し受信報告書を書き上げたは良いが・・・「切手」なるものを所持していない。「韓国の切手」を買わねばならない。ので、フロントに聞いてみると「郵便局に売ってるはずだよ」と言われ郵便局を教えて貰うことに。だけど・・・近くに郵便局は存在せず「他に買える所は無いですか?」と訪ねると「確かコンビニも売ってあるかも」との返事。

なのでホテルを出て近くにあるコンビニへと向かった。が・・・店員に聞くと「切手はありません」との事。これ以後・・・数件の店を訪ねたが何処にも切手は売ってなかったんですね。仕方ないので「受信報告書」を所持したまま買い物や食事をした訳です。ただ、街中に「赤い郵便ポスト」らしき物は存在するのです。

僕「あれに入れりゃ~いいんだけど、切手がなぁ~」とモヤモヤ(笑)。

そうこうしている内に帰りの飛行機時間に。「切手~」と心で叫びながら空港へ到着。ココでも諦めきれず・・・。空港内に郵便切手を売っていないものか?と空港内のコンビニを訪ねるが・・・全滅。無いんです(笑)。何処にも売ってない。しかも郵便局も無い(笑)。しょ~がないので空港の案内所で聞いてみた。そうすると・・・

「今日は土曜日で郵便局は休みだよ!!!」だって(笑)。

笑えた。

そうだ。土曜じゃん。開いてないよ!!!

と納得。

しかし・・・・・・

受信報告書を所持したままの僕としては「何とか送れないものか?」と最後まで悩んだ。

これね。日本に帰ってから送るとさ。結局日本国内で受信した様になっちゃうんでね。これでは意味がない。放送局には「釜山で貴方の放送局を受信しましたよ」と言う証拠報告書!なので、何が何でも韓国から送らねばならない。

そこで案内のおばちゃんから意外な提案が。

案内のおばちゃん「私が郵便を預かって月曜日に出しましょうか?」ですと!!!!!!

僕「へ? いいんですか?」

案内のおばちゃん「いいですよ。ただ郵便切手代は頂かないとダメだけど・・・」

僕「もちろん。お願いできますか?」

案内のおばちゃん「いいですよ」

と言う事で「成立!!」

おばちゃんに1,000ウォン(日本円で100円位)を渡し、その場を離れた。

スポンサーリンク







そうして釜山から日本へ帰路。
日本へ帰った僕が思ったことは「あのおばちゃんはちゃんと月曜日に出してくれただろうか?」と言うこと(笑)。
まぁ、知らない他人に任せたので、どういう結果になっても仕方がないのはしょうがないとして・・・こういうハプニングがあったんですね。

元はと言えば僕の「何とも陳腐なこだわり」が起こした出来事なんですが(笑)。ただ、外国で外国内に手紙を出す行為なんて「一生する事は無いだろう」と思ったので「どうしても」やり遂げたかったんですね。笑えますし、小さいことですけど。

結果。

1ヶ月後に送ってきたのがこちら。
20170402_101512_resized.jpg
「福岡RKBラジオ」のベリカード

無事「福岡KBSラジオ」から受信ベリカードが送られてきました。

おばちゃんが出してくれた・・・って証拠でもあります(笑)。

という「前例」がありました。

とうとう本筋に入れないまま終わりそうです(笑)。

続きは明日

posted by taroayu at 13:48| Comment(0) | ラジオ・短波放送 | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

短波放送を聞く事が趣味だった小中学生時代の気持ちをココ最近復活させてみた件。(その5)

スポンサーリンク






大人になって。そしておじさんになって。趣味が復活。

「海外放送受信」

海外だと「大人なお金持ちの趣味」と言われていますが、僕は貧乏ですので(笑)貧乏趣味ですが(笑)。

で、大人になって趣味が復活して・・・進化したんですね。

そう。

放送局に「手紙」を出す様になったんですね。
国内では無く海外の放送局に。当然「短波」ですので海外。現在は日本語放送の局に絞ってますがいづれは英語圏の放送局に手紙を送ろうかと思案中でもござい。

少し説明します。
海外放送局(日本語放送局)に放送を聞いた感想をお手紙(これを正確には「受信報告書」と言います)すると、どう言う事が起きるのか・・・。「ベリカード」と言うポストカードが外国(自分の送った放送局)から送られて来ます。これですね。
20170728_175722_resized.jpg
「当局では貴方の送ってくれた受信報告書は正確です」と言う事で、お礼に「ベリカード」なる証明のポストカードを送ってくれます。

あ、ちなみに上記の写真は「韓国KBSワールドラジオ」に送った受信報告書のお礼に送られて来たベリカード。7/27に届いた新鮮なベリカードです。KBSワールドは3ヶ月に1度の頻度でベリカードの写真が変わるのである意味新鮮、だから3ヶ月に1度は受信報告書を出しています。

前回のはこれ。「平昌冬季オリンピックのマスコット」
20170402_101559_resized.jpg

ちなみに・・・上記の写真は「チェジュ島の海女さんの写真」。このベリカードを頂く過程は通常とは少し違いました。韓国釜山の西面(ソミョン)での滞在中に西面の郵便局からソウルへ向けて出した手紙でした。これ、以外と貴重なのと難しいんですね。日本国内から海外へ手紙を出すときは日本の切手を送料分貼って出せば良いのですが、他国内で出す場合はその国の切手を貼り出さねばなりません。当然「韓国→韓国」ですから・・・韓国の郵便切手を探し、所持し、手紙に貼り・・・出しました。

笑える位に苦労しましたが・・・今となっては貴重な体験です。と、コツは解りました。この話は次回にでも書きますね(笑)。

と・・・現在はKBSのベリカードは4枚。全部絵柄が違います。

あ、ちなみに・・・日本(熊本)から韓国ソウル迄、手紙を出して返事のベリカードが届くまでに約1ヶ月かかります(笑)。あまりにもローテク過ぎますが、以外にも趣味としては楽しいし、面白い。この「忘れた頃にやってくる」感が以外や以外面白いし楽しい。大人になりましたね(笑)。

と、余りにもマニアな趣味を披露しましたが・・・。

小学生時の趣味がこうやって・・・「マイルを貯める所から海外へ出る様」になって。復活しました。
通常、海外へと出る様になると・・・その「行った国」が見近になり小さな事でも敏感になります。今の時代はテレビ(衛星放送)があるので瞬時にその国の情報や見所(観光地)等が手に入ります。以外と簡単すぎて苦労が無いのですが、昔ながらの「短波放送」で情報を手にすると言う方法も今だかって残されているんですね。ですが、時代の流れで「テレビ」が主役となり「ラジオ離れ」が叫ばれて久しい。そんな中「短波受信(SWL)」は尚更「忘れ去られている」と思うんですね。むしろマニアレベルではないかと。だけど今も「日本語放送」に関しては数局が放送してますし英語放送に関しては恐ろしい数の放送局が放送しています。日本も「NHKワールドラジオ」と言う放送局名で全世界に放送していますしね。

この「韓国KBSワールドラジオ」の日本語放送も古く、僕が小学生だった頃(今から40年前ほど)からずっと放送されてます。その中の番組で「玄界灘に立つ虹」が最長寿番組。しかも「お便り紹介」と「話題の話」等は今も昔も変わらず放送されてます。実際、この番組を聞いていると「今の韓国」が良く解ります。トレンド商品や話題な話などを折り込み放送されてます。この番組宛に受信報告書を出したんですね。僕は。

と、まぁ~。まだ、見捨てられていないマニアックな趣味だと思うんですね。笑えるほどマニアでローテクなんですが。

でも、あたしゃ~好きですが(笑)。

今後も定期的に聞いて受信報告書を提出して行きたいと思ってます。

と。大人になっての趣味復活でした。

今後はベランダに自作アンテナを設置し、より快適に短波を受信出来る様に工夫をしようと思案しています。

スポンサーリンク






また、これとは別に海外先での「NHKワールドラジオ」の受信も計画・続行中です。
これは、どういう事かと言うと「海外にて日本からの放送「NHKワールドラジオ」を聞いてNHKに受信報告書を出す」と言う事です。

へ?

ですよね。

意味分かんない。ですよね。恐らく。

これは日本以外の海外先で「NHKワールドラジオ」が聞けるかどうかを確認する作業なんですね。ちなみに「NHKワールドラジオ」は全世界に向けてラジオ番組を放送しています。日本語をはじめ他国の言語でも放送中。これ、ネットやテレビが受信できない場合の応急処置的な方法。最悪放送時間と周波数を認知していれば、後はラジオ次第なので・・・僕は短波ラジオを所持して海外へと出かける訳ですね。んで、滞在地区にて「NHKワールドラジオ」を聞き受信報告書を書き、現地から日本に向けて送る(郵送)。こうする事で「NHKワールドラジオ」のベリカードが手に入る。って訳です。

マニアっす(笑)。

この「NHKワールドラジオ」。日本国内でも当然聴けるんですが、日本国内で受信報告書を書いて出してもベリカードは頂けないらしい。この放送局は海外へと放送しているので海外からの受信報告書がメインな訳です。なので、海外で聴いて海外から受信報告書を出す。これが正当。
ただ、ココまでしてもNHKからベリカードが送られてくるのかは未定。正確には解らないらしい(笑)。
ちなみに・・・グアムへ行ったときに現地で「NHKワールドラジオ」を聞いて受信報告書をグアムから出しました。が・・・まだベリカードは送られてきておりません。
はたして・・・。

こうご期待。


追伸
僕の現在所持しているソニーのラジオ「ICF SW11」。
20170509_144244_resized.jpg
これもつい最近「生産終了」となっておりました。前のラジオも現在のラジオも生産終了。たぶん・・・売れないのと中華ラジオが沢山出てきた為かと思います。現行だと販売されているソニーの短波ラジオは2種類しか無いことになります。悲しいかな、残念かな・・・ですが市場はそう言う事になるんですね。廃れた文化ではありますが細々と発信して行きたいな~と思います。

では。
posted by taroayu at 12:08| Comment(0) | ラジオ・短波放送 | 更新情報をチェックする