2017年10月24日

イオンの株主優待の「半年キャッシュバック」が意外に少なかった件。

スポンサーリンク






最大時は1万を超えた時もありますが・・・

今回は3800円と少ない。
イオンの株主優待は100株から。現在は1700円をちょい超えだから170,000円ちょいで100株購入できる。

「イオン」
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=8267.T

僕らは100株保有。
なので、イオンだけで「ひとつき」の生活用品全部を購入するならば・・・別の言い方をするならば「消費税5%」とも取れる。イオンで全てを購入すれば全額の3%が帰って来ます。なのでまぁ、極端に言うと消費税を5%・・・ともとれる。
これ、半年に1回。年に2回に分けての返金なんですよ。この半期と言うのが

9/1~2/28まで
3/1~8/31まで

の期間。今回は3/1~8/31までの分のイオンでの購入金額に対しての3%キャッシュバックって事でして。で、その金額が3,800円・・・って事。トータルで半期のイオンでの購入は125,000円程度と言う事になる。

自分的には「少ないなぁ~」と反省。

以前は半期でキャッシュバックが1万円を超えた時期もありました。って事は半期でのイオンでの購入が40万円程・・・って事になる。年間80万。

恐らく殆どの日配・食品をイオンで購入していたんだと思います(笑)

ですが、普通にイオン以外の店で購入するならば、この3%の返り(キャッシュバック)はありませんので・・・やはり基本イオンで買います。

が・・・

ここ1年。少し怠けてた様に思います。なんせキャッシュバックが3800円でしたから。

結構イオン以外で買ってたんですね。ちょいイオンが遠いから。遠い・・・っても400m程しか離れてないので「遠く」は無いんですが(笑)。

怠けてたんですね。キャッシュバックとマイルを貯める事を。

イオンより近い店とか、それ以外で購入する事が多かった様に思うんですね。で、リアルに3800円。

なので、今回は反省し、今月から

「全部イオンで買う」キャンペーン!

とし、また「何から何までイオンで買う」と言う事を徹底し始めました(笑)

「JALカード」で「JMB WAONカード」にチャージしイオンで買う。

これを再び徹底する事にした訳です。



キャッシュバックが「3,800円」だった現実を見て・・・再度、我を振り返り。「再び目指せよ!」と「神の啓示」があったものとして3,800円を受け取りました。

目指すのです!

半期のキャッシュバック「1万!」円。




と言う事で、再び「イオン」以外では買わなくなりました。

スポンサーリンク





posted by taroayu at 17:56| Comment(0) | マイル関連 | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

イオンから3%のキャッシュバックを貰う方法。イオンの株主になると言う事。

スポンサーリンク






数回。マイルについて書きました。で、その時・・・イオンで買い物したレシートの写真があったと思います。
20170711_123147_resized.jpg
これですね。
このレシートを良く見ると・・・「オーナーズ対象」と書いてある所があります。

これ、何だと思います?
お解りの方は説明は無用ですが・・・まぁ、お付き合い下さい。
これ、イオンからのキャッシュバックの対象金額が記載されているんですね。
この写真だと878円(3%なので26円がキャッシュバック)。

僕の場合は3%(100株)なので購入金額から3%分が積み立てられます。半年に1度。キャッシュバックとして半年分の合計金額が現金で支払われるんですね。

これは

「イオンで年間購入分の3%が現金でキャッシュバックされる株主優待」なんです。

僕は4年ほど前からイオンの株を100株購入し保有してます。1200円台で購入したので12万円(現在は1700円台なので17万円)。ずっと放置プレイなので利益は出ていますが未だに放置プレイです(笑)。まぁ、換金するつもりはありませんが・・・。

イオンの株主になると(最低100株から)パーセンテージのキャッシュバックがあるんですね。これはイオンの株主になってから半年位すると、この緑の「イオン株主様ご優待カード」が送られてきます。


イオン(マックスバリュでも良い)で買い物する場合、レジで精算するときにこの「株主優待カード」を出し、WAONカードで精算(現金でも可)。そうするとこ購入金額の3%がキャッシュバックされる・・・と言うシステム。

キャッシュバック自体は半年蓄積で4月と10月に現金で換金されるというシステム。僕は年間約1万円ほどがキャッシュバック。

小さい3%でも年間の蓄積だと以外と大きいんです。これをもうすでに4年ほど。最初は新鮮すぎて異様に嬉しかったんですが、最近は慣れたせいか「少ないね」なんて思う始末も(笑)。

でね。もうひとつ。
この「イオン株主優待カード」を所持していると「イオンモール」にある「ラウンジ」が利用できます。

へ?

ラウンジ?

イオンにラウンジなんてあるの?

とお思いの方。あるんです。あるんです。ラウンジ。

空港のラウンジを思い浮かべると正解です。あんな感じのラウンジがイオンモール内にございます。

実は最初は・・・この「ラウンジ入場権利」が欲しくてイオンの株を保有したんですね。ラウンジに入りたくて株を保有した。

正確にはこのイオンラウンジ。イオンの発行するクレジットカードのゴールド保有者とその家族。またはイオン株主優待カードを保有のお客様とその家族。となっている。なので実際はイオンのイオンセレクトカード・ゴールドを所持すれば入場できるのだが・・・このイオンのゴールドカードは年間100万円以上の利用と住宅ローン利用者に対して送られてくるゴールドカードなので僕らは対象外。なので・・・株保有で優待カードを選んだ。

当然「イオン熊本」にも存在する。
僕らは最初「イオンラウンジ」を知らなくて・・・知った時には「うわぁ~行きたいね」・・・と羨ましかったのを覚えている。でね、株を保有してもカードが送られてくるまでに半年の期間を有するんですね。これが待ち遠しいったりゃありゃしない(笑)。何度もラウンジの入り口まで見に行ってましたから。入れないのに(笑)。
ようやくカードが届いて・・・初めて自力でラウンジに入った時の「何と嬉しかったことか(笑)」。
で、この「イオンラウンジ」に行きたいが為に、用もないのにイオン熊本まで出向いた事、数知れず(笑)。

このイオンラウンジ。アルコールはありませんで。それ以外のジュースやコーヒーは常備されてます。また、トップバリュのお菓子、数種類が軽いスナックとして提供されます。要は「小腹が空いたり、喉が乾いた時に利用する」って感じですね。でも・・・これでもさ。とっても有り難いんですね。普通だと「小腹が空いたり」「喉が乾いたり」なんて時は「カフェ」か自力でジュースを買うしかありません。が、「イオンラウンジ」が利用できるなら・・・これらが必要ない。ちょー便利なんですね。1度でも「イオンラウンジ」を利用すると・・・この便利さが痛感するんですね。ありがたい。

「3%のキャッシュバック」と「イオンラウンジ利用権利」

たったこれだけですが

イオンを良く利用する方には最高ではないかと自負します。

僕も既に4年目ですが、未だに有り難いと思って使ってます。

またこの緑のカードをレジで出す時。最初は軽く「ドヤ顔」でした(笑)。

今は普通にレジで出してますが、店員さんに「オーナーズカード、お預かりします」と言われ「いつもありがとうございます」と必ず言わます。

少し優越感に浸られます(笑)。たかが100株ですが(笑)。

「JAL陸マイラー」なら必ず保持するべきカードのひとつです。

ちなみにイオン株

100株~=3%キャッシュバック
500株~=4%キャッシュバック
1000株~=5%キャッシュバック
3000株~=7%キャッシュバック

となってます。

イオン
https://info.finance.yahoo.co.jp/stockholder/detail/?code=8267

イオンが近かったり、マックスバリュが近い人。また普段からイオン系列で買い物する人にはモッテコイの株保有だと思います。

是非!!
スポンサーリンク





posted by taroayu at 16:02| Comment(0) | マイル関連 | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

パソリを使ってチャージ。便利と不便のはざまで。

スポンサーリンク






マイル関連が続きます。悪しからず(笑)。
20170713_141306_resized.jpg
これ。パソリ。
ご存じない方も多いかも。
これ。パソコンで電子マネーのチャージや残高等を確認する事が出来る優れた機械。僕が所持しているのは楽天Edyが発売している楽天Edy専用のパソリ。値段的には2000円を切る値段で買った記憶があります。当時はどうしても欲しかったんですね。この機械。
なんせ、残高やチャージまで出来ちゃうんですから。パソリを所持するまでは、どうしても店舗(コンビニ)へ行ってチャージするしかありませんでしたから。現在もそうしている人は多いかと思いますが。実際コンビニレジで並んでるとチャージ場面に出くわす事も多いですし。致し方ありません。実際は「コンビニレジチャージ」するしか方法がないと思っている人も多いんだろうと思いますし。各サイトを見ても主に「レジ・チャージ」が書いてあります。次いで多いのが「オートチャージ」。これ。すごい楽・・・に思えますが実は「電子マネー会社」の思惑にハマるポジションなんですね。
オートチャージ・・・ってのは「ある一定の残高を切ると勝手に自分が指定した金額を自動でチャージするシステム」なんですね。例えば

「残高1,000円を下ったら3,000円自動的にクレジットカードからチャージする」と言うシステム。

すごい便利そう思えます。が・・・勝手にチャージなんで。使わない時でも常にチャージされている。という残念な事に。便利なんだけど「なんだかなぁ~」とも思うんですね。

で、色々と調べると。僕がメインで使うのは「楽天Edy」と「WAON」。で、交通系電子マネーが「nimoca」。で、ネットでパソリを使って自分の思う通りにチャージ出来るのが「楽天Edy」と「WAON」だったのでパソリを購入。交通系は現在の所suicaしかパソリでのチャージは対応していません。それ以外は全部レジチャージかオートチャージ。不便なのか便利なのか・・・さっぱり解らない状態(笑)。
便利なんだけど不便っぽい(笑)。

楽天Edyは「Edyビュー」なるサイトがあって、そこでクレジットカードを登録すれば数日後にはサイト上でパソリを使って自分の所持しているEdyカードに最低1,000円からチャージ出来る。
「Edy Viewer」
https://edyviewer.rakuten-edy.co.jp/edyviewer/


WAONも同じくWAONサイトに入って「WAONネットステーション」をクリックするとチャージの場所へ入ってゆきます。これもEdyと同じく最低1,000円からチャージ出来る。

ただ絶対的にですが「パソリ」が必要。

ちなみにですが・・・セブンの「nanaco」はパソリを使わずネット上でチャージ出来ます。ただ最低5,000円から。ローソンの「おさいふponta」もネット上でチャージ出来ますが、こちらはセゾン系列のカード以外は216円の事務手数料がかかります。意味わかんない(笑)。最後に殆ど誰も知らない「Tマネー」(笑)。Tポイントの電子マネーなんですがこれもネット上でチャージは出来るんですが自社系列のTが入っているカードからしかチャージ出来ません。

てな訳で、僕が一番利用するWAONに関してはストレスなくネットでパソリを使用してチャージ出来るので安心して使わせてもらってます。

ただ、交通系に関してはまだ「レジ・チャージか、乗り物の支払い口で運転手にチャージを言ってチャージ」しかありません。正確にはオートチャージには全部の交通系は対応しているのですが・・・残念な事に「改札口通過」やバス・列車に乗って支払い時にオートチャージってパターンしかない。交通系電子マネーを買い物で利用している時に残高が少なくなった場合とかが残念。レジ・チャージしかないんですね。

基本「パソリを使ってチャージ」が交通系でも可能になれば素晴らしいと思うんですけどね。現在はSUICAのみがこれに対応しています。

電子マネーもねぇ~。痒いところに手が届いてない。
乱立しすぎてますし。

僕的にはWAONで買い物も電車も全てが可能になればよかったんですけどねぇ~。

スポンサーリンク






最初、Edy出た時。新幹線や在来線の乗車が確か・・・Edyで出来たらしい話は聞いた事があるんですけどね。最終的には色んな電子マネーが出てきてバラバラな用途でしか使えないって状況。

で、最終的にはオリンピックへ向けてNFCだからねぇ~(笑)。




posted by taroayu at 11:15| Comment(0) | マイル関連 | 更新情報をチェックする