2017年06月08日

難聴。その後・・・低音障害型感音難聴へとたどり着く。その7

スポンサーリンク






梅雨に入った熊本です。
昨日。耳鼻咽喉科での再検査。
結果。
「元に戻った」んです。
この病気になる前の聞こえに戻った。
耳検査の低音の右耳と左耳が同じグラフになった訳です。グラフの位置が同じになった。

素直にうれしい。
素直にうれしいんだけど・・・

「ぶりかえさないか・・・」との心配も。

この時点でステロイド剤は外れた。
今回の処方箋は
・イソバイドシロップ
・アデホスコーワ
・メチコバール
の3種。
2週間分だから42錠(笑)。
お薬おじさん(笑)。

ここで・・・先生との話の中で出て来た経過がこれ。
実は前々回の診療時の処方箋は
アデホスコーワ
メチコバール
の2種。
ステロイド剤とイソバイドシロップが外れてる。
で前回の診療時に処方されたのが
プレドニン(ステロイド剤)
イソバイドシロップ
アデホスコーワ
メチコバール
の4種。
酷くなる前の処方箋からイソバイドシロップが欠けていたんですね。実はマズくて外してもらった。これが今回の劇的な改善の要・・・だったのかもしれないんですね。
イソバイドシロップは継続して飲まないと効果を発揮しないらしいんですね。で、僕は「マズい」との理由で外して貰った。実は、まだ効果を発揮していない段階でイソバイドシロップを外したのかもしれないと自分で思案する訳です。
で、酷くなった後の診療時に強制的に最初の処方に戻ったんですね。
もちろんプレドニン(ステロイド剤)の効果もあったんだと思うんですが、イソバイドシロップが劇的に効果を発揮したのではないかとも思案しています。
正確には解りませんが・・・(笑)。

とにもかくにも「治った」状態になった訳です。
この「治った」状態になって5日目。途中、少しだけ右耳に重さを感じた時があったんですが、現在は快適で聞えます。

さぁ、ココからです。勝負は。
「再発」するかどうか?

病院からはイソバイドシロップも2週間分出てます。ので2週間・・・飲まなきゃいけない。で、2週間後に再検査。この時に前回のグラフと同じであれば恐らくイソバイドシロップが外れてアデホスコーワとメチコバールの2種になるのではないかと思ってます。

この2週間が分かれ目。

再発しない様に最大限の努力をしたいと思います。




posted by taroayu at 09:51| Comment(0) | 低音障害型感音難聴 | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

難聴。その後・・・低音障害型感音難聴へとたどり着く。その6

スポンサーリンク






この低音障害型感音難聴シリーズも随分と長くなりました。実質3月からですから・・・やがて4か月目となります。
この手の本格的な病気はこの歳で初めて。ついに老いが・・・(笑)。

前回の記事から数日。聴こえは「良い」まま。
非常に良い。むしろ「病気になる前」に戻ってる感じさへします。「聞えに不満がない」。
ステロイド剤を飲み始めてから5日目。若干の低音が聴こえない感じを残しての月曜日。水曜日には再検査の予定。薬も無くなるし。

これ、初めて書きますけど。お風呂でね。シャンプーする時にね。頭をこう・・・ぐるんぐるん回すじゃないですか。泡立てる補足として。その時にどうしても「軽くめまい」がしてたんですね。それと「ぐおんぐおん」言う耳鳴り。これはずっとあったんですね。それもココ数日しません。しなくなりました。

「治ったのでは?」

と勘違いするほどです(笑)。
もう一度再確認すると

・確実に「ぶり返した(右耳がほぼ聞えなくなった)日」に耳鼻科へ。聴力検査で「以前より悪くなってる」との診断。でステロイド剤が処方。

・診療したその日は改善せず。
・その翌日(2日目)⇒朝方に「少し改善した感」が。それでも耳の塞がり感は強し。
・翌日(3日目)⇒朝から聞こえる。耳の塞がり感もほぼ消える。音のポジションが真ん中に来ている。
・(4日目)⇒この日も問題なく聞こえる。塞がり感も無し。音のポジションも真ん中。
・(5日目(今日))⇒昨日と同じ。聴こえは良い。むしろ聞えなかった今までを忘れてしまう程に良好。

と言う流れ。
「治った」と思うのには早すぎるので「一時的に良好」になっていると理解。
水曜日の再検査で先生の判断を仰ぐことで気持ちの整理をする予定です。恐らく「薬」の投与は続くと思われますがステロイド剤は外れるかと思ってます。ただ、約3か月。薬漬けになっているので「身体のだるさ」が半端ありません。なんせ「血管を広げる薬」ばっか飲んでますから(笑)。しんどいです。これにステロイド剤が加わると「だるさ満点」ですから。早く外したい!とも思う訳です。
水曜日の検査でステロイド剤が外れる事を祈ってます。

と。
やはりこの病気は再発する事を体感。中々完治しない・・・事が解りました。
ただ、今回は「非常に聞こえが良い」ので、このまま・・・ならばいいなぁ~と。

なので、無理をしない生活を心得てます。

この病気の真っただ中の方。諦めないでくださいね。良くなったり悪くなったり・・・の場合は治る可能性を秘めている訳ですから。諦めず、無理をせず治す努力をした方が良いと思います。
自分も「不安真っただ中」から、ようやく外に出れそうですし。

やっぱ
「聞えていたものが聴こえなくなる」や「見えてたものが見えなくなる」は非常に不安になります。けど、じっとガマン・・・も必要かと。焦ると「ストレス倍増」で、なおさら治りませんし。悪循環です。
「少しづつ不安を取り除く」行為が「治ってゆく」の第1歩だと実感しました。

とにもかくにも。次の診療でステロイド剤が外れる事を祈ります。







posted by taroayu at 12:29| Comment(0) | 低音障害型感音難聴 | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

難聴。その後・・・低音障害型感音難聴へとたどり着く。その5.1

スポンサーリンク






タイトルの5.1は補足なんで5.1としてます。
昨夜に書いた通りに耳鼻咽喉科へ出向き処方してもらいました。

帰宅後、処方された薬を規定通り飲んで軽く仕事。残念ながらステロイド剤を飲むとどうしてもダルさが伴います。これが嫌で「治りたい」一心なんですが(笑)。あと、イソバイド(飲料)の薬が最高にマズいので避けたかったんですが・・・ブーメラン如く帰って来ました(笑)。
この夜。完全に右耳の聞こえの悪さがピーク。むしろ殆ど聴こえない(笑)。
なので聴くこと自体が苦痛なので薬を飲んで、そそくさと寝た。
寝ました。
で、今朝。
「やっぱストレスなんだな」と思うのが朝方。
聞こえが半分ほど回復してるんです。
もちろん薬の効果もあるとは思うんですが、寝てストレスが幾分緩和されたんでしょうね。
聞こえが幾分回復している。
もちろん低音自体は回復していないんだけど「聞え」自体は回復している。
「聞こえないストレス」は半減した。

あぁ。ありがたい。

聞こえる。

たぶん「何らかのストレス」が作用したんでしょうね。自分では解らないけど。
これね。右耳が極端に聞こえない時のテレビの音・・・って半端なくストレスなんですよ。恐ろしくストレス。なので静かな場所に移動してしまえばそのストレスは無くなるんですね。
聞こえないから。
もう、こうなったら「寝る」意外に選択地はありませんから「寝」ます(笑)。
まぁ、それが功を成すんですが(笑)。
今日はこのブログを書いている16:00辺りでも聞えに変化はありません。低音は聞こえないんでしょうけど普通に音は聞こえます。

ま、とりあえず病院で処方された薬をそのまま飲んで1週間後の診察に行くしかないか・・・と思っています。
極端に再発するので気が気ではありませんが。
でもたぶん「穏やか~に」過ごさないと「再発」するんでしょうな。
先生曰く「自律神経」なんですよ。この病気の要は・・・。とおっしゃいますし。

と、今日は穏やかです。

あぁ、良かった。
posted by taroayu at 15:44| Comment(0) | 低音障害型感音難聴 | 更新情報をチェックする