2015年01月26日

継続はちからなり。

どうも僕です。

SN3I1867.jpg

「完了報告・こつこつコンテンツ」

・メールでポイント
・ラッキーくじ
・楽天ラッキーくじ
・ラッキービンゴ
・楽天ウェブ検索

の5種。

これを終えて完了報告をポチッ。で終了。

これを毎日。

基本。毎日。

これをカレコレ2年。

当然出来ない日もあるけれど。基本「毎日」。

これで年に4回ほどの宿泊費(ホテル代)を抽出している僕。




笑えばいい。




笑えばいい。

そう。笑えば良い。

笑える。





バカか。とでも言われている(思われている)と思うに・・・。

別に笑ってもらって構わない。

でもね。

やっぱ自分でも「よく続くよねぇ~」とも感心する。

だって「お金が落ちている」んですもの。

お金が落ちてるんですよ。

お金が落ちてる。

最大「ラッキーくじ」で1,000ポイント当たった事さえあります。

ラッキーざんす。

えぇ。確かに「バカみたいな」事です。

毎日「ひたすら」ポチッとするのを「ずっと」するんですから。

でもね。

これで「年に4回ほどの宿泊費」をタダにする事が出来たんざますわ。

ホホホホ~ッ。

「お金は落ちている」んですよ。

至る所に。

200円出して、当たらない「宝くじ」を買うより効率的。




なんか「模範」的な努力を求める人が殆どでしょうが

これこそ「努力」です。

人様から「笑われてる」事が

実は「努力の種」なんです。

それを突き抜けた時

初めて「成功」に近づく事・・・なんですね。




「成功」しか求めないから

「努力」が足りない。

「ガマン」が足りない。




バカみたいな事が

実は

肝心なんです。


晴れ
posted by taroayu at 21:34| Comment(0) | ポイント関連 | 更新情報をチェックする

2014年05月27日

上には物凄い陸マイラーが居るんで初心者マークの僕が言うのもなんですが・・・今さらマイルを貯める本当の理由。

どうも僕です。

昨日は「チョー便利な楽天Edyストラップ」の話しをしました。

今日はそのオオモト。

「マイル」です。

しかも僕の場合は「JAL陸マイラー」。

「飛ばないJALマイラー」です。

通常は「飛行機に乗る方々のオマケでマイル」なんすが、僕は「買い物でもマイルが貯まる」方を利用し貯めてます。

じゃぁ、何故マイルを貯め始めたのか。

キッカケは2つ。

①同行人が貯めていた。

②お客さまから教えてもらったカード。

の2つ。

最終的には関連本・電子マネー本を読み漁り勉強し方法論を確立。

ただ、本気のマイラーさんの足元にも及ばないマイル数なので大きな事は言えませんが・・・

ですが、

「旅行に行けない」

「いいなぁ~、アイツは。旅行なんぞ行きやがって」

「お金が無い」

と言う、ありきたりの言い訳を言う殆どの方々(過去の自分がそうでした)に軽く「反論」を書いてみたくなり・・・書きますが。

まぁ、上記の意見を覆す方法としては

①出費より収入の方が上回る事

②貯金する事

の2つしか無い。

それともうひとつ。

③命がけで「どうやったら殆どお金を遣わず旅行に行けるか」を思案する。

の計3つ。

僕は③を思案した。

過去、「200円貯金」を数回実行したが・・・途中で完全に「没」。

なので、自分に一番合う方法として③を選択。

なんだけど、はたしてそんな方法なんて・・・と思うんだけどね。実はある。

それが「マイル」。

しかも「完全自分「陸マイラー」化」。

現金を使わない。

これに特化した。

正確に言うと「現金を使わずしてマイル(ポイント)を摂取し、積み上げたマイル(ポイント)のみで旅行する。

小さく「自分構築」を試みた。その為のシステムを自分で構築。

これにはね。

まず、大前提なのが「買い物」。

何をするにも我々は「買い物」をせねばならない。

「衣・食・住」全てに於いて「買い物」をせねば我々の生活は成り立たない。

ので「買い物」での付加価値を随分と思案。

で、行き着いたのが

①Edyで買う事

②Waonで買う事

③カードで買う事

④現金出費は極力最小限に留める事。

の4つ。(簡素化して書いてますが、最大限マイル(ポイント)を取得する為に色々と方法ルート等がありますので・・・そこまでは書きません。あしからず)

ただ、上記の①②③を実行する・・・って事は「自分の購入履歴を提供する」事になるので、それはそれで覚悟の上での話しではある。僕はそれは「良し」とした。

ひとつ断って置きますが「全部理解した上での行為」です。カードの「あちら側」と「こちら側」。電子マネーの「あちら側」と「こちら側」。両方とも勉強し、理解した上での利用ですので・・・ここをお間違え無く。

楽天Edyを利用する・・・って事は「楽天に情報と資金を提供する」って事。

イオンのWaonを利用する・・・って事は「イオンに情報と資金を提供する」って事。

まぁ、この際それはいいとして。

とにかく「マイル」を蓄積する為に上記の4つを特化し実行。





正直言うと「かなりめんどくさい」(笑)。





「よくやるよねぇ~」と良く言われるが、正直僕は「ざまぁ~みろ」と思っている。

上記の行為を「自分に課し実行する」には、随分と時間と思考を掛け思案。正直「あぁでもない、こ~でもない」と悩みながら思案し試行錯誤していたのは事実。だけど今は確実路線でこの方法で安定している。

毎月1000マイル以上を確保している。

全ては「考える事」と「実行」する事。

そこに尽きる。

これで年に2度。「熊本~東京」往復が2度行ける。

年に1度なら「グアム」に行ける。

少し視点をずらすと・・・

列車代もタダに出来る。

むしろ「全てタダ」に出来る。




得た収入の範囲でしか娯楽(ここの場合は旅行)が出来ないのであれば「嫉妬」するしかない。

ずっと「あんひとはよかねぇ~」と嫉妬するしか無い。

以前の僕は確実にそうでしたが・・・・




小さくだけど「自分の立ち位置」を少しづつ、ずらして行き「嫉妬」を減らして行く。

その小さな出発が僕の場合は「マイル」でした。し、今後も「マイル」です。

先週、5日ほど東京旅でした。実家の用事を兼ねての東京。

全日程で使用した金額が合計「1万5千円」。

正規で5日の東京だと軽く10万円は必要。

約5分の1。

これを1度でも実感すると「現金」では旅に行けなくなる(笑)。




「嫉妬」を「実行・習慣」に切り替えるだけです。







晴れ
posted by taroayu at 11:16| Comment(0) | ポイント関連 | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

エブリワンでトップバリュ商品をEdyで買う事のなんと素晴らしい事か・・・

どうも僕です。

SN3I1717.jpg

楽天Edyストラップ(アーガイル)。

見た目、正確にはキーホルダーだけど(笑)。

これを購入し便利に使い始めた事は以前話した。

が。

あまりにも便利な為、しつこく書こう。



僕はこれに、パソコンを使いEdyサイトから自分のカードで入金している。Edyにクレジットチャージをしている訳だ。これはパソコンとフェリカUSBリーダーがあれば可能。んで、ポイント設定を楽天ポイントにしている。

チャージでJALマイルが付き、使用で楽天ポイントが付く。

これを楽天サイトで使うと100円=1ポイントと比較的高いポイント率となる。

で、リアル買い物。

普段はイオンご用達の「Waon」を利用するのだが。一番近いコンビニがエブリワン。このエブリワン。利用できるのはiDとEdy、そしてクレジットカードの3種。あ、あと現金(笑)。

僕は絶対的にウォーキング時には財布(お金)を所持しないので、全く持って買い物が出来ない。

これを解消したくて楽天Edyストラップ(キーホルダー)を購入した。カギに付けられ、ポイント設定が出来るから。

で、現在はこれを所持しウォーキング。帰りのルートを前とは少し変更し、現在はエブリワンコースを新設した。仕入れ・買い物時はエブリワン・コースを採用している。

で。

「で」が多いけど(笑)。

このエブリワン。マックスバリュと提携し、イオンのトップバリュ商品(イオン・プライベートブランド商品)を置いている。今の所、コンビニでイオン商品を置いているのはこのエブリワンとminiストップだけである。

現在熊本にはminiストップは存在しないのでイオン商品のトップバリュ商品はエブリワンのみでしか買えない。

ココに少しミソがある。

イオンやマックスバリュで買うにはWaonを使えば良い。

が。

Edyは使えない。




そう。

エブリワンにあるトップバリュ商品ならEdyで買う事が出来るのだ!!!

イオンのプライベートブランドであるトップバリュ商品をEdyで買う事ができる。

イオン商品を購入で「楽天ポイント」が貯まるのだ!!!

正確に言うと「JALマイル」と「楽天Edyポイント」が貯まる。




素晴らしい。



実に

素晴らしい。



しかも財布を所持せず買えるから

なおさら素晴らしい。



こんな小さな事でも

旅の飛行機代と宿泊代。そして健康を手に入れる事が出来る。




小さな事だけど

自分なりの「小さなシステム」を構築する事で、可能になる事がある。




「小さなストレス」が減りました。





曇り
posted by taroayu at 17:19| Comment(0) | ポイント関連 | 更新情報をチェックする