2017年11月02日

福岡空港国際線ターミナル1Fの端っこにある「Japanese National Dishes 丸福食堂」。

スポンサーリンク







150x150_square_19674134.jpg
ここね。

ベトナム紀行を書こうとしてて、随分と月日が経ってしまった感のある今日。やっと、書こうと思い立ち、書きます。

が、

まだ、日本国内(福岡)の話です。すみません。

九州内から国際線と言えば「福岡空港国際線」。今でこそ各県でもLCCが就航しているので一概に「国際線=福岡」とも言えなくなりましたが・・・ですが、やっぱ時間と行く国によっては福岡からの国際線が一番まともなので福岡から旅立つ事が多(おお)ございます。で、約2時間前からチケットカウンターが開くので基本、僕らは2時間前にチェックインします(最近は航空会社次第では48時間前からのウェブチェックインが出来る航空会社も多く、それさえ家で済ませてれば、殆どが荷物預けとチケットを貰うだけになってます)。で、その後・・・必ずやこの店に行くのです。

「Japanese National Dishes 丸福食堂」
http://shop.fuk-ab.co.jp/store/shop/details/shop_detail1701.html


最初の写真の店ね。
場所的には1Fの待合席がずら~っとある所の一番はじっこに所在している。逆のはじっこは7-11とヤマト急便。セブンが見えたら逆ね。反対方向。そうすると「丸福食堂」がある。
150x150_square_19674134.jpg
こんな感じ。
確か朝は7:00位からpoenしてたかと。
朝食に「トースト」とかもあるんだけど、おススメは「おにぎり(2ケ)と小うどんのセット」。だけど僕らは熊本を発つ前に軽い朝食を食べて出てくるので・・・
P1070200.JPG
こうなる(笑)。
基本、僕は旅時は朝からでも「飲む」。確かこれは朝の9時前だったかと(笑)。
何度も福岡空港国際線から飛び立っているけどね。必ず出発前は「丸福食堂」に寄って行く。
「日本の最後」を堪能して旅立つのよね。これが僕のパターン。
あ、ちなみに僕は「小ぶりな蕎麦と生ビール」(笑)。
で、なんで「生ビール」かって言うと、日本を出ると基本「生ビール」は飲めないので。
日本だと「ビール」っつちぁ~「生」だべや。ところが外国に出ると基本「瓶」。瓶が主流。なので「飲み納め」として出発前の丸福食堂で飲んで行く。と、蕎麦ね(笑)。

ここは電子マネーも使えるんで((waon)も使える)、在り難い。
あ、ちなみにセルフね。ココ。
あとね。不思議なんだけど、ココ。意外と日本人は少ない。んでさ。パイロットとかも普通にここで食べてたりするし(笑)。また、オープンなんでね。日本人はちょい嫌いなんかもしれない。僕は好きだけど。

と、必ずココは外しません。

福岡から外国へ出て行くアナタ。

寄ってみてはいかが?
スポンサーリンク





タグ:ベトナム
posted by taroayu at 15:14| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

やっぱり、ずっと心に思っていた事なんですが・・・「交通センター編」。

スポンサーリンク






どうして、こうして・・・・
ベトナム記事に入らないのか!!!
と、お怒りの方。
すんません。
あと2・3日で書きますから。
すんません。
すんません。

で。
前々回の記事で「熊本~福岡、「その日の便に乗れるのか?」問題。」を書きました。
でね。
ずっと心の中で思っていた事がありましてね。
あ、今日も熊本ネタです。すみません。すみません(笑)。

交通センターです。
交通センター。

現在改装中で工事中なんですけどね。
バス停がまぁ、道路沿いなんです。まぁ、普通やね。
でね。
停留所と停留所の間に大きな道路があるんです。
そら、あるわな。バスが発着するからね。
でね。
到着したバス停から乗り継いで違う方向へ行く時にね。違う乗り場に行くんだね。普通。
でだ。
その違う乗り場が「真向いのバス停だった場合」・・・どうするか。ですよ。
どうするか。
まぁ、普通は「渡る」よね。
渡る。
でね。
その渡る所が「端っこ」と「端っこ」なんす。
端っこ。
その間約100m以上。
しかも信号。

でね。
2度。

接続バスの時間が近くてね。
乗れんかってん。

なんでか・・・って。

そう。
渡る場所が「端っこ」やから。

で・・・

思う訳ですわ。




陸橋、作ってくれへんやろか!




って。

ほんまに。

スポンサーリンク





posted by taroayu at 18:35| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

「JALマイル」を使って、「ベトナム」へと行っておりました・・・マイルを使って旅編その2。

スポンサーリンク





で・・・
出発にあたって。いつもの事なんですが・・・。

「両替」ですね。

過去、いろんな場所へ出かけましたけど。両替を何処でいつするか・・・。ってのは永遠の課題かと思うんですね。僕自身は現地に着いてから「街」の両替商で両替するのがパターンだったんだけど。嫁が中々の「不安がり」でして。旅行く前にネットで「何処が一番安いレートで両替できるか?」を随分と検索しておりました。

で、過去2回。シンガポールとグアム旅行時には「国内の地方銀行」にて両替しました。

これ、調べれば解るんですが・・・銀行さんは当日の朝レートから3円程をふんだくります(笑)。ですが「安心を3円で買えるなら」との思いと嫁の意向を汲み今までは銀行で両替をしておりました。

で、今回。ベトナム。
ベトナムはドンなんですが、このドン。現在は熊本の田舎銀行でもドンの両替はやっている。が・・・レートの開きがかなりなもんなので・・・流石に「円⇒ドン」はしませんで。で、ネットで調べて行くと・・・日本でアメリカドルへ両替し現地ベトナムでドルをドンに両替する・・・ってのが一番良い両替のやり方だ!!みたいに書いてる人が居たので、今回はそれを見習う事に。

今回は「福岡⇨台北⇨香港⇨ベトナム」とトランジットしながらの行きなので「台湾ドル(既に所持済み)」「香港ドル」「アメリカドル」の3種を所持し(香港ドルとアメリカドルは銀行で両替)、いざ出陣。

別枠で話しますが・・・両替の方法としては
1.国内の銀行
2.出発空港での両替(銀行・両替商)
3.到着現地空港での両替(銀行・両替商)
4.現地の街中での両替(両替商)
の4つが存在します。
結論から言うと「現地の街中の両替商」が一番レートがよろしい。次が到着現地の両替商。銀行ではない。あくまでも両替商。だけどボッタ君もいるので、その辺は個人の注意に寄るが(笑)。基本現地の街中の両替商が一番まとも。で、殆どの初心者旅行者が言うのが「現地で言葉が・・・・」という話。んだども、経験から言うと両替商の「おねいさん」に円札を見せると、大概はそのまま現地の通貨に両替してくれる。しかも今は親切に両替したレシートもくれる。昔はレシートなんぞくれなかった。しかもちゃんと目の前で数えて渡してくれる。

自分側でレートを把握してさえいれば間違いは起きない。

それ位に、現在の街中での両替商は「ちゃんと」している所が多い(ただ、ボッタ君もあるので、その辺りは注意だけど)。

グアムでは現地空港で両替。その時もレシートは貰えた。今回のベトナム・香港でもちゃんとレシートと両替した紙幣をちゃんと数えて渡してくれた(香港・ベトナムは現地の街中での両替商)。

と・・・

両替話で終わりそう(笑)。

明日も続きです。

スポンサーリンク







タグ:ベトナム
posted by taroayu at 12:08| Comment(0) | | 更新情報をチェックする