2018年12月03日

熊本地震と韓国旅行。

スポンサーリンク






かれこれ2年半を過ぎた熊本地震。
昨日、午前にNHKで放送された「サンドウィッチマンの東北酒場で逢いましょう スナックママ」を見てて・・・思い出したんだなぁ。

「僕らも被災したんだ」って事を。

忘れてしまう程に遠い記憶となった今。僕の住んでる前の道の工事が始まった。地震関連の工事。今。

今、やっと水道管と道(凸凹になっている道を平らにする工事)を工事している。やっと今なんだね(笑)。わすれちゃったよ(笑)。

普通に凸凹になってる道を普通に「そういうもん」って思って普段は通ってた。けど、随分前から工事申請中だったのね・・・って事が解った。で、今、地震で波打った道を工事している。

話は戻すね。

熊本地震の時、僕は熊本市内(西区)に住んでるので熊本地震としてはほぼ直撃。益城・阿蘇方面よりは崩壊度は全然違うけど震度はほぼ同じ。なので、恐ろしい揺れを体験している。もう、ご存知だと思うけど・・・熊本地震は「前震」と「後震」がある。随分前に当ブログでも書いてるんですが、前震時は夕食中。後震の時は就寝中。5階建ての5階に住んでるので揺れはハンパない(笑)。

「あ、終わった」

ってマジに思いましたし(笑)。

1分以上、揺れてたと思うんだけど。

もう一度、話を戻すね(笑)。

で、その直撃した地震の日から「車上生活」が始まった。正確には「後震」の直後から。住んでるビルの前に駐車場はあるんだけど・・・数分ごとに余震が来るので部屋には帰れない。ほんとに2分毎位に余震が来てた。ずっと揺れてる訳。笑うよね。実際。

だってさ。揺れてない時間が見当たらないんだから(笑)。揺れてなくても揺れてる気がずっとするし(笑)。たしか記憶では後震の日は、余震が数百回を超えてたんではないかいな。確か。もうね、揺れる揺れる(笑)。常に震度2~3だから。で、途中震度4超え(笑)。

ヤバいを通り越して笑ってたから。

ただ、家には帰れない。当然「避難場」にも・・・行っては見るが「常に満杯」状態で入る余地なし。なので、必然的に車中泊。

当時は外車の「ローバーミニ」に乗ってたから「余計に小さい」(笑)。

結果的には2週間と少し。を車中泊した事になるんだけどね。車中泊2週間を超えたあたりから・・・嫁の精神状態が変わり始めた。

かなりの疲労が見え隠れ。言葉数も少なくなり寝てる時間の方が多くなって来た。当然小さい車での「車中泊」なので「真っ直ぐ」には寝れないし、背伸びも出来ない。常に降り曲がった状態で過ごす為、かなりの疲労が蓄積する。当然「風呂」も入れず「食事」もままならず「飲料水」さえままならなかったし、貰ったペットボトルのお茶や水。逆算しての飲水だから「飲みたくても飲めない」から余計にストレス。

車中泊2週間を超えたあたりから僕も嫁も限界がチラホラ。

そんな時、昼間。少しだけの時間、部屋に戻りネットをしていた時。偶然にも「博多~釜山 往復4,980円」を見つけた。

そう、博多港から釜山までの高速船「ビートル」で行く海外旅行。当時は「往復4,980円」ってのがありましてね。この地震の前の2月に・・・嫁を連れて初めての釜山へ行ったんですね。嫁は「初海外」。僕は30年ぶりの海外。その時も往復4,980円で行った(笑)。

この時の1泊2日が異様に面白かった嫁の意見を思い出し・・・偶然にも被災中の最中。往復4,980円があったのね。あった(笑)。

もうね、この時・・・思ってたのは「揺れない場所に行きたい」って事。

兎に角、揺れない場所に暫く行きたかったのがホンネ。本当に揺れない場所に行きたかった。

で僕が「釜山に逃げる?」と聞くと即答で「逃げる!」・・・って事で、車中泊2週間ちょいの時期に「釜山へ逃げる旅行」ってのを計画した。

まだ殆どの人達が車中泊や避難所生活をしている最中。僕らは逃げた。

「逃げた」・・・って言うと悪いイメージにしか聞こえないんだけどね。当時の僕らは車中泊と揺れに完全に負けそうでして。負けてオカシクなるよりは・・・と思ってね。実行した。

結果、釜山から帰ってきた後、車中泊を止め、部屋へと戻り「片付け」始めた。

普通の生活に戻ろうと努力を始めた。

結果、良い方向へと向かった。

結果オーライである。




正直、被災最中から逃げ出す行為に引け目を感じながら・・・出かけたのだけど、今を思えば「それでよかった」と思うんですね。

つぶれそうでしたから。実際。




この時、高速バスで・・・まずは福岡へ向かう訳ですが、福岡天神バスセンターに着いてから最初に行ったカフェで。

「揺れないね」

と嫁が言った訳です。

確かに揺れない。しかも福岡は普通に街が賑わい、人も普通。この時点では福岡市内も震度1クラスの地震はあったとは思うのですが、自分達には「揺れない地」としか思えない(笑)。

しばし「揺れない」事を堪能しながら博多港へ。

この旅の時に、非常に有難かったのは「行く先行く先での人々の対応」でした。ビートルのアテンダントさん達が、僕らが熊本からだ・・・って言うのが解ると「大丈夫だったんですか?」とか「無事で何よりです」とかの労いの言葉を頂きましてね。やはり他県の人達には状況がテレビでしか解らない為・・・現状が理解出来てないのが手に取るように解りましてね。なので、現状を話した事を覚えてます。釜山でもホテルの従業員さんからの労いの言葉。日本語が話せる韓国人のお店に行った時にも労いの言葉が。行く先行く先、色々と話しかけられたことを思い出します。確か2泊3日だったかと思うんだけど、ただ、ひたすら「街ブラしてボーッ」としただけでした。んで帰国後、すんなりと日常に戻れました。やっと熊本地震を受け入れたんですね。この時。

実際、この後。水道が来るのは1か月半後。ガスは1ヵ月。電気だけが止まらず。でした。お風呂も我が家では入れず、被災最中でも営業している銭湯に。食事は震災後に購入した「電気コンロ(ニクロム線が巻いてあるやつね(笑))」で作る。

この状態が約2ヶ月、続きました。

ライフラインが全て戻ったのは6月位ではなかったかと。




あの時に「釜山」へ行ってなかったら。

プッツンしてたかも(笑)。




たぶん、この時の釜山旅行が「今の原点」ではないかと。

これ以降、何度も行く様になってしまう訳です(笑)

その時に宿泊したホテルからの眺め
RIMG0291.JPG



では。

スポンサーリンク









posted by taroayu at 12:46| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

グアムの後にソウルへ。

スポンサーリンク






グアムに行ったのが9月。11月には、お隣韓国ソウルへ。


「次から次へと行くのねぇ~」と感心されるのですが、ちゃんと目的はありまして。まぁ、あえて書きませんが「ちゃんとした目的(仕事)」はあります。単に「観光」ではありません。

が、その目的以外は基本「ぶら」です。

今回のソウルは目的が「若干的を外」し「冬には仕事としては来れない」事が判明したので、それはそれで良しとしました。解ったから。

それ以外は基本「ぶらぶら」です。

次回から、少しづつ「韓国」話を書きますね。

では。

スポンサーリンク





posted by taroayu at 15:18| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

グアムへと旅行へ行ってた件。しかも全部無料で・・・その6。言葉編。

スポンサーリンク






少しばかり余談の話を。

僕は過去(約30年ほど前ですが)、ハワイには2度行ったことがあります。で、近年。2度目のグアムでした。僕的には今のハワイを知らないので何とも言えないのですけど・・・僕はハワイよりグアムの方が自分には合っているんじゃ~ないかと思う次第です。

確かにタモン地区をうろつくと殆どが韓国人、中国人、日本人のオンパレード。今回は中国の人がそこまで居なくて韓国の人が多かった。この理由に、韓国からのLCCが僕の知ってるだけでチェジュ航空・大韓・エアプサン・T-way等が飛ばしてるんですね。で、前回のグアムに利用したエアプサン便(釜山~グアム)は満席。日本人は僕ら二人だけ(笑)。しかも親子連れが非常に多かったのを覚えてます。この事を韓国KBSラジオに投稿した所、アナウンサーの方が言っていたのが「グアムがブームらしい」と言う話。どうりで多いはずだ。

なので、グアムのタモン地区には韓国語の看板と日本語の看板が非常に目立ちます。

特に今回は日本からの直行便で行ったので、飛行機内は日本人ばかり。やっぱ多いんだね。と思ったんですね。

現在もタモン地区を歩くと・・・結構な頻度で「日本語」と「韓国語」が聴こえてきます。まぁ、仕方ないですね。グアムは観光地ですから。

ですけどね。日本語が現地で通用するか・・・って言うと

通じません。

まぁ、殆どが英語。

どの店に入っても英語。

よく出る話に「日本語が通じる」って話題。あれ、結構な間違いです。

嫁との会話以外では全部英語で話してましたから。

レオパレスのホテル内でも殆どが英語(レオパレスなので当然日本人スタッフもいるにはいるのですが、僕らは0レベルで出会いませんでした)。

正直言いますね。

英語がある程度、出来ないと、やっぱ苦労します。

普通に飲食店やスーパー等には日本人スタッフなんぞ居ませんし。ましてや現地人が日本語話す訳、ありませんし。

なので、英語はあるていど慣れてないと苦労します。



これ、余談ですけど・・・韓国も僕らは頻度に行きますが、日本語は通じません。殆どが英語。韓国に行っても殆どが英語で会話してます。嫁が韓国語を勉強中なので、嫁は韓国語を話しますが、それ以外は全部英語。最近はゲストハウスやレジデント等のホステルに泊まる事が多くなって来た為、より一層英語オンリーです。


と、やっぱ「英語」です。

もうね、焼き肉屋のおばちゃんでも英語話すからね(笑)。びっくりだよ。

と、まぁ。

グアムでは日本語は通じません。

当たり前、っちゃ~当たり前ですが(笑)。



上手く行けば、来年もグアムへは行きたいと思っています。

とりあえずはココまで。

スポンサーリンク








posted by taroayu at 11:01| Comment(0) | | 更新情報をチェックする