2017年06月21日

英検4級合格。

スポンサーリンク






月曜日の午後4時から。結果発表。ネットでね。
ちゃんと英検ナビにてIDとパスワード所持者は、いち早く合否判定を確認することが出来るんですよ。今は。随分前のエントリーでも書きましたが、今はネットで検定の応募も出来、支払いもカードで完結。実に進化してる英検。
年3回の試験(6月10月2月)なんですが前回の受験でまさかの4級落ち。
筆記は問題なく合格ラインに達してたんですがヒアリングがズレ落ち(笑)。これも以前のエントリーで書きましたが「スピーカーでのヒアリングの為に僕の難聴では聞き取れない」事実が発覚。僕の難聴具合は「高音は一切聴こえない」ので「低音のみで聴いている」と言う具合。なので公共放送的なスピーカーでの聴き具合はよろしくない。良く聞こえない・・・って事ですね。
列車内でのアナウンスなんて一切聞えませんもん(笑)。音は聞こえるけど何言ってるか解んない(笑)。なので嫁と同行している時は嫁に聞いてもらってます。はい。
脱線しました。
で、過去のエントリーで書いたんだけど。英検内のサイトに「聴覚・視覚障害者」への配慮の為の自己申告受験制度・・・的な事が実施されている事に気づいたんですね。(サイト内では小さく書かれてますけどね)。
で、そのガイドラインに従ってネット応募とは別に郵便での「聴覚障害者」として受験における配慮申し込みを今回はしたんですね。

「障害者手帳は持ってないけど「難聴」なので、良ければスピーカーの目の前で受験させてくれないかい?」

的な申請。
受験1週間前に封書で受験票と一緒に「この方は難聴なのでスピーカーの前で受験させてくれないか?試験員さん」的な紙が入ってた。当日、それを持参し試験会場室内の試験員さんに渡せ!と書いてあるので一安心。
この申請。やっててよかった。と思いきや・・・
良く考えると

「小中学生の中におっさんがひとり。しかも一番前のど真ん中の席に座って受験かよ。しかも4級だぜw」的な事になる!!!!

と恐怖心。
そう。4級の試験でおとなは僕一人(笑)。
笑える。完全に笑えるんだけど。僕だけ真面目。
正直、今回の受験は「辞めようか・・・」と会場に入る試験直前まで悩んだ。
なんせ「おっさんひとり」だから。
保護者で付き添いのおっさんおばさんはてんこ盛り。なんだけど受験者のおっさんおばさんは殆どいない。ホントに居ない。たぶん2級クラスからは大人もいるんだろうけど。
兎に角英検の5級や4級クラスは・・・大人の受験者はまず居ない。これは確かだ。僕が経験したから。
で、今回も確実に「おっさん」は僕一人だろうし・・・ましてや一番前の真ん中の席で受ける。って想像しただけでも

ゾッ

とする。
正直「キャンセル」しようかと直前までマジで考えたんだけど。
そう考えているうちに会場の中へ入ってしまっていた(笑)。
アホやねww
仕方ないので受付を済まし試験会場の教室へ。
教室へ行くと僕より先に中学生が2人。「あっ、少ね!」と思い例の紙を出そうかと悩む僕。でも何となく恥ずかしいので・・・配慮の紙を出さずスピーカーの置いてある席の一番後ろに座った。ここだと「まーまー」聞こえるんじゃないかと思案して。で、座ってると試験官が僕の傍へ。
試験官「〇〇様ですよね?」
僕「はい?」
試験官「あ。一番前の席に移動してください。協会から指定されてますので」
僕「は?」
試験官「あ。申請されてましたよね。聞えづらいという事で」
僕「あ。はい」
試験官「なので指定席としてお取りしてあります」
僕「え?」
試験官「あの。前へお願いします」
僕「あ。はい」
と言う事で「指定席」と書かれた席へ移動。

恐ろしく恥ずかしい。

逃げ道無しじゃんwww

この時点で僕は「腹」を決めた。「受けるしかない」とwww

で、数十分後。続々と生徒が集まり。最終的には席が全部埋まった。全員「小中学生」である。
またもや・・・である。
一番小さい子で小学2年生くらい。大きい子で中学2年生くらい。
で最年長48歳の僕。
笑える。
またもやである。
しかし「腹」は決まった。
「受けるよ。受けるよ。受けりゃ~いいんでしょ(# ゚Д゚)」
と開き直る僕。
で、小学生と同じ参考書を開き「直前対策」ww

隣の小学生の女の子が何度も「ちろちろ」と見る。たぶん「このおっさん。受けるんだ~。マジ笑える」と思ってるんだろうなぁ~と。もう卑劣である(笑)。
でもね。まぁ、受けましたよ。受けました。

で結果「合格」。

安心しました。
3級に行けるから。
スポンサーリンク






少し話は逸れるけど。
なんでこうまでして受けるのか。って話なんですがね。答えは3つ。
ひとつは「自分がどのレベルなのか」。
二つ目は「集中力を付ける」為。
三つ目は「話せる・聴ける・読める」を実績したかった為。

一つ目は簡単ですね。勉強しているんだけど実際自分はどのくらいのレベルなのか?を自分自身で理解する為の目的ですね。
二つ目は「集中力」。これ、48歳の僕としては一番重要だと思う事。この歳になってくると間違いなく「集中力」が半端なく「落ちる」と言うか「落ちてる」。
「30分集中して勉強する」・・・って事が、この歳になると殆ど出来ない。たぶん40代から50代の皆さんは腑に落ちると思います。「集中力が散漫」になるんですね。間違いなく。
だって・・・普通、高校や大学を卒業したら殆どの人が就職する。それ以降、殆どが勉強すること自体から離れる。と言うか「離れざるを得ない」。何故か?
「仕事」するから。
よっぽど努力しないと社会人にまでなって「勉強」なんてしないし。
幸い。僕は社会人しながら夜間の経理学校を2つ行った位だから・・・その名残はあったんでしょうね。何とか自習する努力は持ち合わせていた。48歳の今でも、何とか30分程度の「集中力」は維持できている。
実はこの英検。トータルで1時間ほどの試験時間。逆を言うと「1時間は集中せざるを得ない」と言う事でもある。大人になっての「1時間の集中」って結構難しいかと。それ程に学校を卒業すると「勉強」から離れる。よって勉強する・・・と言う集中力から遠ざかる。と言う「当たり前のサイクル」にどっぷりハマる。
なんせ過去の僕も含めてだけど
「仕事」⇒「飲み屋」⇒「帰宅後テレビ」⇒「寝る」⇒「朝起きる」⇒「仕事」
の繰り返し。
「集中力」とは無縁の世界を進んでましたから(笑)。
なので「自分を締め上げる」との思いで英検を5級から受け始めた。これが2つ目の動機。
三つめは俗に言う「海外旅行」。
若い頃。仕事で海外へ出てたんですが・・・殆どが通訳付き。仕事ですしね。
なので「言語を勉強する」って発想に至らず。まぁ、仕事が忙しかったのもあったんだと思いますが。勉強をしなかった。
ですが、結婚後。僕の昔の海外話に魅せられた嫁が海外に行きたい・・・と言い始め。結局海外へ。
で「話す英語習得」を目指す事に。
なので3つ目の動機。

実際、前回の「4級落ちる」と言う経験がなければ今回の「4級受かる」には至らなかったかと。
確かに前回の受験の時「聞えない」事実にぶち当たりましたから。なので「障害者受験」を希望しました。
で結果、受かりましたし。
良かったとは思います。
3級へ問題なく行けますし。

でも、たぶん・・・3級も「おっさん」ひとり受験かもしれません。
でも、今回で「腹」は決まりました。
「何処までも受けてやろうじゃないか!!!」とも思います。

でも、やっぱ憂慮しちゃいますけどね(笑)。

スポンサーリンク






posted by taroayu at 12:16| Comment(0) | 英語・新聞 | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

熊日新聞の値上げ。

スポンサーリンク







昨日の熊日夕刊を見開いて知った事だけど。セット版(朝刊と夕刊)が7月1日から値上げとなる。
http://kumanichi.com/index.php
現在は3,204円(税込み3,460円)から3,554円(税込み3,838円)となる。
ただ、朝刊のみは現状添え置きの3,093円(税込み)。

朝刊のみとセット版の金額がかなり離れた。結構な離れ具合(笑)。
これ「セット版・・・取るなよ」って感じにしか受け取れないんですけど。。。。。。。
まぁ税込みで800円違うわけだから。
海苔弁が2.5個買えるわけだし(笑)。
ちょっと高くね?とも思ったんですがね。
自分自身過去3年程、夕刊配達をしてましたから。解るんですけどね。夕刊ってたぶん「儲け」に入ってない。
恐らくだけど「儲け」に入ってないんではないかと思う事がありました。実際、販売店から聞いたのは「全体購読者の3分の1がセット版」ってことらしい。3分の2が朝刊のみ・・・って事です(本当の数字は知らないので何とも言えないのですが)。
まぁ、夕刊は「物好きが購読してる」って感じですね。自分の事ですけど。
でもね。実際夕刊配達してて実感してた事は「夕刊購読者は夕刊を待ってる」って事です。意外と手渡しの購読者が多かったんですね。待ってらっしゃる。
意外とセット版購読者が多いのがサービス業の方。テレビを普段からあまり見れない仕事をしている人がサービス業に多いって事ですね。特に自営。自分も自営でしたから良く解るんですね。テレビを観るほどヒマじゃない。んですね。実は。朝から晩まで働いてる。その間にテレビは見るけど「情報」としては見てない事が多いんですね。いわゆる「ながら見」ってやつ。サービスの為にテレビを付けてるってパターン。
なので意外と「情報過疎自分」てなヤツに陥ってる自分に仕入れる為に「夕刊」が必要なんです。
僕も仕込みしながら「朝刊を読み」昼営業。片付けしながら「夕刊を読む」。んでよる営業。
てな感じでしたから新聞は「必要不可欠」でした。
それが名残で今もセット版を取ってます。
ですが僕は今でも殆どテレビを観ないので・・・情報の殆どが「朝刊と夕刊」になってます。
で、誤解を解くようですが・・・
紙素材としては新聞。ネットでは大和証券内で利用できる「日経テレコン」とロイターニュースをつぶさに読んでます。
僕の情報源はこの3つ。
「熊日」「日経」「ロイター」と言う事です。
で、ちゃんと理解する為に紙媒体の新聞を1紙取ってます。

と。ここまで書いた上で・・・思うんですが。
やっぱ値段が上がる・・・って脅されてもさ。止めれないんだ。「夕刊」。

面白いのよ。これが。
絶対的なのが 田中しょう の「あんずちゃん」。4コマ漫画。
これは毎日切り取ってスクラップしてる(笑)。
だって本が無いんだもん。自分でスクラップするしかない。
それと「海外論調」。これはワシントンポストやタイムズの要約を記事として書いてある囲み記事。
あと、僕は東南アジアが好きなので・・・東南アジアの記事が多いんですね。
なので・・・やっぱ夕刊は止めれそうにない。

7月1日から350円上がるけど。(セット版の値上がり分だけね)

ヤフオクで稼ぐしかないか・・・・(笑)

と思案してます。

( ノД`)シクシク…




posted by taroayu at 15:37| Comment(0) | 英語・新聞 | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

「英検」を受ける・・・と言う事から学んだ事。

スポンサーリンク






一時期の暑さがゆるやいで過ごしやすい今日この頃です。

来週日曜(4日)。僕は英検(英語検定)を受けます。4級(笑)。
5級から順に受けて行って最終的な目標はやっぱ1級(笑)。解りませんけど・・・。
まぁ、志は高く持ったが良いのでね。そう目標してます。
それはさておいて。
4級を受ける訳ですが・・・受験会場は小中高生のオンパレード(受ける人がね)。で保護者のお母様とお父様。僕も保護者にしか見えないのですが「受験者」(笑える)。
違和感満載の受験生なのですが、一応まじめに受験してます。
そう。小学生と中学生に囲まれて受験する訳です。
完全に笑える。
僕も「やべぇ~なぁ~」と思いましたし(笑)。
もうね。完全アウェー。教室内におっさんが一人。しかも受験生。
普通は「敗北感」満載なので、こういう小中学生の中で試験を受ける行為自体、避けるのですが・・・僕は逆に「だから何?」的な感じになってきて「受験すること自体に快感」を覚え始めるのです。
まぁ、しかし実態は小学生に「じろじろ」見られる訳です。はい。
「えっ、あのおじさん。受けるの?」みたく。
でもね。その思われ方を乗り越えると「楽しく」なってきます。ちょい危ないですが(笑)。
と、本来であれば彼らと同じく小学生や中学生で受験して受かりたかった訳です。本当はね。でもね。おじさんは何十年も経って・・・こういうこと自体を忘れてしまう訳です。こう・・・「向上せねばならんぞ!」的な事を。正確に言うと「流されて」生きて来た訳です。はい。
学生を卒業し、社会人になると「仕事」と言う言い訳を前面に出し「学習する」もしくは「向上する」行為を忘れてしまう訳です。「言い訳おじさん」になるんですね。
それを解決する為に・・・受験する事にしたんです。英検を。
で、出来る級から・・・とも思ったんですが。やっぱそれではいかんだろ~と思案し、最初の5級から受けました。でね。実はその5級を受ける時に勉強したんですが・・・これが意外とすんなりとはいきませんでした。結果は、受かったんですが・・・ヒアリングが難しい。って事に気づきまして。
僕は「神経性難聴」を所持してます。
これが問題でした。
「聞えない」
んですね。
「聞き取れない」
では無く
「聞えない」
んですね。
英検のヒアリングは、教室の一番前に大きなスピーカーを置いて一斉に放送されるんですね。全員でひとつの音源をスピーカーから聞く訳です。
これが僕に厳しい現実を突きつけた訳です。
僕は殆どを低音で聴いているんですね。高音が殆ど聴こえない。なので時と場合によっては「聞えない」自体が起こります。
5級の時にその事実が判明。
僕自身「あぁ、ダメだ」と受ける前に思ったんですが、5級は何とかなりました。
今回は流石にヒアリングが難しいだろうな・・・と思い、受験申込時に「難聴である」旨を協会あてに封書で出し特別な措置を取ってもらいました。
英検ですとね。耳の難聴は基本、障害者手帳ありきで進みます。障害者手帳があれば別枠で受験措置が取ってもらえる。ですが僕の場合は「障害者認定はしていない」し「普通に会話は出来る」んだけど難聴な訳です。
これが一番難しい。こういう人。意外と多いとは思うんですね。
あ、ちなみに試験会場には補聴器は持ち込めません。
なので、受験会場に行った時の、教室に入った順番で自分の席を探す・・・と言う事になるんですね。
そうすると殆どスピーカーから離れてしまう訳です。
で、思うと思うんですが。
「だったらさ。スピーカーに一番近い席に座ってる小学生の受験者に「おじさん。耳が悪いから席を変わってくれないか?」と言えばいいんじゃ?」と。
でもね。おじさんは小学生に向かってそれが言えない(笑)。
「何。あのおじさん」みたく思われるのが嫌で・・・。
やっぱ小心なんす。
で、話戻します。
今回は特別に「難聴者特別措置」で受験することに。
実は受験概要の中に障害者特別措置の部分がありまして。その中に障害者とは別に「難聴者である場合の申請」と言う枠で応募しました。で先日「受験票」が送られてきたのですが・・・

「この方は難聴者特別措置で受験される方です。「スピーカーの近く」で「聞きやすい耳」から音が入るように座席を配置してください」用紙が添付されておりました。

教室監督者へ提出してください。との事。
いや。驚いた。
こういう風に出来るんだ。って事に。
知らない・・・ってのが一番ダメなんだ。って事ですよね。実はダメもとで出したんです。最初は。で、今回もヒアリングは難しいだろうなぁ~と思案してましたが。
可能性が出て来た。
これで堂々と一番前の席に座れる(笑)。
スピーカーの前に陣取れる(笑)。

また、今回はそれ以上に厳しいんです。前回受けた時は、まだ低音性難聴は患ってませんでしたから。今回は難聴+低音性難聴となるので・・・なおさら不安。ですが、当日になってみないと解らない。

身体的欠陥があるとこうなるんだ・・・という事が切に解ってきました。

「何の不都合もない身体」がいかに大事か。とも思います。

流石に「神経性難聴」+「低音性難聴」で受験そのものを辞めようか・・・と自問自答したのですが。この英検側の処置を頂き、改めて1週間。「勉強して受けようぜ!」と思い直しました。

諦めちゃいかんぜよ

と思案した次第です。






posted by taroayu at 11:29| Comment(0) | 英語・新聞 | 更新情報をチェックする