2011年01月29日

トータルバランスで考えると・・・・安い保険だと思う。

連日、新聞を読んでいますとね。

本当に世の中の出来事が物凄いスピードで進んでいる事が解ります。

テレビやネットでは早すぎて追いつかないのが現状ではないでしょうか。

千夏も追いつきません。ネットの速さは素晴らしいけど記憶に残らないので翌日には関連性のある事でも忘れてしまいます。

連日、英字ですが新聞を読んでいますとね。国内記事とはかなりの違いがあります。まぁ、外国記事が多い事。多い事。

日本に住んで日本のテレビ見てるとね。全く一切解らない。

まぁ、暴動が多いですわな。チュニジア始め、最近ではエジプト。

バクダッドではお葬式に自爆テロ。48人が死亡。

ウィキリークスとアルジャジーラで全国民を捻じ伏せようとしている政府。

来週はミャンマーでの大きな会議。

国内ではさ。菅さん。ある意味、物凄く大きな改革をやっちゃて、まれに見る大転換で日本も大きく舵を切るかもしれません。もう、そこまでやって来ていると感じます。文句を言っている間に大きく変えられて行ってしまうのですよ。皆さん。

金相場を見ているのですが・・・一時期は$1400を越えたのですが、現在は$1330まで下がりました。色々、思惑と危機感が見えます。

やっぱり2010年から2020年までのこの期間に大きく変わるんですね。そんな気がします。

なんか・・・こう。普通に生きてて良いんですかね。このまま。

凄い危機感を感じるのですが。

新聞をゆっくり読んでいると、改めてこの先の時代の行方に危機感を感じます。今も英字新聞なので朝からじっくり2時間は読んでいます。実に英語の勉強と情報キャッチを兼ねてますので快適でよろしい。が。最近の記事を読んでいると切に妙な危機感を覚えます。この危機感が何なのか?

まだ、きちんとした答えは導けていないのですが。

ただ、妙に危機感を感じます。

自分の生きる道を「守る術」に入りつつあるのではないかと・・・

新聞は左・右とありますが、それを抜きに考えても、購読する価値はあると思います。3000円(月極購読代)で自分を守れる・・・と思えば安い買い物だと思うんですね。

テレビを見なくなったのも「自分を守る為」

新聞(英字ですが)を読む様になったのも「自分を守る為」

ネットを活用する様になったのも「自分を守る為」

英語を本気で習得しようとなったのも「自分を守る為」


堤美果女史の著書「アメリカから自由が消える」の帯でこう書いています。
「歴史を振り返れば、(言論の自由)は、それが最も必要とされる時に抑え込まれるということが見えてくる。(言論の自由)を押さえ込むために作り出された日常の中の様々な仕掛け、それらに煽られ拡大してゆく(恐怖)。その(恐怖)に私達の無知と無関心が力を与えてしまい、社会が閉じられていくのだ。自らの頭で考え、検証し、疑問を持つことを止めてしまえば、真実とそうでないものを選び分けることは難しい。(恐怖)に打ち勝つ一番の方法は、何が起きているのかを正確に知ることだ。」



国内の新聞なら3007円。デイリーヨミウリなら2650円。ジャパンタイムズなら4480円。

自分を守る為の購読は、損ではないと思います。

千夏は何かを削ってでも、新聞を読むつもりです。

安い保険だと思います。




知識(蓄積)と知恵(術)は自分を守ってくれます。



雪
posted by taroayu at 13:36| Comment(0) | 思案的な事 | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

思考がバラバラ・・・

どうも、昨日の良くない事が引きずる今日。

昨日、良くない事が重なりまして。

まるっきり個人的なことなんですけどね。

今朝のお勉強たいむも集中できず。なので棄てました。

まぁ、英字新聞読みはやりましたが。

しかし、こう。

うまく集中できない時期もあるんです。

いわゆる「散漫」ってやつですね。

気持ち的なことです。


バウアーを昨日で2冊読んだのでそれも気持ち的に良くなかったのかもしれない。読み出すと普通に1冊読んでしまうので。


そこに気力を使いすぎるので、それ以降。散漫なのかもしれやせぬ。




こんな時。

ひととちゃんの「明日の言付け」を読むと宜しいのでは・・・・と思案し読み出す。




あぁ、これだね!!



と納得。

なので。

また、何かしら本を読もうと。


終末、新書が入ってくるのでそれまでに1冊。読もう!


夏目漱石「それから」。に決定!!


やっぱり、「本の虫」だ・・・・って事に気付く千夏。



晴れ
posted by taroayu at 13:07| Comment(0) | 思案的な事 | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

どう思われようとも・・・・

今日が本当のクリスマスです。

さすがの昨日は暇でして。

タクシーさえ通らない程に暇でした。



ちゃんちゃん。



さて。

近所の声は聞えてきます。

うわさは聞えてきます。

言われていました。

あっしの事。

近所の店の噂話があっしの耳に入る訳でござい。何かと申すと・・・

どうやら楽な人生を送っている・・・みたいな話を聴くのだ。

意味が解んないでしょ。

どうでもいいんですけど。まぁ、暇なんで考えたんです。

多分。

労働して無いからでしょ。


は!


ですわな。

労働。

いわゆる「一生懸命汗水たらして働いて稼いでますよ!!!ほっほっほ~」的なことでしょう。

まぁ、他人から見たら「御気楽な商売」に見えるんでしょうね。

見えてるはずです。

しかも、夜しか営業してませんからね。

朝と昼は何してるか解らない。


ま、午前「勉強」午後「配達」夜「Bar営業」・・・・なんすけど。

多分、夜営業だけしか見てなくてさ。んで、客がそんなに来てる風でもなくてさ。それでも営業できててさ。んで、本ばっかり読んでるしさ。んで、朝から店に来てコモッてて・・・・。

他人から見たら「この人、何して生きてるの??」と思うでしょうな。

でもね。反論しよう。

去年の今頃まで。ワシは地獄のように働いていたわけですわ。早朝セブンのバイト。んで昼ランチ営業。んで夜Bar営業。1日の睡眠時間2~3時間しか無かったからね。

地獄よ。ふんとに。

夜営業終わった深夜の1時。寝るのは深夜の2時。で、起きるのは5時。で、バイト。んで、バイト終わって買出しして昼営業。んで、夜の買出ししてそのまま夜営業。で、翌日も早朝バイト。

てな感じで生きてた訳です。

寝れない。

で、バイト辞めた後。大きな病気をしてねぇ。

つい1年前まではそりゃ~追われていた訳だ。お金に。

日掛け(正式には今は日掛けの金融営業は出来ないはずだが今もあります)金融から借りてた支払や前の残債。全部日掛けで来るからさ。そりゃ~命がけで働かないと払えない。

借金あると「汗水たらして働かないといけない感じ」を出さないと行けない訳なんです。

ふいんきとして。

で、約1年前。全部から解放されまして。

今は個人的に借りている分だけを小さく返済している次第なんですね。

なので、生き方を変えました。

変えれたんです。

正確に言うとフラットに戻せた・・・・って言うんですかね。



追われなくなった。


この部分がとても大きい。

なので勉強を始めた。これから自分に必要な武器を買い集める為に。

武器が無いから「あくせく汗水たらして働く感じ」を出して稼がなきゃいけない事に気付いたんですね。

武器を身につける暇も無くお金に追われる。

社会人になって、約20年間。お金に追われていたんですね。

それが追われなくなった。

だから・・・・

今度はお金を作ればいい。方向に向かえばいい。って事に思考を変えたんですね。だから勉強を始めた。

勉強時間を作ったわけだ。

ありがたい事に今年の頭から夕刊配達の仕事が決まり・・・お陰で午前の時間を有効に利用できるチャンスが来た。

昨年と今年では随分と変わった。し、変えた。

今年1年。やってて思ったんですがね。やはり歳を取ってからの勉強が物を言うんでしょうね。何を培えて商売に繋げるか・・・って部分が明確に見えてくるしね。

しかし、大きな転換期にであった本も大きかった。



古市幸雄著「1日30分を続けなさい」



梅田望夫氏の一連のウェブ論の本。



これから先、何が必要で何を勉強すれば良いか。

これが、明確に自分の中に生まれつつあった矢先に上記の本に出会った。

偉大なる「目からウロコ」状態であったのね。

だから、インターネットに関しての勉強と英語。今も継続中である。



お金を稼ぐ・・・ではなく

お金を作る(偽札は作りません!)って事。



思考のシフトをこの1年間で出来た事は良かったと思える。

だから、楽して生きている様に見えるんでしょうね。



知識を習得してゆく。この行為は間違いなく知的生産性を伴う行為なんです。



こんな時代だからこそ、余裕を作り学習すべきではないかと思うんですね。



大人になってからの学習(勉強)が人生を左右する。



そう、実感できた1年でした。

後は継続・発展させるだけですから。





雪
posted by taroayu at 13:39| Comment(0) | 思案的な事 | 更新情報をチェックする