2010年12月09日

最近。また良く聞かれるので、真面目に答えましょう。

最近、また良く聞かれるので。本気で答えましょう。シリーズ第1弾!

当店に来店された方は気づいておられるでしょうが・・・

テーブルにデイリーヨミウリ(日刊英字新聞)が置いてあります。

で。

また、最近ご来店のお客様に良く言われます。

「マスター。英語読めるんですね・・・」と。

で、読めるって言うとイヤミったらしくなるので言いませんが。

何度もブログには書いてますが「読めないから読むんです」って事ですね。英語が出来たい!!って言う憧れがあったわけです。なのでチャレンジしとる訳です。

基本的には全部そうです。

これも言われます。

「マスター。サックス吹くんだ~。すごいなぁ~。いいなぁ~楽器出来る人って・・・」と。

はっきり言いますわ。

サックスが出来ないからやっとる訳です。はぃ。

まだまだ未熟もんだからやっとる訳です。

貞夫さんみたいに吹きたい。パーカーみたいに出来たらどんなに楽しいだろう~~と憧れとる訳です。

あぁ成りたい・・・からやっとる訳です。


音楽が出来るからやっとる訳では無いんですわ。

出来ないからやってる。

これが本音ですわ。ほんま。


音楽理論が解らんから音楽理論やるんですわ。

出来るからやっとるんと違います。

出来んからやる。

これが解らん人の何と多いことか・・・・・・・・・


出来たらしませんて。ぶっちゃけ。


で、ましてやお金・・・・無いからさ。

直接、本物をやるしかないんですわ。

英語やったら英字新聞。

ジャズやったら、いきなりセッション(現場ね。ライブハウス)。

ジャズ理論やったら、いきなりjazzstudy(貞夫さんのバークリー帰りに書いた難しすぎるジャズ理論書。ジャズ理論は最初のちょこっと。殆どはハーモナイズ理論やアレンジ理論)。

と。

僕は直接上記の事をやった。

お金が無いので何とか学校みたいな所へ行く余裕なんてありませんで。なので直接一番本物の所へ行く癖がついてしまっている。と言うか。それしか無い・・・と思ってたから。

だから。

英語は今やっている最中なんだけど。ジャズ理論なんか当時一番難しい貞夫さんの理論書だけ買って悶々と悩んでましたから。でも、難しいから本物なんですね。逆に。なので、その貞夫さんの理論書を理解するために楽器屋に行き他の理論書を立ち読みし帰って貞夫さんの理論書で確認する・・・って事、やってました。

演奏もそう。無謀にもプロと平気で演奏してましたから。回りが素晴らしく出来た大人の方達ばかりだったので演奏できた。本当の話なのだが・・・1曲もジャズの曲、知らないまんまセッションに参加してましたから。無謀です(笑)。

ですがそれが最短の近道だった訳です。

理論もそう。遠道が実は最短の近道だった。



英語もそうだ!と思ってやっている訳です。


今のBarでもそう。修行は一切しておりません。飲食店勤務も無しです。が。ライブハウスに出演している最中に中のお手伝いやなんやで随分と経験させてもらった知識だけで今のBar営業をやっているのです。



だから・・・・

総体的には全部。

「出来ないからやっとるんです!!」

と言うことです。




これが、本当に理解されない。されにくい。

千夏の尊敬するギタリスト。塩本彰氏が同じことを言っておられました。

「出来る様に成りたいからこそ、弾きたいんだょ。たろう」と。




あぁ。しおやん。

元気かなぁ~



(;´д`)
posted by taroayu at 13:12| Comment(2) | B級もの | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

突然の・・・・

SN3I0040.jpg


深夜。



突然の来店。



ゴルゴ13



5分くらい席にいて。



帰ったわ。





なんだかなぁ..........................



晴れ
posted by taroayu at 13:02| Comment(2) | B級もの | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

F級食事・・・・

最近、良く作って食べる物があるんですね。

写真、乗っけられないのが残念なんですが・・・・

別に10円も無いからこんな物、食ってる訳ではないからね。言っとくけど。


①小麦粉に水を溶かし練りこむ。そこに少々のだんご粉と少々の塩を入れ練りこむ。

②綺麗に練りこんだら一口サイズに切り分けお盆に並べ冷凍。

③「きな粉」(今なら何処でも基本百円で売ってあります)を買ってきて、砂糖と少々の塩で味を調える。

④先程の練った「だんご」をお湯で茹でてやわらかくする。

⑤湯上げし、「きな粉」をかけて出来上がりexclamation


いわゆる「十五夜」とかに授ける「きな粉だんご」だ。基本はだんごを細長くするのが決まりなんだが・・・

最近、小腹が空くと5個だけそうやって食す。


これがさ。素朴でさ。美味いんだわ。

もう、ほんと。ただの「きな粉だんご」だもん。

こんなもん、今。食ってる人ってさ。どれ位、居るんだろ。

昔はこれが子供の時の「おやつ」だったのね。祖母が良く作ってくれてた。

祖母は大正生まれだったのでそういう食事は「おちゃのこさいさい」な訳。お袋のおやつだとこれが「手作りドーナツ」だったりとハイカラなのだ。

あたいは両親共働きだったので完全「祖母っ子」。

なので、おやつは基本この「きな粉だんご」と「黒糖棒」が多かった。

「ばあさんおやつ」を押し付けられてた訳だ。

あとさ。「らくがん」。

仏壇に供えてある「らくがん」を良く盗んで食ってた。「らくがん」の鯉のしっぽが、あたいの歯形で無惨に・・・・

なんてザラ。

人間。原点回帰しちゃうんだね。なんて思っちゃったよ。

普通に「作って食っちゃぉ~」で作るんだもん。

「ご汁」だってそうだった。


今なら間違いなく小腹が空いたらさ。コンビニ行ってさ。カップ麺やお菓子。さてはダイエットのオコゲスープや春雨スープなんかを買うんだろうね。

あたいはそれが

「ご汁」だったり「きな粉だんご」だったりと・・・・

ジさまやん~。

でもさ。こっちの方が美味いんだょ。

これ、B級食事なんてもんじゃ~なくてさ。F級食事じゃん。さ。

でもさ。昔、上海に行った時にさ。この「きな粉だんご」そっくりの物が露店に売ってあってさ。買って食べたさ。うまかった。

やっぱ、昭和の食事だ。

先週、親父と家で食事してた時の事。

親父の食事を見てたらさ。

炊き立てのご飯にさ。「きな粉」降りかけて食ってんの。

お金、無い訳じゃ~無いんだけどさ。当り前の様に食ってる。

「きな粉だんご」食ってるあたいとたいして替わんね。

やっぱ、昭和の食事が好きなのねぇ~


飽食すぎて、こうなったのかも知れない。。。。。。。。。あたい。



晴れ
posted by taroayu at 10:36| Comment(0) | B級もの | 更新情報をチェックする