2013年07月29日

是非、観て欲しい・・・と思う事。

< 快適ネットライフを応援 > ジャパンネット銀行口座開設

イオンカード(WAON一体型)


SN3I1402.jpg

先週から公開の

「風立ちぬ」。

ジブリ作品。

宮崎駿監督作品。





僕はこれまで一切のジブリ作品を避けてきた。と言うよりは「観ていない」。

1本も観ていない。

テレビ放映されたジブリ作品であれ一切観ていない。

それ程、避けた。

アニメが嫌いな訳ではない。

まぁ、好き・・・って訳でも無いが。まぁ、観ない。

特にジブリ作品は避けた。意図的に避けた・・・と言って良い位に避けた。

避けて通ってきた。




が・・・・・




観てしまった(笑)。




いとも簡単に崩れて観てしまった(笑)。

正直、同行人から「観たい!」報告があり、思案した時点で僕も「観たい」と思ったのね。

で急いで前売り取り寄せ・・・昨日シネ館へ。

やっぱりだったが、子供連れが多い・・・。

SN3I1401.jpg

SN3I1400.jpg

(デカ過ぎたので2枚になりましたが、ジブリ全作品のパネル。横25メートル級のパネルが映画館上に展示されておりました。デカイと圧倒されます(笑))


あ、何故ジブリ作品を避けてたか・・・って事の答えを書いてませんでした。

が、いいでしょ。そんな事。

いまさら(笑)。

忘れて(笑)。

だから・・・って言って過去のジブリ作品を今から観る訳ではありませんから。

一切観ません(笑)。




そんな事はどうでもいい。




あのね。

時間あれば是非観て頂きたい。

劇場で。

是非、劇場で観て頂きたい。

たぶん、夏休みいっぱいまでやってるはずだから

是非、観て頂きたい。

是非、劇場で。




戦争を知る方法は・・・・「結果」では無く「過程」を知る事だと。





この映画には戦闘シーンは一切出てきません。

零戦を作った堀越二郎と堀辰雄「風立ちぬ」のコラボですから。

映画を見終わった後、僕の脳裏には「ほたるの墓」がオーバーラップするのです。





あぁ、そういうことか




と。





そして、何故。今なのか?




と言う疑問が、自分の中で。





出た答えが





「あ! 阿部さんなんだ」。





と、ここに行き着いた。





たぶん夏休みいっぱいやってると思います。

是非、観て頂きたい。





ただ、子供には「解らない映画」なのかもしれないなぁ~と思ったけど。





< 快適ネットライフを応援 > ジャパンネット銀行口座開設

イオンカード(WAON一体型)


曇り
posted by taroayu at 09:34| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

感想なんですが・・・・

月曜日。

市内繁華街に唯一残った映画館「デンキ館」へ朝イチの上映に行きまして・・・・

先日もちょっと書きましたが

若松監督の「キャタピラー」。

観てきました。

朝11時の上映にもかかわらず約50名ほどの観客がいましてね。注目の高さが伺えた。ただ、年齢層がやはりというか高い。

この映画の事は詳しくはネットで検索してくださいね。その方が解りやすい。原作は江戸川乱歩の作品なんですが、若松監督の今回の映画。非常に監督自身の思いが反映されている。

確かに戦争映画なんだけど・・・・。実はもうひとつのテーマが、観ているとおぼろげながら見えてくる。実に重い映画だし後味もあまり宜しくない。だが・・・・見終わった後の映画館を出た瞬時から何とも重い課題を与えられた感じがずっと抜けないのだ。

実は映画を見た月曜日の午後から・・・・ずっと今の今までその答えを探
している。

実はこれを書いている少し前まで・・・・。湊かなえ著「告白」を読んでいましてね。ついさっき読み終わりまして。

これも色々と考えてしまいます。

お後がよろしくない。

ですが・・・・問題提示でもあるんですね。

自分で考えろと・・・・・・・・・。




話、戻します。

このキャタピラー。戦うシーンは一切出てきません。が、執拗にあるカットが何度も出てきます。何度も。何度も。

これね。解説ならどれだけでも出来るんですが。感想を書こうと思うとねぇ~。あまりにも難しい。

単に戦争映画では無いから。

もう少し、答えを出すには時間が必要そうです。

当店のお客様も観に行かれるそうなので、見た後の感想を聴きながらじっくりと討論してみたい。

それほどに、見応えのある映画。

是非、上映日時と時間を確認の上。是非、観ていただきたい。何処の上映も上映期間は短そうです。

1時間半の上映時間。けっして長いとは言えない映画ですが、実に密度の濃い映画です。



千夏。今日から、図書館から借りた本。森詠著「新・日本朝鮮戦争」全4巻。を読み始めます(今日から日曜日までにかけて全巻読破して見せようと思ってます)。

そして、米澤穂信著「インシテミル」へと続きます。

超・千夏読書月間・・・・ですから。





拷問です。




(;´д`)
posted by taroayu at 13:04| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

どうしても・・・・観たかった。

img50796767zik2zj.jpg

「ハート・ロッカー」

監督:キャスリン・ビグロー
キャスト:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース


体調がすぐれなかったのですが。

ついに今年。初めての映画を観てきました。

どうしても観たかった映画「ハート・ロッカー」。

熊本は電気館のみで上映されています。

2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)が就任する。まるで死への恐怖などないかのように遂行されるジェームズの爆発物処理の様子に、仲間のサンボーン軍曹(アンソニー・マッキー)らは不安を抱くようになり……。

今からの上映館も多いので是非。


連日、英字新聞を読んでいるとね。本当に海外記事の中でダントツなのが戦争記事。世界では常に戦争が起きている・・・・って事を実感させてくれます。

だから、どうしても観たかった。



ただ、この映画。

あまりお勧めできない。っていう理由。

暗いし、大きなアラスジらしいあらすじが無い。んでもって途中、結構グロい場面もあるし・・・・

大きな枠ではドキュメンタリーではあるけどやはりリアルに衝撃を受ける。

平和ボケの日本人。千夏も含めてですが、このリアルさはハンパ無いです。今の戦争がいかなる戦争なのか・・・・。って部分では非常にリアルです。視点は基本、爆弾処理班なのですが。今の戦争が本当にリアルに伝わってきます。アメリカ映画なのでやはり若干のアメリカ寄りの演出ではあるのですが、今まで見た戦争映画ではダントツの1位ですね。2時間越える映画でしたが、引き込まれる様で実に疲れましたし・・・・

見終わった後、決して気持ちの良い映画ではありませんが・・・・

戦争を知らない。そして戦争に行く事の無い僕らには物凄いリアルさを持って迫ってきます。

ちゃんと恐ろしさが伝わる・・・・・と言う意味ではやはり映画でしょうね。

是非、劇場で観るべしです。




雨
posted by taroayu at 17:32| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする