2012年04月07日

近くなりました。

正式には少し前から決まっていたのですが・・・

ご本人がニューヨークにレコーディングの為、連絡が取れませんで(笑)



来週・・・

4月15日(日曜日) 当店「E♭」にて・・・


山野修作(gt)&まどか(Vo) Bossa Nova Duo Live !


¥2500- 13席限定(笑)


オープン 18:30~  スタート 19:30~




まどか(Vocal)

幼少の頃より音楽に興味を持ち、クラシックを学ぶ。

学生時代にブラジリアンミュージックと出会い。

音大卒業後ピアノ教師をする傍ら、福岡県内を中心にボサノヴァシンガーとして活動している。

2003年 ギタリスト小畑和彦を迎えギタリスト 本村清博・ヴォーカリスト クララと共にCD"CLOVER"を製作。

様々なシーンに合う選曲で好評を得ている。



山野修作(Guitar)

1996年 福岡市にある福岡スクールオブミュージック専門学校(FSM)にて講師としてジャズギター及び音楽理論等の科目を担当。

2003年 NYに渡り、NYのミュージシャンらとセッションを重ね、JohnAbercrombie、Gene Bertonciniらに師事。以降断続的に渡米を繰り返す。

2008年 NYのクリントンレコーディングスタジオにてJoe Martin(Bass)・ Bill Stewart(Drums)を迎えセカンドアルバム「The Starting Point」を製作/発表。

2009年 NYからMatt Clohesy(Bass)・Mark Ferber(Drum)を招き、コンサートホール公演を含む「The Starting Point Tour 2009」を行う。

2010年 全国7カ所でコンサートホールを含むライブツアーをMatt Clohesy(Bass)・アキコグレース(Piano)らを迎え行う。

2012年 3月 NYにてDanny Grissett(Piano)らを迎えサードアルバム「Respective Destiny」をレコーディング。

今年11月にはレコーディングメンバーをNYから迎えCDリリースツアーを予定。

伝統的なジャズにとどまらずボサノヴァやフュージョンなど幅広い音楽性を持ち、多彩な活動を行っている。




となりました。

なんせ、店が狭いもので・・・・・13名も入れたらどうなることやら!

当店でのライブは初めて。まずはやること。やってみないと解らない。

今回は下通り「喫茶 ぶらうん」さんとの共同企画。ママがずっと言っていた「山野氏のギターを再度・・・」と、年頭に亡くなった老舗ジャズライブハウス「ジャニス」オーナー白坂氏の企画した最後の仕事でもあります。白坂氏、本人不在ではありますが、山野氏の熱き希望とぶらうんのママの希望を影ながら援助する形となりました。

ジャニス白坂氏の繋いだ小さなつながり・・・

小さくですが継続する所存です(笑)

お時間ある方、またお知り合いに熊本近郊の方がいらっしゃいましたら・・・お教えして頂けると幸いです。

連絡は・・・taroayu@excite.co.jpでも結構です。

宜しくお願い致します。

きゃ~



晴れ
posted by taroayu at 13:11| Comment(0) | ジャズ | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

レコードの日。

昨夜。正確には今日深夜の1時。

日曜日深夜のFM。貞夫さんの「ナイトリーユアーズ」が放送されている。

基本的には毎週聞くのだけど。ココの所、聞いてなかって・・・

で、昨日久しぶりに拝聴。

貞夫さんのアルバムからの選曲が多かった中。

「INNER EMBRACE」がかかった。

千夏の・・・貞夫さんの曲の中で大好きな曲。それが聴こえて来た。

「そういや、聴いてなかったなぁ~」なんて思う。

で、その後の深夜2時。今度はNHK-AM。ラジオ深夜便内で「ロマンティックコンサート」。昨夜はジャズボーカル特集。

真夜中に・・・・ジャズ三昧。

これだからラジオは止められない(笑)


なので、このアルバム(レコード)。を拝聴中。

CAP4OP8S.jpg

これ、貞夫さんの1977年のアルバム。ジェントル・ソウルとのコラボレーション・スタジオライブ・アルバム。

ギターのリー・リトナー、ドラムのハービー・メイソン。ベースはアンソニー・ジャクソン。テナーにアーニー・ワッツ。そしてキーボードのパトリース・ラッシェン。

これに貞夫さんが入り・・・

実に豪華なメンバーで録音されている。千夏のお気に入りはキーボードのパトリース・ラッシェン。あまり有名ではないけど・・・良いソロを弾いている。

この中に先程の「INNER EMBRACE」が録音されている。

実に素朴なバラードナンバー。




凄く聴きたかったので・・・・



今日は



レコードの日と・・・・・なりました。



明日は祭日。

当店はお休みです。




では。





晴れ
posted by taroayu at 20:21| Comment(0) | ジャズ | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

久々にジャズ的な話題を・・・・

おそらくご存じないかと思いますが・・・

CALNGRLM.jpg

こちら

Nathan Davis

マルチリード・プレイヤー

1960年代から活躍しているファンキー・ジャズ・プレイヤー。

千夏。

この手はデビッド・マレイ(ts)やファラオ・サンダース(ts)しかしりませんで。

少し前、ブックオフからのメールに「通常価格の半額CDセール」ってのが届き。ついつい物色で。

その時、見つけた250円買いのCD(通常500円)。

ジャケット買い!

そう。ジャケットがカッコいいので買い!

で。

ここんところ毎日聴いてまして。

毎日かけてる。

これ。2枚のアルバムを1枚にしている。(1965年Happy girl 1966年The hip walk)

完全にイケテル・・・・

購入して1ヶ月。毎日聴いてます。

ポールのアルバムとネイザン・デイビスのアルバムは毎日聴いてます。

だいたい、ファンクやグルーブ・ジャズはジャズ家からは敬遠されます。しかし、千夏の師匠はコッチ系(フリージャズと正反対のビ・バップを演奏する)なので・・・すんなりと聴けます(笑)

まぁ、どっちかと言うとクラブ系の皆様方に愛されるアーティストだとは思うのですが、千夏は大好きです。ファラオ・サンダースなぞ最高ですし。デヴィッド・マレイは2度、生演奏を聴いております。(最初のマレイのツアーのピアニストがDDジャクソンでして。大好きになりました。DDもどちらかと言うとこっち系!)

好きですわ。

ファンク。

最近・・・大西ユカリ姉御のライブアルバムも買いたいな~なぞ思っています。(この方のソウルは最高でっせ!)



普段、皆様、聴かないであろうアルバムの紹介でした。



と。

4月15日(日)、5月13日(日)。

両方とも13名限定!

当店で小さいジャズ・ライブ開催が決定いたしました。

両方とも福岡から。

ジャニス・マスターが繋いだ小さなミュージシャン繋がりで開催します。

後日、アップします。


お待ちを・・・・









晴れ
posted by taroayu at 10:53| Comment(2) | ジャズ | 更新情報をチェックする