2014年11月27日

時間が足りなくて・・・

どうも僕です。

時間が足りません。

笑えます。

時間が足りません。

ま、個人的な事で時間が足りない訳ですけどね。

顔本にも書きましたが「同時に7冊。並行読み」してるものですから(笑)。

んで、週末のライブ告知の為にチラシ刷りと新聞社へ訪問・依頼。んで、店の事。ネット。支払い。勉強。・・・・等々。

忙しい。

終局的には「細切れ」の時間を最大限使い、読書している。

何処に行くにも「3冊」所持。んで、新聞。

とにかく「読んで」いる。

ビジネス本2冊。

勉強本2冊。

宮部みゆきの「楽園(上下)」→これは「模倣犯」の続編。この本を読んだ後「模倣犯」を再読する予定。楽園も実は2度目。んで、「模倣犯」読んだ後「ソロモン~」に突入する予定。

遠藤周作「沈黙」。再読5回目。

日経ヴェリタス(経済誌・週刊)。

と計7つ。

最後は週刊誌っぽいけど。

と読む事に大変。

でも、勢い付いちゃった(笑)。




どうやら「読む」のが

大好きな様子である。

晴れ
posted by taroayu at 08:31| Comment(0) | 読書 | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

年、数日しかない歩数計0の日。

どうも僕です。

世間はお盆。

僕はプー。

何の関係もありませんね(笑)。

このプー生活も残す所・・・約2週間。

何のシガラミ(正確には仕事をしていない時期)もないプーな時間を楽しむしか方法はありませんで。

水面下では色々と着々と準備していますのでヒマではないんですが。




世間はお盆でたいがいの人は休み。んでもって行楽地・大きな施設・ブックオフ?・・・と人が多いので。

14日の今日は家から1歩も出ない!

と決め込みました。

普段出来てない「整理」と「予定」を立てる事。と読書。

随分と、ビジネス本ばかりを最近は読んでいたので・・・・

2日前。近くのブックオフへ出かけ「小説」を購入。

SN3I1778.jpg

北林一光「サイレント・ブラッド」角川文庫

伊坂幸太郎「モダンタイムズ」講談社

の2冊。

北林氏の本は2冊目。以前購入した「ファントム・ピークス」の前の本。この人の本は実質この2冊を含め計3冊しか発売されてない。前回購入した「ファントム~」は4度ほど読み返した位にお気に入りの本。で、ずっと「サイレント~」を買いたいな~と心の奥に所持してた。で、ブックオフにて発見!即購入。個人的にはこの人の本は、何故だか好きだ。

伊坂氏の「モダン~」は発売当時に初版を読んだ。ので、内容は知ってはいるが随分と時は経ったので・・・これもブックオフで見つけたので即購入。

残念なのが両方とも108円!!!

良くも悪くも残念。買えるから108円って良いなぁ~とも思うけど、108円で売ってる事で残念感も感じる。

が、所持できたので良しと(笑)。

この2冊をお盆期間とプー期間に読もうかと。

さすがにビジネス本を読みすぎた感もあってか「小説」に新鮮さを感じる。

あと、実質的にはプーなので金銭的に縛りもある(笑)。

なので、極力「お金を遣いたくなる場所」に出向かない方向性で生きてる事も確か。

最小限の「お金を遣う」行為で極力「出てゆくお金」が無い様に努力している。日曜日に1週間分の食材を購入しているので基本的には平日の出費は殆ど無い。

と頑張っている僕。

お盆を明けると俄然忙しくなるので・・・今、こもっている(笑)。

東京行きや福岡行き。そしてライブ・イベント。そして来月も福岡・東京行きが入りそうなので・・・引き篭もりで「整理」をしなければならない。

「そんな日も、あるさ」

と自分に言い聞かし

ブログを書いている。






くそ暑い夏なので、涼しい場所で読むのもオツですぜ!

雨
posted by taroayu at 14:38| Comment(0) | 読書 | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

やはり・・・出会いはあったんだと。

どうも僕です。

表題の「出会い」。

何も人間同士の出会いばかりでは有りませんで。

本との出合いも大事な出会いでして。

「このタイミングでこの本に出会って良かった」

なんて事です。

これ、実はとても大事な事なんですね。

人生で読める本の数なんぞ、たかが知れてる。

実に「たかが知れてる」。

なので・・・どれだけの文章と出会えるか。なんて事が、意外と自分の中では課題だったりします。

実は下記の2冊。

店を辞めるタイミングを、またいでの読書でした。



「3週間続ければ一生が変わる」ロビン・シャーマ著

「モリー先生との火曜日」ミッチ・アルボム著



実は店を閉めるに当たって・・・色々と考えました。

と言うより

考えざるを得なかった。

その狭間で、日曜日。いつものイオンモール内のTUTAYAで立ち読み。

その立ち読みで出会ったロビン・シャーマの本「3週間続ければ一生が変わる」。これが今回かなりの部分で自分の思考回路を変化させられた。

んで、この本の中で紹介されていた「モリー先生との火曜日」。これを読む内に

「自分がこれから、何を考え、何をせねばならないのか」

を深く思考する羽目に。

実は「随分と」考えた。






なが~い時間。

考えた。





で、思った事。





「出口」。




そう。

「出口」。

「入り口」の反対の「出口」。

出口を思案せねば・・・・・・・・・・。




に落ち着いた。

「このタイミングで出会ったか!!!」的に

実に明快な道程をうっすら指南させられる。




「やっぱ、出口だよな」

と、ひとり思案。




これから「どうするべ」と思案する僕に

指南

する

この2冊に出会えた事は

感謝だ。




「さて、どうするべ」・・・・・・・・・・・・・・

晴れ
posted by taroayu at 19:22| Comment(0) | 読書 | 更新情報をチェックする