2015年02月17日

便利な感覚が違うんだけど

どうも僕です。

先日「楽天kobo」を手にした事は話しました。

読みたい本が数冊存在し購入し読んでます。

実に嬉しく読んでます。

で。

前回エントリーに「pdfファイルも読める」と書きました。

実はこれが一番気にしていた機能でして。

一通り「読む」部分には全体的に落ち着きましたがpdf。これをどう出来るか?

ネットで検索すると数コンテンツ出てきます。「楽天koboとpdf」。

で。この端末。はじっこにマイクロSD差込口があります。

そう。

これに取り込む。

実は・・・・・・・・

やりたかった事の一つで「日経新聞(日刊)と日経MJを端末で読めないか?」と言う事。

僕は投資をするので、数件の証券会社に口座を保有している。その中に「日経テレコン21」を無料で提供してくれている証券会社を愛用している。その「日経テレコン21」これはネットで提供されている日経のコンテンツ。日経新聞(朝刊・夕刊)、日経MJ、日経工業新聞を網羅しているコンテンツ。普通にこれを契約すると月に八千円する。それを愛用している証券口座では無料で提供されているので・・・パソコンで見ていたんだけど。やはりパソコンを開く・・・と言う時間に拘束されるので「なんだかな~」といつも思案していたんですね。これを端末で読めたら・・・と、いつも思案していたんですね。これが「kobo」を所持してから可能になるかもしれない!!!と思ってたんです。

で、証券口座からログインして日経テレコンを出す。で、記事を選んで印刷。で、それをpdfファイルに変換。で、パソコンにマイクロSDを差しpdfを移す。で、そのマイクロSDをkoboに戻す。

これをやると・・・

あらまぁ。

見れる。

見れる。

見れる。

この作業を朝、店に出るまでにやってしまえば・・・その時間以降、いつ時でもkoboで読む事が出来る。

あぁ、便利。

所持できる・・・ってこうも便利なんですね。

まぁ、けっこうローテク作業ですけどね(笑)。

どうしても熊日新聞だけではカバー出来ない部分が多いので日経新聞は読みたいんですね。で、今までは何とか無理してパソコンを開き項目だけでも確認していたんですが、今後は毎日、MJに関しては「月・水・金」の発行なので1日毎にダウンロード。

これで語彙と知識が増える。

無料を使いこなす。って結構大変なんす。

でも、8千円を無料で提供されてるので最大限使いこなしたいのは事実でして。

熊日新聞と日経を読むんであれば、まぁ、何とか大丈夫かと。

また、その他のチケットや地図をpdfにして入れとけばこれも端末で持ち出し出来るので便利。

スマホやタブレットの便利すぎ・・・がアダとなって殆どの機能を使いこなせない。のが今の現状かと思うんですね。

なので、あえて読むだけの機能に特化したkobo。これを最大限、使いこなしたいと思っています。

あ、それと。

ずいぶんと過疎してたチェス。これもkoboに付属していたので。

再開しました(笑)




特化した便利さを最大限使う。

多様化された時代の中でのチョイスのひとつかと。

今は「ありがたい」です。



晴れ
posted by taroayu at 09:21| Comment(0) | 読書 | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

余りにも時代遅れなkobo touchの感想。

どうも僕です。

SN3I1889.jpg

先日、ヤフオクで千円で落札した「楽天kobo touch」。実は本当は落札できず忘れかけていた頃に「次点候補者のあなたに落札メールが届いてます」と携帯にメールが。3年ほど取り引きしてますが、初めてのパターンでして。本来の落札者が何にも連絡無くキャンセル扱いと成った為、白羽の矢が僕に。

「もう、いいや」と思っていた矢先だったので「えっ」と驚く僕。

しかし、折角なので落札。で昨日届いた。

あ、言っときますが本好き以外は面白みの無い話なので飛ばしてください。

暇なら読んで(笑)。

まぁ、これ自体は2012年に発売されているので「時代遅れ」な端末でありんすが。

とりあえず「本好きな方の為のレポート」です。




極論

「読書が好きならば、買うべきである」




が結論。

それ以外は「買わない方が良い」

と言う事に結論。

読書好き以外は普通にスマホやタブレットを買った方が良い。スマホ・タブレット・パソコンでも「キンドル・デスクトップ、キンドル・アプリ「楽天koboデスクトップ・アプリ」があるのでお持ちの端末で読めます。

電子書籍リーダーを購入せずともお持ちの端末で電子書籍を読めます。

では、何故に「読書好きの方ならば買い」か。




紙の書籍と替わらない程に書籍に没頭できる。




から。

SN3I1892.jpg

この様に1ページ毎ではあるが、想いのほか紙の書籍に視覚的に近い。

当然、行間とかフォントとか大きさとかを変える事が出来るのは基本。これを自分が普段読んでいる感覚に近づけると「紙の本を読むのと大差ない」様に出来る。

恐らく

紙の書籍から電子書籍に移らない読書好きの方の一番の思案事項はココかと。

「紙の書籍での没頭感」が電子書籍では出来ないのではなかろうか・・・

だと思うんですね。

僕がそうでしたから。そこを一番に思案するので現在まで電子書籍からは逃げてました。

何が何でも紙の書籍・・・に疑問を持たなかった。

でもね。僕がなんで電子書籍リーダーを・・・と思いはじめたか。と言うと

旅の時。

僕はバカなので、普通にハードカバーの本を持ち、電車内で読む。

その行為に自分自身、たいして疑問を持たなかった。が・・・・

同行人が「あんた、よう~そんなデカイ本を持っていくよねぇ~」とひと言。





よくよく考えると。

「ほんまや」と僕。

読み始めだすと基本その本を読む。並行する場合もあるが基本その本を読む。ので、仕方なくハードカバーの本でもバッグに入れ電車や飛行機に乗る。

よく考えるとメチャ荷物やねん。・・・って事を度外視してまして。

まぁ、重いんです(笑)

酷い時なんかハードカバー2冊とか持ってゆきますし。

それが普通・・・て思ってた。

自分に疑問を持たなかった訳です。

やれやれ・・・

2泊3日くらいの旅ですと、間違いなく3冊。

重いんです。

重い(笑)

「自意識足りん病」ですね。

そこまでして読むか?

って思われている事に無頓着。

僕からすると「だってハードカバーですもん」なんです。

ちょい近所に行くにも必ずバックに文庫本。必ず空き時間が出来るから読む。

店に行くにも最低2冊は持ってゆく。




簡単に言うと「かさばってる」訳です。

必ず荷物が多い・・・訳です。




なので、電子書籍リーダーとなりました。

でも、やっぱそれでも思われる訳です。「スマホ・タブレット」がよくね?と。

でもね。笑われるとは思いますが「スマホはスマホ。タブレットはタブレット」なんです。って言う僕。

何でも出来る端末が良い筈なのに、僕的にはそうじゃない。

「本が読める事が絶対条件」なんす。

笑えるでしょ。

バカか。

ですもん。

自分でも思います。

普通、何でも出来るタブレットでしょ。と思います。僕も。

でも、欲しくないんですね~。

欲しくない。

何故か。

「何でも出来るから」

チャン!

でもね。読書好きな方だと解ると思うんですけど。

「本が読めるかどうか」が大事なんです。

メールが出来るとかアプリが取れるとか動画が見れるとか・・・ではないんですね。

なんでスマホ・タブレットではないんです。絶対的に「本が読める」端末であってくれないと困るんです。

なので「面白くないねぇ~」と言われながら電子書籍リーダーなんすね。

ちなみに。何故キンドルではなく楽天なのか?ですが。また、ただ普段から楽天ポイントを貯めているので、そうしただけです。

SN3I1890.jpg

ふだんはこんな画面です。

これ単体でwifi接続できますからこれ単体でも問題なく書籍購入は出来ます。僕はパソコンを所持しているので一度PCに落としてから端末にも単体でwifiで落とします。こうして置けば万が一端末が壊れた時でも購入した書籍はPCから再度ダウンロードできますしね。まぁ、安心です。はい。

ちなみに

昨日、MOZUの原作 逢坂剛「幻の翼」を初回限定クーポンを利用してタダでダウンロードして読みました。586ページの本を4時間で読んでる・・・と言うデータが残りました。

紙の本より読むのが早い!!

恐らく紙の本より環境が良く読めた・・・んでしょう。

本好きの皆さん。

電子書籍リーダー

いいでっせ!!!!!




あ、ちなみに。端末自体の事は他の方がたくさんレビューされてますので省きます。

ただ、面白い位に「もっさり」です(笑)

今のスマホ・タブレットの速さに比べれば、恐ろしく「もっさり」です。端末としては完全に「アウト」です(笑)。ですが、基本的な事はちゃんと出来ます。焦らなければ・・・・。

ちなみに

SN3I1891.jpg

「チェス」「お絵かき」「数独」「ブラウザ」が付録として標準装備。

「読むのに疲れたら・・・」的な事です。

レトロ過ぎて笑えます(爆笑)

ちなみにpdfファイルもPCからダウンロードする事が出来ます。

んで、凄いのが「ブラウザ」。

いつの時代か・・・と思えるほどに古いブラウザ。まぁ、一応wifiに接続出来るのでこの「ブラウザ」からネット接続が出来ます。が・・・・・

時代遅れで笑えます。

http://www~から入力ですもん。

爆笑ですね。

でも僕は怒りません。

「使えたら儲けもん」って思ってますし。凄く「もっさり」ですがちゃんとヤフーとかにも接続できます。ニュースは見れます。もう、僕的には「もうけもん」レベルで嬉しいですし。ちなみにキンドルの書籍専門用の端末ではブラウザは見れません。キンドルタブレットなら何でも見れますが。

僕は読むのに疲れたら「チェス」を始めました(笑)




これにて「紙書籍が増えない」という生活を送れれば・・・・と思います。






晴れ
posted by taroayu at 12:49| Comment(0) | 読書 | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

結局は「人的投資」が一番なんだと思う。

どうも僕です。

SN3I1870.jpg

山口真由著「図解版・天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある」

僕を叱咤して頂ける諸先輩方は非常に少ないので書物を良く読みます。

挫けそうになったり、疑問を抱えた時。また「間違ってはないよね?」的な疑問を持ち始めた時。

そういった時。書物を頼りにします。

そのひとつ。がこの本。

古市幸雄氏の本もそうではあるのですが、この本も具体的に

「どう努力すれば良いのか」

が具体的に記してあります。

読む人によっては「ただの自慢話」を聞かされてる風もありますが、それは受け取る方の問題であって。

受け入れ方の問題でもある訳です。

精神論の本は沢山あるけどね。実際「どうすんのよ?」となる。この本は具体的に、そして図解的に記してある。

ので、解りやすい。

あくまでも「自己投資」の方法論。

僕の中では「勉強=自己投資」と思っている。

その時間をいかに作るか。

また、その時間と方法をどうするのか。

薄い本ではありますが、具体的です。

30分で読んでしまった僕。

でも、書庫に保存し繰り返し読むべきだと思ったのです。

千円切ります。

高い!と思ったあなた。

たぶん、駄目です。



晴れ
posted by taroayu at 20:37| Comment(0) | 読書 | 更新情報をチェックする