2016年01月20日

何故そこまでして読むのか。

どうも僕です。

あけましておめでとうございます。

遅くてすみません。



FBに書きましたが、昨年は142冊。今年はすでに6冊目。

そう。読んだ本。

新書・小説・ビジネス本等全部ひっくるめて142冊。今年はキチンとカウントしてました。既に売った本も多いですが142は読んでるかと。

本当は200まで行きたかったんですけどね。出来なかった。

反省です。

なんせそれ以外にも雑誌・新聞も読みますから・・・まぁ、大変です。

で。

何でそこまでして読むんですか?的な疑問をお持ちかと。

むしろ「馬鹿じゃね?」かも。

むしろそっちの方が多いかと(笑)

まぁ、たぶん「バカ」でしょ(笑)

んで、ひねくれてるんで「話題の本」なんか殆ど読まず・・・

「火花」も読んでません(笑)

すんません。

すんません。

でもね。これでもインプットが足りません。足りてない。

アウトプットする為のインプットが足りてない。

物凄く実感しますです。はい。

これでも足りないんです。追いつかない。

堀江氏いわく「浴びるほどインプットし続けると、最終的に自分の中に残ってくる。それがキミの宝だ」と。

ま、逆を言うと「浴びないと残らない」と言うこと。

「ハナから浴びなきゃ残りもしない」とも言える。

まぁ、あと「継続する」事。

一番難しいのが「継続する能力を保ち続ける事」。

「継続を努力」する事です。

これが難しい。

47歳にもなると「集中力」がハナから欠ける。

「集中力?・・・えっ、そんなもんあったの?」的に無い。

年老いて一番欠けるのが「集中力」。だから覚える早さより忘れる速さの方が早い(笑)

だから「復習」するしかない。

だから1度読んだ本を3度くらい読む。

そこまでしてます。

大変だけど。

だから自然とテレビのコンセントを繋がない。もう、コンセントすら差してない(笑)

ネットもあまり開かない。

酷い時なんか「二の金」(二宮金次郎)みたいに歩きながら読んでますし・・・(買った本をその場で読み始めるなんてのもある(笑))。

僕は生まれた時から小さい障害「耳が聴こえずらい」があるので「聴く」と言う行為があまり好きではない。むしろ不向き。

なので、読めるモンなら読む。映画なんかも「吹き替え」は全く持ってダメで「字幕」。読んで理解する確立100%。

なので「読むのに苦痛」を感じないんです。

たぶんこれがネックかと。

「読む行為が苦痛ではない」ので読むのです。

だから読むのです。

「耳」がダメな分、「目」で補う。それを数年前から意識してやってます。

「マイナス」を「プラス」に変える・・・ってヤツです。

40を過ぎて・・・やっと自分の中に受け入れられた。

まぁ、割り切った・・・訳です。

残りの人生「少ない」ですし(笑)

なので「読む」のです。




今年は200冊。

頑張るつもりです。


晴れ
posted by taroayu at 08:46| Comment(0) | 読書 | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

再び「波」を購読する。

癖になるカレー「E♭curry」へ。

どうも僕です。

SN3I1908.jpg

新潮社月刊小冊子「波」100円

再購読。

連日。必ず読書はしているのだけどね。どうしても「ビジネス本」が多くなるんですね。何故か・・・。まぁ、1人経営者なんでね。どうしてもビジネス本を読んでしまう。で、どうしても小説を「置いてけぼり」にしてしまう。

ビジネス本ばっかり読んで小説を読まなくなる。

これを解消したくて、意識的に1ヶ月に1度。必ず届く小冊子「波」を再購読。

新潮社の新刊書紹介・書評の小冊子&連載小説。

意図的に送られてくると必ず小説に戻る(笑)。

1月に1度。必ず小説に戻るのね。

現在、並行読みで3冊。全部ビジネス本。

小説が無い。

小説を読み出すと「ガーッ」と集中するのと、1日で読んでしまうので、かえって敬遠している部分もあるんですね。

でも。やっぱビジネス本ばっか読んでると「心が荒む」ので。

やはり小説は大事だ。

この小説に戻る切っ掛けを小冊子「波」で作るのね。

意外と良いんです。この自分なりに思案した方法。

あ、それと電子書籍リーダーを購入したのも基本は「小説」を意図的に読む為に購入したんですね。

そうしないと小説を読まずビジネス本ばっか読むんでね。

良くない。

気分的に良くないし心も荒む。

で、久しぶりに「波」を購読に至った。

これ1冊(月刊)100円!

年間購読で千円。3年購読で2,500円。送料無料。

3年購読で1冊69円!

やすっ。

これで「小説離れ」を解消出来るのですから安いもんです。しかも連載が4つか5つ。最終的にはハードカバーの本になるので100円切る「波」で毎月読んでれば、最終的にはハードカバーの新刊書を最安値で読める!という事にもなります。

まぁ、好き好きですが(笑)。

ありがたい事に3月号から購読始めた今号に「橘玲」氏の連載開始!

ナイスなタイミング!

やっぱり、購読開始で良かった様です。

「波」新潮社
http://www.shinchosha.co.jp/nami/

冷凍カレーは「E♭curry」へ。

雨
posted by taroayu at 18:14| Comment(0) | 読書 | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

便利な感覚が違うんだけど

どうも僕です。

先日「楽天kobo」を手にした事は話しました。

読みたい本が数冊存在し購入し読んでます。

実に嬉しく読んでます。

で。

前回エントリーに「pdfファイルも読める」と書きました。

実はこれが一番気にしていた機能でして。

一通り「読む」部分には全体的に落ち着きましたがpdf。これをどう出来るか?

ネットで検索すると数コンテンツ出てきます。「楽天koboとpdf」。

で。この端末。はじっこにマイクロSD差込口があります。

そう。

これに取り込む。

実は・・・・・・・・

やりたかった事の一つで「日経新聞(日刊)と日経MJを端末で読めないか?」と言う事。

僕は投資をするので、数件の証券会社に口座を保有している。その中に「日経テレコン21」を無料で提供してくれている証券会社を愛用している。その「日経テレコン21」これはネットで提供されている日経のコンテンツ。日経新聞(朝刊・夕刊)、日経MJ、日経工業新聞を網羅しているコンテンツ。普通にこれを契約すると月に八千円する。それを愛用している証券口座では無料で提供されているので・・・パソコンで見ていたんだけど。やはりパソコンを開く・・・と言う時間に拘束されるので「なんだかな~」といつも思案していたんですね。これを端末で読めたら・・・と、いつも思案していたんですね。これが「kobo」を所持してから可能になるかもしれない!!!と思ってたんです。

で、証券口座からログインして日経テレコンを出す。で、記事を選んで印刷。で、それをpdfファイルに変換。で、パソコンにマイクロSDを差しpdfを移す。で、そのマイクロSDをkoboに戻す。

これをやると・・・

あらまぁ。

見れる。

見れる。

見れる。

この作業を朝、店に出るまでにやってしまえば・・・その時間以降、いつ時でもkoboで読む事が出来る。

あぁ、便利。

所持できる・・・ってこうも便利なんですね。

まぁ、けっこうローテク作業ですけどね(笑)。

どうしても熊日新聞だけではカバー出来ない部分が多いので日経新聞は読みたいんですね。で、今までは何とか無理してパソコンを開き項目だけでも確認していたんですが、今後は毎日、MJに関しては「月・水・金」の発行なので1日毎にダウンロード。

これで語彙と知識が増える。

無料を使いこなす。って結構大変なんす。

でも、8千円を無料で提供されてるので最大限使いこなしたいのは事実でして。

熊日新聞と日経を読むんであれば、まぁ、何とか大丈夫かと。

また、その他のチケットや地図をpdfにして入れとけばこれも端末で持ち出し出来るので便利。

スマホやタブレットの便利すぎ・・・がアダとなって殆どの機能を使いこなせない。のが今の現状かと思うんですね。

なので、あえて読むだけの機能に特化したkobo。これを最大限、使いこなしたいと思っています。

あ、それと。

ずいぶんと過疎してたチェス。これもkoboに付属していたので。

再開しました(笑)




特化した便利さを最大限使う。

多様化された時代の中でのチョイスのひとつかと。

今は「ありがたい」です。



晴れ
posted by taroayu at 09:21| Comment(0) | 読書 | 更新情報をチェックする