2017年08月03日

どうにも、暑すぎて。「悶絶読書」。

スポンサーリンク






どうにも暑すぎて大変。
読まなきゃならない本が4冊。
でも暑い。
だからひんやりした場所(カフェ)とかで読みたいんだけど。
そんな訳にもいかない。
ただひたすら。
首にタオルをかけた「タオラー(死語)」で読んでいる。
我が家は朝の7時から夜の6時まではクーラーは点けない!!!と僕が勝手に決めている。
ので、必然的に「扇風機に向かって本を向け、首にタオルを掛け、汗を垂らしながら読書する」と言うスタイルとなっている。
まるで「苦悶」。
学習塾ではない。
相変わらず「安く買って、読んで、知識だけ頂いて、売る」を繰り返すため「本の鮮度」との格闘。
なので「優雅にひんやりした場所で優雅に読書」なんぞとは程遠い「読書おじさん」でもある。
なんか今まで「優雅に読書」なんぞ、した記憶がない。
優雅な本なんて
買ったこともないから(笑)。
あぁ、暑い。
スポンサーリンク





posted by taroayu at 14:27| Comment(0) | 読書 | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

ようやく「ソロモンの偽証」を手にし、読み始める。

20170523_142550_resized.jpg
昨日「メルカリ」にて購入。
やっと読む。
単行本発売当時から読みたくて仕方なかったが、じっと我慢。おおやけの物語は知ってはいたが、我慢して無視してた(笑)。映画も無視。
昨日から読み始め。

目標は6月3日迄に読み終わる事。
スポンサーリンク






posted by taroayu at 14:39| Comment(0) | 読書 | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

何故そこまでして読むのか。

どうも僕です。

あけましておめでとうございます。

遅くてすみません。



FBに書きましたが、昨年は142冊。今年はすでに6冊目。

そう。読んだ本。

新書・小説・ビジネス本等全部ひっくるめて142冊。今年はキチンとカウントしてました。既に売った本も多いですが142は読んでるかと。

本当は200まで行きたかったんですけどね。出来なかった。

反省です。

なんせそれ以外にも雑誌・新聞も読みますから・・・まぁ、大変です。

で。

何でそこまでして読むんですか?的な疑問をお持ちかと。

むしろ「馬鹿じゃね?」かも。

むしろそっちの方が多いかと(笑)

まぁ、たぶん「バカ」でしょ(笑)

んで、ひねくれてるんで「話題の本」なんか殆ど読まず・・・

「火花」も読んでません(笑)

すんません。

すんません。

でもね。これでもインプットが足りません。足りてない。

アウトプットする為のインプットが足りてない。

物凄く実感しますです。はい。

これでも足りないんです。追いつかない。

堀江氏いわく「浴びるほどインプットし続けると、最終的に自分の中に残ってくる。それがキミの宝だ」と。

ま、逆を言うと「浴びないと残らない」と言うこと。

「ハナから浴びなきゃ残りもしない」とも言える。

まぁ、あと「継続する」事。

一番難しいのが「継続する能力を保ち続ける事」。

「継続を努力」する事です。

これが難しい。

47歳にもなると「集中力」がハナから欠ける。

「集中力?・・・えっ、そんなもんあったの?」的に無い。

年老いて一番欠けるのが「集中力」。だから覚える早さより忘れる速さの方が早い(笑)

だから「復習」するしかない。

だから1度読んだ本を3度くらい読む。

そこまでしてます。

大変だけど。

だから自然とテレビのコンセントを繋がない。もう、コンセントすら差してない(笑)

ネットもあまり開かない。

酷い時なんか「二の金」(二宮金次郎)みたいに歩きながら読んでますし・・・(買った本をその場で読み始めるなんてのもある(笑))。

僕は生まれた時から小さい障害「耳が聴こえずらい」があるので「聴く」と言う行為があまり好きではない。むしろ不向き。

なので、読めるモンなら読む。映画なんかも「吹き替え」は全く持ってダメで「字幕」。読んで理解する確立100%。

なので「読むのに苦痛」を感じないんです。

たぶんこれがネックかと。

「読む行為が苦痛ではない」ので読むのです。

だから読むのです。

「耳」がダメな分、「目」で補う。それを数年前から意識してやってます。

「マイナス」を「プラス」に変える・・・ってヤツです。

40を過ぎて・・・やっと自分の中に受け入れられた。

まぁ、割り切った・・・訳です。

残りの人生「少ない」ですし(笑)

なので「読む」のです。




今年は200冊。

頑張るつもりです。


晴れ
posted by taroayu at 08:46| Comment(0) | 読書 | 更新情報をチェックする