2017年09月29日

「モバイル・ボヘミアン」と言う生き方を読む・・・再読6回目(笑)。

スポンサーリンク






本来であればベトナム旅の続きなのだが・・・独断で少し横道にそれます。
まぁ、サイドバーのカテゴリーで読んで頂ければ幸いです。でも、継続して読んで頂いている皆様には厚く御礼を申し上げます。

ありがとう。

今日は書評です。
20170929_103107_resized.jpg
「モバイル・ボヘミアン」本田直之、四角大輔 著 
ライツ社 1500円+税 2017年4月17日刊行

約半年前の出版物。まだ鮮度は良い。
2ヵ月前に購入。現在で6回目の再読中。
別に難しいわけではない。
むしろ「やさしい文章」です。
字も大きいし行間も広い。厚さも2センチ無いので・・・普通に読書する方なら3時間もあれば読んでしまえる内容です。

が・・・

1週間に2冊から3冊読む僕が6度目の再読。
もう一度言いますね。
「やさしい文章」ですねん。
ほんとに。
だけど・・・

「先進的過ぎて・・・自分の中に取り込むのに、今だ格闘中」なんです。

書いてある事はすごく簡単で理解出来るんです。が、自分の中に落とし込もうとすると・・・難しい。
ココに苦労しているので「再読6回目」(笑)。
たぶん再読10回は行くんではないかと(笑)。

書いてある事は簡単なんだけど、取り込む事と実績する事の難しさ的な壁にぶち当たり・・・何度も読むんです。

理解したくて。

こう~。解りたいんですね。解りたい。無性に解りたいんだけど・・・難しい。

そっち側に行きたいんだけど、具体的過ぎて1つ1つ自分の中に取り込むのに苦労している。何度も読んで1つ1つを理解している最中だと自分では解釈している。

もう一度言うね。

「文章は簡単だから」。

でも、理解するのに「読む側の柔軟性」を試される。

そんな本です。

この本は明らかに「未来本」なんだけど、それを生きている両著者の具体性がリアルすぎて逆に腑に落ちない。

この部分を僕は乗り越えたくて6度目の再読。

やっぱ、たぶん・・・再読10回目は来るだろうなぁ~(笑)。

僕的には、これからの3年。東京オリンピックまでに達成したい事の1つではあります。この本に書いてある「モバイル・ボヘミアン」的な事。

兎に角、読んで読んで理解したいと思います。

もう一度言いますね。

文章はものすごく簡単に書いてありますから。



スポンサーリンク








posted by taroayu at 10:58| Comment(0) | 読書 | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

楽天の電子書籍端末「kobo glo」 を手にして早1年。そして思うこと。感じた事。

スポンサーリンク





約1年ほど前に楽天の電子書籍端末「kobo glo HD」を格安にて手にした(kobo glo HDの半額クーポン券が来ていたので、それを利用しての購入。ポイントと合わせて実質3000円程度で購入した)。
20170825_143758_resized.jpg

楽天kobo
http://books.rakuten.co.jp/event/e-book/ereaders/

それまではヤフオクにて購入した最初のkobo端末を利用。流石に「モッサリ感」が酷かったのでkobo glo HDを購入。

現在はこの端末の中に約50冊程。

重さ300g無い位の電子書籍端末に50冊。

スゲーなぁ~と思う。

この端末を買うまでは・・・ハードカバーの単行本でさえ所持し移動の合間合間で読んでたんですけどね。流石に重い(笑)。笑える程に重い。と・・・そう言う時代もあったからこそ、今の電子書籍端末に感動をするのです。
ちなみに・・・この端末内には約1000冊程を所持する事が可能。

でね。何が凄いか・・・って言うとね。海外旅行の時。
僕は基本、何処に行くにも本を持参する。海外にも必ず2冊ほどは絶対に持参する。空き時間、待ち時間ともに本を読むので。で、以前は普通に文庫本2冊を所持していたんだけどね。待ち時間・空き時間次第では2冊を全部読んでしまうことが多々あるんですね。 でその後。読む本が無い訳です。上手いタイミングで本屋さんがあればまだ良いのですが・・・海外だとまず日本語の本を買う事が無理です。基本的に絶対的に無理です。そんな時にこの電子書籍端末が威力を発揮する。

海外だと絶対的に日本語の本を買うのは絶望的だけど、電子書籍端末ならwifiが繋がってさえいれば基本、その場で購入することが出来る。

これに感動したのよ。

韓国でこれは体験。
嫁の買い物の待ち時間に、韓国プサンの地下鉄の通路脇のベンチで読んでいた時の事。1時間以上待っていたので読んでいた本が終わってしまったんですね。残念な事に。で・・・しょ~がなく再度最初から読もうとした時に気づいたんです。

「そうだ! wifiに繋いで書籍を購入しダウンロードすりゃ~いいじゃん」

って事に。
韓国国内は殆どの場所でwifi電波が飛んでいるので・・・近くのコーヒーショップの店員にwifiを教えてもらい、繋げて楽天に接続し、日本語の書籍を購入した。

「おぉ。スゲー」

と感動したのを覚えている。
物理的に海外で日本語の本を買うのは難しいんだけど、海外で、こうやって電子書籍で日本語の本を買うのは笑える位に簡単。

我ながら「こういう使い方が本当の電子書籍端末のすばらしさ」だ。と再確認したのを覚えている。

当然日本国内でもwifiが繋がる所でありさえすれば端末のみで購入は可能。ただ誤解を招くので説明しておきますね。kobo端末自体には普通のスマホみたいに単体で電波は受信しないんですね。あくまでもwifi受信のみ。wifi電波が受信できれば購入可能。AmazonのKindle上級機には3G回線付きの端末が有る様ですが・・・余り意味は無いかと。今は至る所でwifi接続が出来ますので。

スポンサーリンク







また、これもよく言われる話だけども。

「スマホにアプリがあるじゃん」と。

確かに。確かにですが・・・

読書好きな人間は・・・どうしてもアプリの「見づらさ」や「ブルーライト」、さては「端末が小さい」等。どうしても本本来の大きさや見やすさを求めます。なのでやっぱ電子書籍端末・・・って事になるんですね。ここは仕方ない。

だけど端末自体のみでwifi接続できダウンロード購入が出来る・・・って事にアホみたいに感動しました。

それ以降、何処へ行くにも「kobo glo HD」をお供にするのは「当たり前」となりました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Kobo Aura Edition 2(ブラック)
価格:13824円(税込、送料無料) (2017/8/25時点)




posted by taroayu at 15:49| Comment(0) | 読書 | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

どうにも、暑すぎて。「悶絶読書」。

スポンサーリンク






どうにも暑すぎて大変。
読まなきゃならない本が4冊。
でも暑い。
だからひんやりした場所(カフェ)とかで読みたいんだけど。
そんな訳にもいかない。
ただひたすら。
首にタオルをかけた「タオラー(死語)」で読んでいる。
我が家は朝の7時から夜の6時まではクーラーは点けない!!!と僕が勝手に決めている。
ので、必然的に「扇風機に向かって本を向け、首にタオルを掛け、汗を垂らしながら読書する」と言うスタイルとなっている。
まるで「苦悶」。
学習塾ではない。
相変わらず「安く買って、読んで、知識だけ頂いて、売る」を繰り返すため「本の鮮度」との格闘。
なので「優雅にひんやりした場所で優雅に読書」なんぞとは程遠い「読書おじさん」でもある。
なんか今まで「優雅に読書」なんぞ、した記憶がない。
優雅な本なんて
買ったこともないから(笑)。
あぁ、暑い。
スポンサーリンク





posted by taroayu at 14:27| Comment(0) | 読書 | 更新情報をチェックする