2018年02月27日

警備員の憂鬱 その3

スポンサーリンク





前回の続き。

何故、辞めず続けたか。
最終的には「17時まで我慢すればお金になるから」が答え。
9時に始まり5時には終わる。基本的にはこの連続。夜間だと夜9時に始まり明け方の5時位には終わる。
単純にこの連続。で、仕事は前回に書いた3種が殆ど。まれに例外があるんだけど、殆どが前回書いた3種の応用。

なので、解ってくると比較的簡単になってくる。「単調」なのと「時間との闘い」になってきます。

僕的には今回経験して思ったことなんですが「午前」が終わると「ホッ」とします。約4時間から3時間(現場によっては8時から工事の所もあるし、9時からの現場もあります)。で、昼ごはんで区切り。で、午後。午後も3時を過ぎると・・・ほぼ終盤。早い現場だと3時から4時の間に終わったりします。僕が行った現場の平均は4時半。4時過ぎると作業員の皆さん、片付けモードに入り4時半すぎると終了に入ります。なので、3時過ぎると「ほぼ終盤」なんですね。ココまで来ると「あぁ、頑張った僕」感。で、17時前には終了しサインを貰い終了。で、現場を後にし帰宅。大体18時には家に帰れます。が・・・まれに「遠地」へ行く事も。今回の3ヶ月の中で一番遠かったのは「阿蘇の乙姫」(笑)。電話線工事の警備でしたが・・・熊本市内を6時に出て現場到着が8時半。で工事が9時からで、終了したのが午後4時。で、帰宅したのが夜の7時。ってのがありました(笑)。たまにこういうのもありますが(笑)。

逆に一番短いのが「午前中」で終わった。これが2回ほど。

でも、一応、僕の行っている会社は9千円出た。基本半日でも4.5時間を超えないと日当全額は保証されない。休憩を除く4.5時間。8時開始の現場だと、昼ごはんに60分あったとして・・・午後の1時半を超えれば満額日当。午後の1時に終わっちゃうと半額日当。となる。ココが分かれ目。

やはり出来る事なら午後3時を超えて終わるのが理想。文句なく満額日当だから。なので午後3時を超えると「ホッ」とする。

で・・・「なんて低レベルな話」なんすか。とお思いの方も多いでしょう。

1歩引いて自分を観察すると・・・そう思います。

が、その逆から見ると「これ程度で9千円貰える」とも思うんですね。ただ、何の保証もありませんが。ですが、僕自身は自営が長いのと、現在は自分で仕事を作り上げている最中なので「身を保証してもらう」発想自体はありません。まぁ、いわゆる正社員ですね。正社員発想は当の昔に捨てました(笑)。なので、「実質、自分は幾ら稼げるのか」が基本なんですね。他人に時間を売るにしても。であれば、時間単価が高い方が良い。しんどいけど。

で、最終的には警備員(ガードマン)に行くんです(笑)。逆を言うと「最悪、ガードマンに行きゃ~何とかなるさ」とも自覚しております。大きな意味での「保険」ですね。ま、ションベンみたいな保険ですけど(笑)。

兎に角、面接に行きゃ~「経験あり・即勤務可」ならば翌日から金になる。何故ならば、圧倒的に警備員が足りないから・・・に尽きる。特に熊本は復興工事が現在も沢山行われているので、工事に対してのガードマンの数が圧倒的に足りてない状況なんだそうで。

経験者としてのスキルは、前回書いた「3種の警備内容」と「棒振り(警備棒を使った目視での誘導も含む)」と「無線」が問題なく出来れば、日本全国。何処へ行っても仕事はあります。

僕の経験で思うに・・・警備会社で3か月勤務すれば問題なく上記のスキルは身に付くかと。その後、仮に辞めたとして、ブランクがあったとしても、その経験は身に付いてます。再度、即、警備員として働く事は可能ですから。

僕も9年ぶりにやりましたが・・・1日目で問題なく「片交」も出来ましたし。ま、逆を言うと1日目で「出来る人か・出来ない人か」を判断されますが(笑)。で・・・「出来る」と判断されりゃ~翌日から「どんな現場」でも行かされます(笑)。お金には困らなくなります(笑)。仕事、くれますから(笑)。

なので、底辺の話で申し訳ないとも思うんですが、僕的には「最悪、誘導があるさ」と思い生きてます。

「立派に人のお役に立ててお金を貰える」訳ですから。

これも「生きて行く上でのスキル」だと思っています。

なので、週2の勤務も可能となったんですね。

今後は「週2勤務」のその後をたま~に書こうかと思っています。

スポンサーリンク









posted by taroayu at 11:47| Comment(0) | 警備員 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください