2018年01月07日

以前、書いたけど再度書こう。僕はデジタルが好きではないと言う事。

スポンサーリンク





随分前に書いたんだけど、聴かれることも多いので再度書きますね。

僕はデジタル機器を使いはするけども、実は苦手だ(笑)。

学校を出た最初の就職先での仕事がソフト開発だったと言うのにね(笑)。まぁ、一時期、一切のデジタル機器から離れてましたけどね。

それはさておき、どういうことか・・・と言うとね。

「デジタル記事が頭に残らない」

って事。

紙、もしくはそれに近くないと「頭に残らない」って事ね。

その原因は・・・って言うとたぶん「読書」だと。

中学2年の修学旅行の時に駅のキオスクで偶然買った遠藤周作「悲しみの歌」から始まる僕の読書魔。これが原因。

一番影響を受ける時期に紙の本を読み漁ってたから(笑)。この中2以降、ずっと40年間・・・紙の媒体からしか吸収してこなかったので、今更「デジタル」に馴染めない・・・ってのが本音。

なので購読している新聞や雑誌も紙。はてやデジタル記事等もプリントアウトして読む・・・って行為をやる。他人から「無駄だ」と言われても紙にする。

だって、記憶に残らないんだもん。

今や新聞、雑誌。殆どがデジタル記事へと移行しているんだけどさ。取り残されちゃってる感は歪めない。残念だけど。

新聞は宅配(紙)
毎週購読しているNewsweekも紙の媒体で毎週郵送。
英字新聞も毎週だけど宅配。しかも紙(笑)
毎月購読している本の小冊子も紙にて郵送。

と、結果「デジタル」では無い。

デジタル機器を使いこなすも「紙媒体」。

笑える。

時代遅れのオッサンやし、紙が増える。髪は減るけど、紙は増える(笑)

あ、ごめん。

唯一、っていうか2つだけデジタルにて読まなきゃなんないのを使っているのが

大和証券サイト内で読む「日本経済新聞」と電子書籍。大和のサイト内で読む日経・・・ってのは大和証券に口座を持ち、取引がある人しか見れないんだけどね。日経テレコンを見れる。全部見れる。日経が発行している新聞全部をテキスト記事だけど全部読める。僕はこれの朝刊と夕刊を斜め読みするんだけどね。やっぱ読まないといけない記事はPDFにして印刷する。紙にする(笑)

あとは電子書籍。koboを所持しているので小説は全部電子書籍リーダーで読んでる。これは唯一「デジタル」そのまま。

だって、文庫本みたいに紙面は同じだし。本読んでんのと唯一変わんないんで読める。

と、デジタルを使ってはいるものの紙にする。

おっさんやなぁ~と感じながら、せっせと紙を読んでいる。

たぶん、こんな人。多いんではなかろうか?

スポンサーリンク





posted by taroayu at 09:00| Comment(0) | 読書 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください