2017年10月14日

BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)を履いた事によって、変わった事。

スポンサーリンク






ずいぶん前に書いた足裏の病気。
http://taroayu2008.com/article/451215783.html?1507946775

30代初めから症状としてはあったんですが、ほったままでした。それもそのはず「自営」なので資金が足りず病院へ行くのも忘れるほど「資金難」でもありました。そんな状態なので無惨な足の状態。しかも「立ち仕事」なので「無惨の上乗せ」レベルでした。

当然「靴」に気を配る訳もなく・・・
無惨な安靴で過ごしていたんですね。「靴の卸し屋」的な安売りの店で購入してました。1足千円程度の安靴。しかも2ヶ月ほどで中が擦れてくる安靴。当然「雨」の日もその靴ですから・・・中まで雨水が染みてくる。当然「他の靴」なんぞ所持してませんから、ずっとその靴なんですね。1日中その靴。なので「劣化」も早い。半年持ちませんもん(笑)。もう半年もしない内にボロボロ。それでも履いてた。

ワニ口(クチ)になったり、穴が空いたり・・・と無惨な状況でも「新しい靴」を買うのも惜しい程に経営資金
難でした。

まぁ、足が悪くなるのも当然と言っちゃ~当然ですね。

そんな状況を打破する為に「夕刊配達」を始めたのですが。
稼げど稼げど・・・足りない。
そんな時期に嫁と出会うんですが。その嫁から教えてもらった靴がありまして。

それが「ビルケンシュトック」そう。BIRKENSTOCK。



いわゆる「サンダル」。
サンダルなんだけど約1万円ほど。

最初「サンダルで1万・・・って、バカじゃね?」みたいに思ってまして。サンダルなんて数百円で買うもんでしょ。とまで思ってた。

だってそうでしょ。1足千円の安靴を半年以上も履く人でしたから。穴が開いても、ワニ口になっても・・・履いてた人ですから。そんな人間がサンダルに1万円・・・なんて靴。履くわけがない(笑)。しかもサンダルだし(笑)。

だけどある時。まだ付き合ってた時代。嫁持ちのビルケンを1足。僕に「履けば」と言って貰った。本当はサイズが微妙に違うんだけど、無理して履いてた。

そう。この時期から僕は「靴」を履かなくなったんですね。で、破れた靴を履くのも何だから・・・嫁から貰ったビルケンのサンダルを365日・・・履いた。とにかくそれしかないので履いたんですね。

そうすると。

足の水泡と痒みが半減。

でも、水泡が消えた訳でもなく痒みも消えた訳ではないんです。

半減した。

そう。蒸れてたんですね。蒸れてた。
濡れようが蒸れようが・・・それしか靴が無いもんで、その靴しか履いてなかったんですね。安靴1足千円。

それをビルケンのサンダルに変えたら・・・水泡と痒みが半減。

簡単な事だったんだけど、安靴過ぎて「蒸れ」や「濡れ」を一切防ぎきれず・・・また「通気」なんぞに気を配る程の機能を備えてる靴でも無かった為、とにかく足に悪すぎたんですね。最悪すぎた。

自営の資金難・・・ってこうも視野を狭くするんですよ。とにかく「自分を後回しにする」。病気だろうが自分の身の回りの事だろうが全部後回し。とにかく資金難な店にお金を注ぐので自分は後回し。

その結果全部が悪循環なんですね。笑えるほど。

嫁が「履けば」と言って掃き始めたビルケンシュトックのサンダル。

このお陰で・・・それ以降。普段履く靴を全部ビルケンにしてしまったんです。高いけど(笑)。

現在は3足。
20170626_133921_resized.jpg
左からソフトフットベットのフロリダ。シンガポールで買ったビルケン傘下のパビリオ。これもフロリダ。そして普通のフロリダ。計3足。これを交互に履いている。365日、全て外出はビルケン(笑)。一応ビジネスシューズは1足。ナイキの運動靴は2足。それだけ(笑)。

約3年前から1足づつ買い足して現在は3足。

これ1足1万円位の値段で高いんだけど。基本「ずっと」履ける。靴裏のゴム(ソール)を交換できるんですね。正確に言うと「張り替える」事が出来る。歩いて歩いて・・・擦れてきた場合。ビルケン店舗(熊本市は繁華街、上通り入口のNew-S内にあります)に持って行って靴裏ソール(かかとのみ)を交換して貰うと(有料で両方で3,000円)で、また最初の買った時みたいに戻る。

「熊本店」
http://ec.benexy.com/brand/shops/detail?id=kumamoto-new-s

僕は「かかと」をズって歩く癖があるので・・・「かかと」がどうしても減る。なので、ギリギリまですり減らしてからビルケンの店舗に持ち込んで「かかと」のみの裏ゴム(ソール)交換をします(両足で3千円)。まぁ、相当ね。歩かないとココまでは行きませんが(笑)。過去2度、かかとを交換しました。
なので、結果。ここ数年は1足も靴を買ってません。

3足のビルケンを回し回し履き、修理しながら履いてます。

現在もその3足で3年目。ずっと履き回し。1年に1回ほど「かかと」のソール交換をするので年間の靴代は3千円ほど。交換後は「何となく新品感」があるので微妙に嬉しい。

お陰様で「足裏」の水泡も痒みも半減し、尚且つ「ビオチン療法」で水泡を断ち、痒みも断ちました。(現在はぶり返し、再度ビオチン療法を処方中)。

高い(笑)のですが・・・良いサンダルに出会い、大きな悩みが無くなった次第です。

過去の自分は「高い靴を買う」的な発想は有りませんでした。むしろ今の風潮で「壊れたら買えば良い」的に「安い物を買い、使い捨て」発想しかありませんでしたし・・・。

悪いとは言わないけど、良いとも言えない。

むしろ「良い商品を修理しながら末永く使う」発想が大事かと。しいて、お金も以前みたいに「安物買いの銭失い」が無くなりました。

なんせ3年前に購入したビルケンでさえ、いまだにソール修理しながら現役で履けますから。

たぶん、僕は死ぬまでBIRKENSTOCKだと思います。

「ビルケンシュトック・オンライン」
http://www.birkenstock.com/jp



スポンサーリンク





posted by taroayu at 11:26| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ビルケンシュトックを愛用して随分経つ。
すっかり気に入ってしまって今のところ4足持ってます。
俺がお気に入りのモデルは既に廃版で新品での入手は不可能なので、専らオークションで競り落として中敷きを交換しつつ大事に履いてるよ。
水虫には五本指の靴下が蒸れなくてお薦めです。
Posted by えちごや at 2017年10月30日 19:53
越後屋さま⇨そうとは知らなかった(笑)。僕もこのサンダルを知らなかったら未だに「安靴」だったと思います。僕は夏は裸足で、冬は靴下を履いて年中ビルケンです。近々一度5本指の靴下を試してみます。ありがとう。

Posted by taroayu at 2017年10月31日 10:43
コメントを書く
コチラをクリックしてください