2017年09月29日

「モバイル・ボヘミアン」と言う生き方を読む・・・再読6回目(笑)。

スポンサーリンク






本来であればベトナム旅の続きなのだが・・・独断で少し横道にそれます。
まぁ、サイドバーのカテゴリーで読んで頂ければ幸いです。でも、継続して読んで頂いている皆様には厚く御礼を申し上げます。

ありがとう。

今日は書評です。
20170929_103107_resized.jpg
「モバイル・ボヘミアン」本田直之、四角大輔 著 
ライツ社 1500円+税 2017年4月17日刊行

約半年前の出版物。まだ鮮度は良い。
2ヵ月前に購入。現在で6回目の再読中。
別に難しいわけではない。
むしろ「やさしい文章」です。
字も大きいし行間も広い。厚さも2センチ無いので・・・普通に読書する方なら3時間もあれば読んでしまえる内容です。

が・・・

1週間に2冊から3冊読む僕が6度目の再読。
もう一度言いますね。
「やさしい文章」ですねん。
ほんとに。
だけど・・・

「先進的過ぎて・・・自分の中に取り込むのに、今だ格闘中」なんです。

書いてある事はすごく簡単で理解出来るんです。が、自分の中に落とし込もうとすると・・・難しい。
ココに苦労しているので「再読6回目」(笑)。
たぶん再読10回は行くんではないかと(笑)。

書いてある事は簡単なんだけど、取り込む事と実績する事の難しさ的な壁にぶち当たり・・・何度も読むんです。

理解したくて。

こう~。解りたいんですね。解りたい。無性に解りたいんだけど・・・難しい。

そっち側に行きたいんだけど、具体的過ぎて1つ1つ自分の中に取り込むのに苦労している。何度も読んで1つ1つを理解している最中だと自分では解釈している。

もう一度言うね。

「文章は簡単だから」。

でも、理解するのに「読む側の柔軟性」を試される。

そんな本です。

この本は明らかに「未来本」なんだけど、それを生きている両著者の具体性がリアルすぎて逆に腑に落ちない。

この部分を僕は乗り越えたくて6度目の再読。

やっぱ、たぶん・・・再読10回目は来るだろうなぁ~(笑)。

僕的には、これからの3年。東京オリンピックまでに達成したい事の1つではあります。この本に書いてある「モバイル・ボヘミアン」的な事。

兎に角、読んで読んで理解したいと思います。

もう一度言いますね。

文章はものすごく簡単に書いてありますから。



スポンサーリンク








posted by taroayu at 10:58| Comment(0) | 読書 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください