2017年09月26日

「JALマイル」を使って、「ベトナム」へと行っておりました・・・マイルを使って旅編その2。

スポンサーリンク





で・・・
出発にあたって。いつもの事なんですが・・・。

「両替」ですね。

過去、いろんな場所へ出かけましたけど。両替を何処でいつするか・・・。ってのは永遠の課題かと思うんですね。僕自身は現地に着いてから「街」の両替商で両替するのがパターンだったんだけど。嫁が中々の「不安がり」でして。旅行く前にネットで「何処が一番安いレートで両替できるか?」を随分と検索しておりました。

で、過去2回。シンガポールとグアム旅行時には「国内の地方銀行」にて両替しました。

これ、調べれば解るんですが・・・銀行さんは当日の朝レートから3円程をふんだくります(笑)。ですが「安心を3円で買えるなら」との思いと嫁の意向を汲み今までは銀行で両替をしておりました。

で、今回。ベトナム。
ベトナムはドンなんですが、このドン。現在は熊本の田舎銀行でもドンの両替はやっている。が・・・レートの開きがかなりなもんなので・・・流石に「円⇒ドン」はしませんで。で、ネットで調べて行くと・・・日本でアメリカドルへ両替し現地ベトナムでドルをドンに両替する・・・ってのが一番良い両替のやり方だ!!みたいに書いてる人が居たので、今回はそれを見習う事に。

今回は「福岡⇨台北⇨香港⇨ベトナム」とトランジットしながらの行きなので「台湾ドル(既に所持済み)」「香港ドル」「アメリカドル」の3種を所持し(香港ドルとアメリカドルは銀行で両替)、いざ出陣。

別枠で話しますが・・・両替の方法としては
1.国内の銀行
2.出発空港での両替(銀行・両替商)
3.到着現地空港での両替(銀行・両替商)
4.現地の街中での両替(両替商)
の4つが存在します。
結論から言うと「現地の街中の両替商」が一番レートがよろしい。次が到着現地の両替商。銀行ではない。あくまでも両替商。だけどボッタ君もいるので、その辺は個人の注意に寄るが(笑)。基本現地の街中の両替商が一番まとも。で、殆どの初心者旅行者が言うのが「現地で言葉が・・・・」という話。んだども、経験から言うと両替商の「おねいさん」に円札を見せると、大概はそのまま現地の通貨に両替してくれる。しかも今は親切に両替したレシートもくれる。昔はレシートなんぞくれなかった。しかもちゃんと目の前で数えて渡してくれる。

自分側でレートを把握してさえいれば間違いは起きない。

それ位に、現在の街中での両替商は「ちゃんと」している所が多い(ただ、ボッタ君もあるので、その辺りは注意だけど)。

グアムでは現地空港で両替。その時もレシートは貰えた。今回のベトナム・香港でもちゃんとレシートと両替した紙幣をちゃんと数えて渡してくれた(香港・ベトナムは現地の街中での両替商)。

と・・・

両替話で終わりそう(笑)。

明日も続きです。

スポンサーリンク







タグ:ベトナム
posted by taroayu at 12:08| Comment(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください