2018年03月03日

警備員の憂鬱 その4

スポンサーリンク






もう少し書きます。

で、良く聞かれるのが「どんな人が向いてるのか」・・・と。
個人的に思うのが

内向的な人。

僕もそうですが「対人」が比較的得意ではありません。自営業を15年もやっときながらですが。警備員、即ちガードマンの仕事は殆どが「ひとり仕事」。最大で4人とかの時もあるにはあるんですが、基本1人か2人での仕事が殆ど。なので会社勤め的な交友関係は築けません。その日その日の対人関係が殆どなので煩わしさはありません。僕は1ヵ月程、1つの現場にずっと1人だけでしたし。そういう現場もあるので「比較的内向的な人」が向いてるかと。

逆に「会社勤め」が向いてる人には厳しいかと。酷い時には「8時間、一言もしゃべんなくても良い現場」なんてのもありますし。なので苦しくなります(笑)。

あと、ずっと「立ち仕事」なのと「汚れるのは確実」なので、この手が嫌いな人もダメかと。あと、雨でも現場がある場合もあります。そんな時は「雨カッパ」を着て「ひたすら」8時間、雨の中で誘導します。これはある意味「修行」かと(笑)。最高にキツイですし。まぁ、たまにあります。

あと、「真夏」と「真冬」もキツイです。これはどうしようもありません(笑)。

と、どうやら「キツイ」事の方が多い気もします(笑)が、現場が終わる17時まで勤務すれば問題なく賃金は確保できます。

まぁ、どう考えるかですね。労働を。

ただ、やっぱキツイです(笑)。

ですが、必要とする人が居る訳でして。なので、成り立つ訳で。その需要に少しだけ答える事で、少しだけ最低限の生活保障が可能である・・・と解釈してます。

「欲しい分だけ働く」

失礼な話ですが、週3日勤務で27000円。月で約10万超え。最低限の生活は可能ではないかと思うんですね。「仕事的にはキツイんだけど、週3日なら何とか働けるかも」と思う方ならば、何とかなる労働形態かとも思うんですね。今回、3ヶ月。働いてみて思ったんですね。ガードマンと言う労働形態の在り方を。「自分なりに考え、労働する価値観を何処に持ってくるか?」を突き詰めると「どれだけあれば生きてゆけるのか」では無いかとも思う訳です。

今回は色々と考えた警備員勤務でした。いい意味で、良い会社と出会い、働けたのでは・・・と思います。週2勤務を理解して頂いていますしね。

では。

スポンサーリンク





posted by taroayu at 17:37| Comment(0) | 警備員 | 更新情報をチェックする