2018年01月15日

平昌オリンピックへ行く・・・という顛末。その2。

スポンサーリンク






当初、夫婦の会話の中で出た話でした。

「そういや、韓国で冬季オリンピックが開かれるよ」・・・

これが決め手になるとは(笑)。

当然、2人ともリアルでオリンピックの観覧経験はありません。し、気にもかけていませんでした。が・・・この僕の一言で「行ってみようか!」と言うことに。

ただ、当時。既に「2020年の東京オリンピック・パラリンピック」の開催は決まっていたんですね。

で、当然。何処の家庭でも会話されたであろうこの会話。

「東京で開催されるオリンピックはおそらくこれで最後だろうから、見に行こうか?」

ってな会話。

当然、我が家でもこの会話に近いことは出ましたが・・・。ただ、僕はこうも言いました。

「開催国当事国だから、恐ろしく全ての物が高いよ」と。

交通費、宿泊費、ましてや観覧席の料金、それ以外にも食事や、ついでの観光まで含めると「バカ高い東京オリンピック」と相成ります。間違いない。だけど、自国開催だから一生の記念として「バカ高いお金」を使ってでも行く人は多いかと思うんですね。

だけど・・・やっぱ高いと言わざるを得ない。

で、お隣「韓国」での冬季オリンピック。

僕らは普通に熊本から福岡を経由し、韓国へと旅行へ行くので「安く行く方法は知って」いる。ならば、自分達の経験と知識を卓越して「行って見ようではないか」となったのが1年前。

これが元々の経緯。

それからはほぼ毎日。ネットで情報検索。当然韓国語でのオリンピックサイトは当時から有ったものの中々更新されず・・・。また、チケットの販売状況も解らず・・・。そんな中、ある時突如オリンピックサイト内にチケット販売のサイトが出てきたのです。突如(笑)。

僕「してやったり!!!」

なんですが・・・

既に、大人気のフィギアスケート等は完売。ならば・・・と探していると。

写真の通りバイアスロンとスノーボード・パラレル大回転が目に付いた。

ならば!

と思い申し込み・・・。

そう。抽選なのよ。これ。

とりあえず倍率が低そうな競技に申し込み、結果を待つことに。

で、数ヶ月後。当選のメールが。

で、先月。チケットが送られてきた。




と。これが顛末。

長かったですね。

すんまそん。

結論は2つ。

1、オリンピックと言う物を肌で感じてみたい。

2、しかも韓国で。

の2つ。

恐らくですが・・・東京オリンピックはテレビで観戦する予定です(笑)。

余談ですが。羽生くんが出場決定のフィギアスケートのツアーが80万・・・ってのを見ました。

笑える(笑)。

スポンサーリンク





posted by taroayu at 17:29| Comment(0) | 平晶オリンピック | 更新情報をチェックする