2018年01月29日

平昌オリンピックへ行く・・・という顛末。その4。

スポンサーリンク





すこし間があいてしまいました。すんません。

前回は「当時、どうやって航空機を予約したか」を書きました。

今回は移動の要「KTX」を書きます。
日本だと新幹線に値するのですが韓国では「KTX」と言う高速列車が存在します。
https://www.konest.com/contents/traffic_info_detail.html?id=1230
リンク先の地図を見ると解るのですが韓国国内全域に網羅してます。で・・・今回はソウルから平昌までが新設され片道1時間半でオリンピック会場へと行く事が可能になりました。

でね。
過去。
僕らは1度「釜山からソウル」をこの高速鉄道KTXを利用して往復している。1度、乗車を経験しているんですね。なので、今回。このKTXをどう使うかを随分と悩みました。

が・・・
つい最近の昨年12月までは殆ど情報なし。本当にKTXが平昌まで開通するのか・・・がネックでした。
で、今年に入り購入サイトも開設。

「コレールパス」
https://www.konest.com/contents/traffic_info_detail.html?id=4140


これね。
これは主に外国人旅行客用のパス。当然今回のオリンピックでも特別にオリンピック用の通しパスが設けられてます。が・・・。
ちょい高め。
この「ちょい高め」が解るのも一度乗車経験があるので解るんですが。

なので僕らは普通に普通の乗車券を買う事を思案。
http://www.letskorail.com/ebizbf/EbizbfForeign_pr16100.do?gubun=1
このサイトで普通乗車券を購入できる。
日本に居ながら韓国国内の高速鉄道の座席指定と乗車券を購入できる。
まぁ、素敵。
以前はプリントアウトした紙のバウチャーをソウル駅の案内所へ所持し、そこで初めて切符へと交換できた。
P_20180129_152817.jpg
こんな感じのヤツ。
余談だが、ソウル駅の案内所。基本日本語は通じない。
英語も比較的怪しい。
ただ、1人だけ日本語が出来るオバちゃんが存在している・・・が、運よく当たる事を祈る。
で、僕らは運よくその日本語を話すオバちゃんに当たったんだけど・・・おばちゃん自身が昼ご飯を食べに行く寸前で呼び出されたために「ちょい」機嫌ナナメ(笑)。日本語も単語連呼。まぁ、解るけど(笑)。
で、しつこく言われたのが

「この切符だけでも乗れるから」って事。

へ!

どういう事?

って思いますわな。

しつこく聞くと

「この切符自体で立ち乗車」は出来るから。って事を言われた。

まず、基本。切符を手にすると「乗車」は出来る様になります。が、立ち乗車。基本、立ち乗車。連結している場所とか乗る通路。等に立っての乗車は可能。

だども、席は全部予約。

そう。乗車時に座席指定をしていないと基本「座れない」。

で。その予約。

基本、ソウル駅の案内所でしか出来ない(笑)。・・・現在はネットで座席指定も出来るんだけど「絶対に座れるか」って言うとちょい怪しい。

当時は現地で座席指定が当たり前でした。で、結果。座席指定が満席で座席を取れず・・・4時間を「立ち」で行きました。

笑える。

まぁ、今となっては良い思い出ですが(笑)。

と、断線しましたが・・・切符自体はネットで買えますが。
ここで問題です。
この外国人向けコレールパス。今回の平昌オリンピック用のパス。ちょい高めなんすね。ちょい高め。

乗車経験のある僕が感じるのは「ちょい高め」なんすね。

で、次回はその辺りを。

スポンサーリンク







posted by taroayu at 15:55| Comment(0) | 平晶オリンピック | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

平晶オリンピックへ行くという顛末・・・その3.

スポンサーリンク






何故、行くのか・・・って経緯は前回書いた。

で・・・

その最初。飛行機。

現在。熊本からソウルへ飛んでいる飛行機は

エアソウル
Tウェイ

の2社。

でも、チケットが当選した当時はTウェイ航空のみが熊本から飛んでた。けどね。3ヶ月先以上は予約が出来ない。のね。なので、熊本からの飛行機は予約不可。

そんな中。福岡発の飛行機で探すと・・・

僕らが普段から利用しているエアプサンがチケット予約可能だったのね。当時は。でさ。うまいことセールが重なってたのでね。チケットが当選したその後に予約を入れたんです。

(行き)福岡~釜山 釜山~ソウル(金浦空港)
(帰り)大邱~福岡

で。

疑問があると思うんです。

ね。

あるわな。

直接ソウルに飛んでない(笑)

そう。直接ソウルに行ける航空チケットは半年前のチケットが当たった当時は買えませんでしたのよ。

買えなかった。

でもね。僕らは普段から釜山に行っていたので・・・

僕「初めて韓国国内線に乗って見ようよ」と嫁に提案。

で。

釜山~ソウル便の国内線を予約したんですね。片道2000円(笑)。

で、帰りは・・・

大邱・・・から。

韓国国内でも結構な地方都市の大邱。実は大邱から福岡までの定期便が就航していたんです。エアプサン。

で、セール中(3000円)だったんで予約。

と言うことで

熊本~福岡は高速バス「ひのくに号」で。
で、福岡からはエアプサンで「福岡~釜山~ソウル」。
で、帰りは・・・

そう。疑問がありますわな。

大邱まで・・・どうやって行くの?

って事。




これは、次回に。



ちなみに、現在は2月のオリンピック期間の福岡~ソウル便のチケットは普通に発売されているんですけどね。大体の片道が15000円から20000円の間くらい。往復で3万から4万・・・って所が相場かと。

僕らは往復1人=20000円で押さえました。

頑張ったと思います。

スポンサーリンク





posted by taroayu at 21:31| Comment(0) | 平晶オリンピック | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

平昌オリンピックへ行く・・・という顛末。その2。

スポンサーリンク






当初、夫婦の会話の中で出た話でした。

「そういや、韓国で冬季オリンピックが開かれるよ」・・・

これが決め手になるとは(笑)。

当然、2人ともリアルでオリンピックの観覧経験はありません。し、気にもかけていませんでした。が・・・この僕の一言で「行ってみようか!」と言うことに。

ただ、当時。既に「2020年の東京オリンピック・パラリンピック」の開催は決まっていたんですね。

で、当然。何処の家庭でも会話されたであろうこの会話。

「東京で開催されるオリンピックはおそらくこれで最後だろうから、見に行こうか?」

ってな会話。

当然、我が家でもこの会話に近いことは出ましたが・・・。ただ、僕はこうも言いました。

「開催国当事国だから、恐ろしく全ての物が高いよ」と。

交通費、宿泊費、ましてや観覧席の料金、それ以外にも食事や、ついでの観光まで含めると「バカ高い東京オリンピック」と相成ります。間違いない。だけど、自国開催だから一生の記念として「バカ高いお金」を使ってでも行く人は多いかと思うんですね。

だけど・・・やっぱ高いと言わざるを得ない。

で、お隣「韓国」での冬季オリンピック。

僕らは普通に熊本から福岡を経由し、韓国へと旅行へ行くので「安く行く方法は知って」いる。ならば、自分達の経験と知識を卓越して「行って見ようではないか」となったのが1年前。

これが元々の経緯。

それからはほぼ毎日。ネットで情報検索。当然韓国語でのオリンピックサイトは当時から有ったものの中々更新されず・・・。また、チケットの販売状況も解らず・・・。そんな中、ある時突如オリンピックサイト内にチケット販売のサイトが出てきたのです。突如(笑)。

僕「してやったり!!!」

なんですが・・・

既に、大人気のフィギアスケート等は完売。ならば・・・と探していると。

写真の通りバイアスロンとスノーボード・パラレル大回転が目に付いた。

ならば!

と思い申し込み・・・。

そう。抽選なのよ。これ。

とりあえず倍率が低そうな競技に申し込み、結果を待つことに。

で、数ヶ月後。当選のメールが。

で、先月。チケットが送られてきた。




と。これが顛末。

長かったですね。

すんまそん。

結論は2つ。

1、オリンピックと言う物を肌で感じてみたい。

2、しかも韓国で。

の2つ。

恐らくですが・・・東京オリンピックはテレビで観戦する予定です(笑)。

余談ですが。羽生くんが出場決定のフィギアスケートのツアーが80万・・・ってのを見ました。

笑える(笑)。

スポンサーリンク





posted by taroayu at 17:29| Comment(0) | 平晶オリンピック | 更新情報をチェックする