2017年08月31日

このブログを始めた頃・・・。

スポンサーリンク






このブログの最初。
http://taroayu2008.com/article/435458161.html?1504144815

このブログの一番最初の記事。
十分笑えるんだけど、この時「メルマガ」まで発行してたんだなぁ~と。感慨深いです。
2008年7月11日となってるので来年で丸10年・・・って事に。
実はこのブログの前に、もうひとつブログが存在する。が、現在は僕自身でも探せない(笑)。
何故だかブログは続けれてる。
途中「中ダレ期間が」存在しちゃうけど、基本継続している。のが、自分自身「スゲーなぁ~」とも思います。

ある意味「日記」的な部分もあるんだろうけど、やっぱ「僕の脳みそ」が漏れる感じで継続しているのが継続の源(みなもと)かも・・・なんて思ったりもしてます。

その昔・・・自分自身のサイトを持ち、自分自身で文章を書き、自分自身をさらけ出す・・・なんて考えられませんでしたし。

僕は・・・20代最初はエンジニアでした。8ビットの時代。ベーシック、コボル、C言語でプログラムを作成していた時代でした。まだ記録媒体はカセットテープでしてね。通信自体は電話の通話口をカプラーに乗せ、相手のパソコンに「ピョー」的な音で電子信号を送ってた時代です。そんな時代にコンピュータ仕事をしていたんですね。で、マッキントッシュが出た当時にエンジニアを辞めました。それ以降、一切コンピュータには縁が無かったんですが・・・飲食店を始めた当時頃に「インターネット」が世界中に広がった記憶があります。
その頃から、再びコンピュータを触り始めたんではないかと記憶しています。

その頃、ブログを始めたんだと。

なので・・・恐らくブロガー履歴は10年を超えているのでは(笑)。

このブログ自体も1200記事を超えてますので(笑)。

改めて「何故、僕はブログを書くのか」って事に「自問自答」をし始めた次第でありまする。






って、書いときながら

また明日からは

恐ろしく「別話題」で書くんでしょうけど(笑)。

すみません。お付き合いの程を。

スポンサーリンク





posted by taroayu at 10:57| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

熊本市にある「お好み焼き 大文字」のポイントカードの還元率が凄いと感じる話。

スポンサーリンク






ちょいローカルなお好み焼きの話を。
熊本市は繁華街「下通り」と「上通り」の交差点脇に「お好み焼き 大文字」はある。言わずと知れた熊本では有名なお好み焼きの店「大文字」。僕は嫁と月に1度は訪れる。

何故か・・・・

大文字の「ポイントカード」の還元率が凄いから。

なのね。
20170830_144001_resized.jpg

20170830_144014_resized.jpg

上記は今日、現時点でのポイントカード。
あと3つ、押して貰えば最後まで到達。これ、500円の利用で1個押して貰える。全部で20有るから1万円で全スタンプを押して貰える。で、解説しますね。

5個(2500円)使用した時点で・・・まずは「ソフトクリーム&クリーム金時」のどちらかが貰える。

その次に2500円(5個)使用した時点で・・・「じゃがバター&手作り餃子」のどちらかが貰える。

その次に2500円(5個)使用した時点で・・・「三条焼き&三色焼きそば」のどちらかが貰える。

最後、2500円(5個)を使用した時点で・・・「次回利用できる500円のお食事券」が貰える。

僕らは夫婦で出掛けるので、大体2人で1500円~2000円程度の会計になります。

と言うことは、大体の目安なんですが・・・1度来店してお好み焼きを食べると、必ず何らかのポイントカードの途中到達点時に貰える品が存在するんですね。

行くと必ず何か貰える・・・と言うループにハマってます。

2人でお好み焼き1枚づつ。で、お互い生ビールを1杯づつ。で、合計が2千円を超える。そうすると・・・5個、押してくれる(笑)。

で、必ず何かが貰える(笑)。
このパターンの還元率がハンパないと思っている次第です。

特に7500円通過時点で貰える「三条焼き」。これ、普通に注文すると800円越えますし(笑)。要は「嫁が食うお好み焼きがタダ」と言う事になります。

んで、最終目的地の1万円に到達すると「500円のお食事券」が貰える。次回に利用できる食事券。と言う事は・・・次回のお好み焼きが500円引きになる・・・って事。

よかねぇか?

結構、よかねぇか?

いいよね。還元率。

普通のポイントだと1万円使って100円引き・・・とか

頑張っても1万円使って500円引き・・・ってパターンが殆ど。

悪いとは言わないんだけど、この「大文字」の還元率は、通うと良く解る。

一番感じるのは7500円通過時点での「三条焼き」。お好みタダ!ってのをさ。満喫できるんですぜ(笑)。

なんかこう~。何もサービスが無い店よりも、有り難いっす。こういうの。

目に見えて「なんか得した気分」に感じれるから。

2人とも「お好み」は好きなので月1で行く事が多いざます。

この還元率につられて

通ってしまう・・・ざます。

スポンサーリンク





posted by taroayu at 14:57| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

楽天の電子書籍端末「kobo glo」 を手にして早1年。そして思うこと。感じた事。

スポンサーリンク





約1年ほど前に楽天の電子書籍端末「kobo glo HD」を格安にて手にした(kobo glo HDの半額クーポン券が来ていたので、それを利用しての購入。ポイントと合わせて実質3000円程度で購入した)。
20170825_143758_resized.jpg

楽天kobo
http://books.rakuten.co.jp/event/e-book/ereaders/

それまではヤフオクにて購入した最初のkobo端末を利用。流石に「モッサリ感」が酷かったのでkobo glo HDを購入。

現在はこの端末の中に約50冊程。

重さ300g無い位の電子書籍端末に50冊。

スゲーなぁ~と思う。

この端末を買うまでは・・・ハードカバーの単行本でさえ所持し移動の合間合間で読んでたんですけどね。流石に重い(笑)。笑える程に重い。と・・・そう言う時代もあったからこそ、今の電子書籍端末に感動をするのです。
ちなみに・・・この端末内には約1000冊程を所持する事が可能。

でね。何が凄いか・・・って言うとね。海外旅行の時。
僕は基本、何処に行くにも本を持参する。海外にも必ず2冊ほどは絶対に持参する。空き時間、待ち時間ともに本を読むので。で、以前は普通に文庫本2冊を所持していたんだけどね。待ち時間・空き時間次第では2冊を全部読んでしまうことが多々あるんですね。 でその後。読む本が無い訳です。上手いタイミングで本屋さんがあればまだ良いのですが・・・海外だとまず日本語の本を買う事が無理です。基本的に絶対的に無理です。そんな時にこの電子書籍端末が威力を発揮する。

海外だと絶対的に日本語の本を買うのは絶望的だけど、電子書籍端末ならwifiが繋がってさえいれば基本、その場で購入することが出来る。

これに感動したのよ。

韓国でこれは体験。
嫁の買い物の待ち時間に、韓国プサンの地下鉄の通路脇のベンチで読んでいた時の事。1時間以上待っていたので読んでいた本が終わってしまったんですね。残念な事に。で・・・しょ~がなく再度最初から読もうとした時に気づいたんです。

「そうだ! wifiに繋いで書籍を購入しダウンロードすりゃ~いいじゃん」

って事に。
韓国国内は殆どの場所でwifi電波が飛んでいるので・・・近くのコーヒーショップの店員にwifiを教えてもらい、繋げて楽天に接続し、日本語の書籍を購入した。

「おぉ。スゲー」

と感動したのを覚えている。
物理的に海外で日本語の本を買うのは難しいんだけど、海外で、こうやって電子書籍で日本語の本を買うのは笑える位に簡単。

我ながら「こういう使い方が本当の電子書籍端末のすばらしさ」だ。と再確認したのを覚えている。

当然日本国内でもwifiが繋がる所でありさえすれば端末のみで購入は可能。ただ誤解を招くので説明しておきますね。kobo端末自体には普通のスマホみたいに単体で電波は受信しないんですね。あくまでもwifi受信のみ。wifi電波が受信できれば購入可能。AmazonのKindle上級機には3G回線付きの端末が有る様ですが・・・余り意味は無いかと。今は至る所でwifi接続が出来ますので。

スポンサーリンク







また、これもよく言われる話だけども。

「スマホにアプリがあるじゃん」と。

確かに。確かにですが・・・

読書好きな人間は・・・どうしてもアプリの「見づらさ」や「ブルーライト」、さては「端末が小さい」等。どうしても本本来の大きさや見やすさを求めます。なのでやっぱ電子書籍端末・・・って事になるんですね。ここは仕方ない。

だけど端末自体のみでwifi接続できダウンロード購入が出来る・・・って事にアホみたいに感動しました。

それ以降、何処へ行くにも「kobo glo HD」をお供にするのは「当たり前」となりました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Kobo Aura Edition 2(ブラック)
価格:13824円(税込、送料無料) (2017/8/25時点)




posted by taroayu at 15:49| Comment(0) | 読書 | 更新情報をチェックする