2017年07月10日

マイルへの道は「JMB MILEAGE BANKカード」がすべて・・・僕の場合。

スポンサーリンク





20170710_133327_resized.jpg
恐らく7年目に突入ではないかと思うんですが。
写真の「JMB MILEAGE BANKカード」。これはWAON付きのカード。
これ自体はクレジットカードでは無く電子マネーの「WAONカード」。JAL のマイレージにイオン系列の電子マネー「WAON」が紐付いているカード。
流石に7年も使っていると写真のように「お古」みたいになってくるけど(笑)。
これ自体には有効期限はありません。折れたり割れたりしなければずっとそのまま利用する事になりますが。
このカードは「JALのマイレージ専門」に貯めれるイオン系列(WAON)の電子マネー。
200円の買い物で1マイル付くのが原則。1,000円で5マイル付く訳ですが。
正確には僕のカードでは100円で1マイル貯まるシステムになってます(詳しくは後日)。

僕はこのカードのお陰で「ほぼ無料」で「国内と海外」へ行かせて頂きました。
このカードを作った最初のうちは「熊本-東京」間の往復を数回(12,000マイル)。結婚する前あたりから「福岡-韓国」の往復(12,000マイル)を数回。一昨年は「熊本-東京-シンガポール」の往復。昨年は「福岡-グアム」の往復。今年は「福岡-香港-ベトナム」の往復(まだ行ってないけど(笑))が予定。
サーチャージ以外は全部無料で行ったんですね。
航空代金が全部無料。マイルで消化。完全自腹で旅行に行ってない(笑)。
今現在の自分たちのマイル蓄積量だと年間に熊本-東京を往復4回はこなせる量のマイルが貯まる。年間5万マイルくらいだろうか。海外だと「熊本-成田-グアム」の往復が二人で年に1回行ける。
普通に生活してて、年に1度「無料」で海外旅行としては「グアム」へ行ける。
これは2人分のマイルを合算して行けるマイル数・・・ではありますけどね。
兎に角「年に1度、グアムへ無料(マイル)で海外旅行へ行ける」と言う事。
これを実現する為には、上記の「JMB MILEAGE BANK」カードが僕的には必要。
これなくして旅行は行けない(笑)。
スポンサーリンク






ちなみに・・・自腹での旅行は、殆どが「青春18きっぷ」を利用しての旅(笑)。
なので上記の「JMB MILEAGE BANK」カードは絶対的に無いと旅行自体が考えられない状態でありまする。
ちなみに「福岡-グアム」は宿泊も全て無料にしたので実質はサーチャージだけの出費。
恐ろしや「マイル」です(笑)。ちなみに全部エコノミーではありますが。
これを可能にしたのも上記の「JMB MILEAGE BANK」カード。
次からはマイルや旅について書いて行こうと思います。
posted by taroayu at 14:15| Comment(0) | マイル関連 | 更新情報をチェックする

雨と風と梅雨。

スポンサーリンク






珍らしく日記風です。
ここ数日間。九州以外の方ならニュースでご存知かと。
ココ熊本市内でもず~っと雨でした。
台風が来た時も「驚くほどの」強風(1時間くらい)でしたし、その後の「吹き戻し」も酷かった。
その後「雨あられ状態」の雨続き。ずっとずっと雨でした。
昨日午後に少し晴れ、今日は曇り状態。
ただ、ジメジメ感が最大(笑)。
昨年の熊本地震後の大雨も結構な大雨でしたが、今年も結構な大雨。特に大分と福岡の県境あたりの豪雨はかなりの酷さかと。
こんな中「引き籠り」がちでしたから、更新をしておりませんでした。
すんません。 
もうそろそろ梅雨が明けてくれないか・・・と節に思っている次第です。
posted by taroayu at 13:21| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

低音障害型感音難聴その後。最終編(最終章)。

スポンサーリンク





耳鼻咽喉科での最終診療が21日だったので今日(7/3)で約2週間。
当然病院からの処方箋は一切無いので飲んでないです。現在飲んでいるのは低音障害型感音難聴に関してはビタミンB12のみ。これは毎日2粒飲んでます。この状態で現在は右耳の聞こえに異常はありません。この病気にかかる前の状態で、聞き取りに異常はありません。問題なしです。

が。

一時的ですが午後に「幕が張った感じ」がほんの少し・・・状態として出てくる時がります。これも、早めに寝ると翌朝には改善しています。

やはり「ストレス」なんでしょうね。この「幕が張った感じ」は午後から夜にかけてがパターンですし。ですが翌日の朝はキレイさっぱり幕張感は消えます。

こんな感じで2週間。恐らく「治った」とは思いますが、この「低音障害型感音難聴」自体は所持したまんまかとも思います。

たぶん「治りはしたけども」、「完全完治」はないんじゃないかな~とも感じてます。

再発しない限りは「低音障害型感音難聴」としてのアップは最後となります。

当ブログに低音障害型感音難聴で来た方は、サイドバーの「カテゴリー」内の「低音障害型感音難聴」を一式読んで頂くと経過は解るかと。この病気は色んなパターンが存在するんでしょうけど、僕が体験した低音障害型感音難聴も参考になる方は居るかと思います。

是非、ご一読頂ければ幸いです。

では。
スポンサーリンク








posted by taroayu at 09:36| Comment(0) | 低音障害型感音難聴 | 更新情報をチェックする