2017年06月22日

低音障害型感音難聴その後。最終編。

スポンサーリンク






無事。診療終了。
やっと薬投与が終わりました。
耳鼻科での検診で「一応今回で薬の投与と治療を終わります」と告げられました。
無事、診察終了です。

約4ヶ月。
長かった・・・。

前回の診療から約2週間。聞こえは以前と変わらず「聞こえ良し」。
聴力検査も以前と変わらず変化なし。と言うことで先生曰く「落ち着きましたね」との事。
なので一旦終了。
一応「完治」と言うことでした。
ただし「何か違和感を感じたら即病院に来てくださいね」。との事。
やはり「即効性」が命なんだろうな~とも感じる。
スポンサーリンク






最初「耳に違和感」を感じた時はしばらくほっていたんですね。おそらく最初の違和感は今年の1月位。でも「少しだけ右耳の聞こえが悪いな~」みたいな感じだったので特に何もしなかったんですね。で3月初旬。いきなり「右耳だけ聴こえない」日が来た。で、数日後、近くの耳鼻咽喉科で診療。その時に既に「低音障害型感音難聴」と診断されていれば・・・もう少し早く治る確率は高かったかとも思います。ですがその耳鼻咽喉科では「解らない」と。その数日後、やはり違和感は消えず、増々聞こえなくなるのでセカンドオピニオン的な感じで繁華街の耳鼻咽喉科へ。で、そこで「低音障害型感音難聴」と診断。で、今回の約4ヵ月に及ぶ低音障害型感音難聴の旅が始まったんですね。

途中「半分ほど良く聞こえだした」時期があったんですが、その後「極度に聞こえが悪くなる」羽目に。実はこの時が一番悪かった。グラフを見ても左耳と右耳の聞こえグラフが異様に離れてましたもん。ですがその翌日、病院を朝一で訪れ治療。この「即効性」が功を成したんでしょうね。3日後には「嘘みたいに」聞こえだしたし。

今後はやっぱ「自律神経」の問題でしょうね。
一応思っているのは「ヨガ」と「休息」。瞑想も取り入れていこうかと。

「あっ。ストレスかも・・・」と感じたらそこでストップ。

ヨガと休息を取り入れる。

今後はそうしようと心に決めたのでした。

取りあえず「完治」と言う事で。
posted by taroayu at 09:12| Comment(0) | 低音障害型感音難聴 | 更新情報をチェックする