2017年06月08日

難聴。その後・・・低音障害型感音難聴へとたどり着く。その7

スポンサーリンク






梅雨に入った熊本です。
昨日。耳鼻咽喉科での再検査。
結果。
「元に戻った」んです。
この病気になる前の聞こえに戻った。
耳検査の低音の右耳と左耳が同じグラフになった訳です。グラフの位置が同じになった。

素直にうれしい。
素直にうれしいんだけど・・・

「ぶりかえさないか・・・」との心配も。

この時点でステロイド剤は外れた。
今回の処方箋は
・イソバイドシロップ
・アデホスコーワ
・メチコバール
の3種。
2週間分だから42錠(笑)。
お薬おじさん(笑)。

ここで・・・先生との話の中で出て来た経過がこれ。
実は前々回の診療時の処方箋は
アデホスコーワ
メチコバール
の2種。
ステロイド剤とイソバイドシロップが外れてる。
で前回の診療時に処方されたのが
プレドニン(ステロイド剤)
イソバイドシロップ
アデホスコーワ
メチコバール
の4種。
酷くなる前の処方箋からイソバイドシロップが欠けていたんですね。実はマズくて外してもらった。これが今回の劇的な改善の要・・・だったのかもしれないんですね。
イソバイドシロップは継続して飲まないと効果を発揮しないらしいんですね。で、僕は「マズい」との理由で外して貰った。実は、まだ効果を発揮していない段階でイソバイドシロップを外したのかもしれないと自分で思案する訳です。
で、酷くなった後の診療時に強制的に最初の処方に戻ったんですね。
もちろんプレドニン(ステロイド剤)の効果もあったんだと思うんですが、イソバイドシロップが劇的に効果を発揮したのではないかとも思案しています。
正確には解りませんが・・・(笑)。

とにもかくにも「治った」状態になった訳です。
この「治った」状態になって5日目。途中、少しだけ右耳に重さを感じた時があったんですが、現在は快適で聞えます。

さぁ、ココからです。勝負は。
「再発」するかどうか?

病院からはイソバイドシロップも2週間分出てます。ので2週間・・・飲まなきゃいけない。で、2週間後に再検査。この時に前回のグラフと同じであれば恐らくイソバイドシロップが外れてアデホスコーワとメチコバールの2種になるのではないかと思ってます。

この2週間が分かれ目。

再発しない様に最大限の努力をしたいと思います。




posted by taroayu at 09:51| Comment(0) | 低音障害型感音難聴 | 更新情報をチェックする