2017年05月09日

整理した・・・と言う事。ラジオ編。SONY TR-1818とICF-SW11

20170509_144228_resized.jpg
SONY TR-1818

20170509_144244_resized.jpg
SONY ICF-SW11

現在はこの2種に絞りました。
スポンサーリンク






最初の赤いラジオTR-1818。
これは実家から所持してきたラジオ。たぶん祖母が所持していたのでは・・・と思うラジオ。僕が小学生の2年生くらいの時にはこのラジオがあった記憶がある。遺品整理をしていた時に見つけた。ので、今の住まいへ持ってきた。ネットで調べると1970年に発売。6石トランジスタラジオであることが判明。僕の記憶とダブリング(笑)。流石にボリュームのガリが酷かったので潤滑剤を吹き付け修理。AMのみの受信だがボリュームのガリを直すとキチンと聞こえる様になりました。現在はパソコンの横で「NHK第一放送」専用ラジオとして活躍中。

で、もう一台のICF-SW11。
こちらは3か月ほど前に購入した短波ラジオ。このブログをずっと読んで頂いている方には「え!」だと・・・。そう、実は同じ短波ラジオ「ICF-SW23」を以前は所持していました。が、実は3か月ほど前にヤフオクにて売ってしまいまして(笑)。で、その売れたお金でICF-SW11を購入。

この交換劇。実はこれにはちょいと訳が。
震災時、非常に心強かったラジオとしてこのICF-SW23がお供でした。
無題.png
この黒いラジオの方ね。
で、写真では解りづらいんですけどね。このICF-SW23。
小さいんです。
小さい。
130×70×20
カセットテープサイズ。
この小ささの為に「スピーカー」で聴く・・・と言う行為に無理があったんですね。
実は「キンキン」する。低音が殆ど無い。
確かに素晴らしい受信能力を発揮するラジオなんだけど、音的に厳しい。「スピーカー」では無く「イヤホン」で聴くラジオ。なんです。
これを自分の中で上手く「ごまかし」ながら聴いてましたけどね。やっぱ「わりかた良い音で聴きたい」との要望が自分の中で蓄積して来た為・・・売る。って行為に。
まぁ、実際は買値の倍ほどで売れたんで良かったんですが(笑)。
で再度購入したのがSONY ICF-SW11。
これはFM/AM。んでSW(短波)とLW(長波)も入る。受信能力は僕の実感で、さほどICF-SW23と変わらない。まぁ、受信環境がさほど良くない場所なので・・・その辺は変わらないかと(笑)。
さすがにこのラジオはスピーカー口径が前のラジオより大きいので、音程は安定している。
ちゃんとスピーカーで長時間、聴くことが出来る。

と現在はこの2台のラジオで生活している。

僕的には「トランジスタラジオ」が好きなので「赤のラジオ」がお気に入り。こいつは既に40年選手と言う事である。が、相変わりなく現在も問題なく稼働している。これもスピーカー口径が約5cmなので安定して聴けるし、受信能力も地方局は殆どカバーできてます。
「長持ちするラジオ」っていいなぁ~と切に思います。
スポンサーリンク






それとは別に。
実家からもう1台。持ってきたラジオがありまして。
それは「真空管ラジオ」。「昭和36年に購入」と僕の祖父の文字が。
これは次回。書きます。
これもちゃんと現在「稼働中」。

いや、驚きです。



posted by taroayu at 15:21| Comment(0) | ラジオ・テレビ | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

ゴールデンウィーク中ですが・・・

熊本は
まだ揺れます。
昨夜は2度。
昼間のは震度3。夜は震度2。
やっぱり安心はまだまだ先の様子です。
ラジオと水と懐中電灯を枕元に置いて寝ている僕です。
posted by taroayu at 11:59| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

難聴。その後・・・低音障害型感音難聴へとたどり着く。その3

「その2」からの数日後。
耳鼻咽喉科からの処方された薬(ステロイド剤を除く)を朝昼晩。
これ以降の進行は見られない。けど、治っている感覚も余りない。現状維持って感じ。
まぁ、進行しないだけでもありがたい。
けど、前回の鍼治療から・・・随分と肩の凝りが戻っている。凝っている・・・と言う事。
「キツイ」時には聞こえも若干戻る。
ストレスを抱えると聞こえも悪くなる・・・って感じが自分でも解るかなぁ~って感じになってきた。
体調ですね。
体調で聞えの善し悪しがある。
やっぱビタミンB12が処方されてる・・・って事がココに来る。
神経的な事なんですね。この病気は。
と理解できた。

さすがにゴールデンウィークちゅうなので病院も鍼灸院にも行けないので現状維持を保つしかありません。
無理をせず、生活することを念頭に置いて生きてます。

そんな感じです。

では。
posted by taroayu at 23:39| Comment(0) | 低音障害型感音難聴 | 更新情報をチェックする