2016年08月08日

ラジオ その1(SRF-S84)

どうも僕です。
3日前には震度3。今日も震度1の余震。実質毎日余震ですわ。既に3か月を超えると言うのに・・・まだ余震の熊本です。
で。ずっと書こうと思っていた事を書きます。地震当時からずっと肌身離さず所持しているコレ。
20160806_151714.jpg
SONY SRF-S84

SONY製のラジオ。
これは「ライターサイズラジオ」と言われ手のひらに「すっぽり」と収まるラジオ。実際は100円ライターを少し大きくした位のサイズ。当然「スピーカー」は付いておらずイヤホンのみでの拝聴。なので基本「1人聴き」しかできません。(ですが・・・熊本地震発生時、嫁と僕でステレオイヤホンを片方ずつお互いで聴いていました)という事も可能。AM/FMの2波のみ(ただしFMはワイド受信が可能)。でAMはモノラル。FMはステレオでの受信。しかもFMに関しては「MEGA BASS」と言う低温倍増の機能も付いてます。
20160806_151822.jpg
逆さですが(笑)。OFF/ON/MEGA BASSのスイッチとボリュームが上辺に付いてます。
20160806_151741.jpg
こちらはイヤホン穴。
20160806_151801.jpg
手前がアナログチューニングのダイアル。奥にAM/FMの切り替えスイッチ(FM MONO(モノラル)とFM ST(ステレオ))。

非常にシンプル。
当然AMはモノラルですがFMに関してはモノラルとステレオを選択できます(どういう事かと言うと、電波が弱い地域ではスレレオ受信時の雑音がひどいんですね。で、それをモノラルにする事でノイズを軽減して聴ける様にするという役目)を担ってます。これが付いている事で聴ける局が増えますもんね。雑音の中から何とか聞える局をモノラルにする事で、ちゃんと聞ける様にする事が出来る。小さい事ですが大事です(笑)。特に今は「ワイドFM」が増えてますから、増々FMが聞ける事は重要ではないかと思うんですね。

で、あとMEGA BASS。
これは通常放送音を低音だけ倍増して聴けるスイッチ。特にFM時に威力を発揮。ちょい良いイヤホン(ヘッドフォン)を使用すると恐ろしく素敵なFM放送が聞けます。いや、驚く位に低音が倍増され音楽好きには「たまらん」スイッチです。

あと特記として電源は「単4」1本!
これで普通に1ヵ月は余裕で持ちます(1日3~4時間聞いても)。
ちなみに電池切れは突如「聞えなく」なります。その時が交換。常に予備の単4電池の所持をおススメしますが(笑)。

と記しました。
唯一の弱点はアナログ・・・って事です。
ラジオ自体を理解されてない方には受信する・・・って行為自体に戸惑いがあるかと思います。デジタルだと周波数を調べて、その周波数をインプットしさえすれば延々と周波数を気にする事はしなくて済むんですが。逆に言うと周波数を知らないと聞けない。この機種はアナログですので自分でダイアルを回して聴こえる局を探さないといけない。周波数を知らないと聞くまでに少しハードルが・・・って事になっちゃいますが。逆に言うと回してると何処かで聞える局が見つかる・・・って事にも繋がる。
まぁ、いつも聞く局でそのままにしておけば良い・・・って事でもあります。
あんまり難しい事では無いのでダイアルチューニングで問題ないかと思いますが。
ちなみにデジタルだとこのラジオの倍くらいのお値段になります(笑)。

4月14日の地震時。最初の避難時に、僕は、このラジオだけを所持し外に出ました。普段は常に枕元に置き「寝ながら聞く用ラジオ」としてイヤホン(ヘッドフォン)とセットで置いているんですが。地震時の21:34分頃。遅い食事をする寸前「震度6弱」の地震が来たんですね。その時、とっさにこのラジオを取り・・・地震が収まるのを待って急いで外に出ました。その時の所持品がスマホとこのラジオのみ。
当然それから2時間ほど・・・外でも余震が連続して続き、仕方なく少し広い場所で座って過ごしました。その時にこのSRF-S84が役に立ったんですね。唯一のラジオですから。殆どの人がスマホで情報を取るんですけどね。結構すんなり行かない。一時電話が不能になりましたし。ラインで情報を取ってる人も居たには居たんですけどね。かなり偏った情報でして。なのでやっぱ僕が唯一握った情報を周りに伝えてました。地震発生時の数時間。唯一NHKラジオが続々と情報を流してましたから。当然熊本にはRKKラジオと言う民放の局があるんですが、やはりNHKの情報量には勝てませんで。なのでやっぱNHKラジオだった訳です。地震発生時の数時間、絶対的に情報が足りませんから。でも、この数時間の情報が如何に大事が・・・を身を持って経験しました。

現在も枕元に置いてあります。んで、外出時にも必ず所持してます。外出先で再び地震に見舞われた場合、やはりラジオが一番ですので。

現在も、必ずバックの底に持って出かけます。予備の単4電池1本を放り投げて・・・。



posted by taroayu at 14:29| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする