2016年08月24日

増えてくるとやっぱ便利だな・・・と思える。

少し間があきました。
僕です。

テレビで放映中の波留主演のドラマ「ON 異常犯罪捜査官」。内藤了の原作を一気に6冊、楽天の電子書籍koboに落とし込み(購入し)読み終わった。約1週間。
そう。僕は一気に読んでしまうので「もったいない」と同行人からは言われる。が「もったいある」読み方がどんなのか・・・僕は知らない(笑)。まぁ、6冊を1週間ですから・・・そう思うんでしょうね。
当然、ドラマとは大きく筋が違うのでドラマとの比較は出来ませんが「面白かった」。本は面白かった。

で、これ。
実はドラマの第一話を先に見た瞬間「原作が読みたい」と一心に思い・・・所持していた(ココ1年ほど全くと言っていい位にほたっていた楽天の電子書籍端末初代kobo)を引っ張り出し夜中に楽天サイトにて購入。1冊の予定が最終的には6冊全部を購入(笑)。まぁ、それ位に面白かったんだけど。

こうやって久しぶりにkoboへ書籍を落とし込み読んでいると・・・。これが意外にも「便利」と「使える」事に気づいたんですね。書籍が増えてくると・・・そう思う訳でして。で、一番の特権が「書籍自体を持たなくて良い事」に尽きるんですね。先程の購入した6冊を普通の紙で所持すると軽く文庫でも1キロは超えちゃう。まぁ、読む時は1冊づつですから数百グラムなんですがね。この数冊を所持しながら読み続ける・・・って事が意外と苦になるんです。どういう事かと申しますとね。1巻が読み終わる頃に次の2巻を読みたくなる。そうすると通常1巻と2巻を両方とも所持しなくてはならなくなってくる。そうすると普通2冊を所持したまま読書する・・・と言う羽目になってしまうんですね。これ読書を日課とする方ならお分かりかと思うんですが(笑)。結構煩わしいし重い(笑)。今回は6冊でしたから・・・所持するのも面倒ですし・・・で電子書籍で。って事にしたんですね。
最初はやっぱ「リアル本」を持たない事に「少し違和感」が伴ったんですが・・・1巻と2巻をまたぐ時に感じたんです。
「紙を持たない方が便利かも」・・・と。
端末1台のみで延々と1巻から2巻。2巻から3巻・・・と読める訳ですからね。
実際に自分でこういう読み方をしてみると電子書籍端末の良さが見えてくるし実感もしてしまう。
現在40冊位を端末に所持しているんですが、納得の領域に入りました。

小説は電子書籍で。

って事に。
今後はこの電子書籍端末のみを出先に所持して行けば、自分の書庫(電子書籍端末内の書庫)から選んで読み出す事が出来る。
電子書籍の「悦」・・・に入った所です。

これ、端末自体は基本wifiでのダウンロードですので1度落とし込めばネット環境が無くても問題なく読めるので便利です。
で、これも良く言われるんですが・・・Amazon kindleの方が良くね?って。
確かに知名度と端末の便利さ、また最近は980円で読み放題も始まりましたけどね。けどね。楽天の方が僕は好きです(笑)。ポイント付きますし。また常に10%~20%offのクーポンなんぞは手に入ります。しかも今はポイント20倍ですし(笑)。なので楽天の方が安く手に入る。まぁ、端末云々の話になるとkoboはkindleに劣りますけど(笑)。
けど、普通にkobo端末で読めますし。問題ありません。僕的には。
なので僕はkoboをお勧めします。
まぁ、好きな人しか買わないとは思うけど(笑)。

あ、あと青空文庫的な無料本は0円で読み放題(落とし放題)です。

やっと電子書籍端末の良さが身に染みて来た今日この頃です。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

Kobo Glo HD
価格:13824円(税込、送料無料) (2016/8/24時点)



posted by taroayu at 10:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

ラジオ その1(SRF-S84)

どうも僕です。
3日前には震度3。今日も震度1の余震。実質毎日余震ですわ。既に3か月を超えると言うのに・・・まだ余震の熊本です。
で。ずっと書こうと思っていた事を書きます。地震当時からずっと肌身離さず所持しているコレ。
20160806_151714.jpg
SONY SRF-S84

SONY製のラジオ。
これは「ライターサイズラジオ」と言われ手のひらに「すっぽり」と収まるラジオ。実際は100円ライターを少し大きくした位のサイズ。当然「スピーカー」は付いておらずイヤホンのみでの拝聴。なので基本「1人聴き」しかできません。(ですが・・・熊本地震発生時、嫁と僕でステレオイヤホンを片方ずつお互いで聴いていました)という事も可能。AM/FMの2波のみ(ただしFMはワイド受信が可能)。でAMはモノラル。FMはステレオでの受信。しかもFMに関しては「MEGA BASS」と言う低温倍増の機能も付いてます。
20160806_151822.jpg
逆さですが(笑)。OFF/ON/MEGA BASSのスイッチとボリュームが上辺に付いてます。
20160806_151741.jpg
こちらはイヤホン穴。
20160806_151801.jpg
手前がアナログチューニングのダイアル。奥にAM/FMの切り替えスイッチ(FM MONO(モノラル)とFM ST(ステレオ))。

非常にシンプル。
当然AMはモノラルですがFMに関してはモノラルとステレオを選択できます(どういう事かと言うと、電波が弱い地域ではスレレオ受信時の雑音がひどいんですね。で、それをモノラルにする事でノイズを軽減して聴ける様にするという役目)を担ってます。これが付いている事で聴ける局が増えますもんね。雑音の中から何とか聞える局をモノラルにする事で、ちゃんと聞ける様にする事が出来る。小さい事ですが大事です(笑)。特に今は「ワイドFM」が増えてますから、増々FMが聞ける事は重要ではないかと思うんですね。

で、あとMEGA BASS。
これは通常放送音を低音だけ倍増して聴けるスイッチ。特にFM時に威力を発揮。ちょい良いイヤホン(ヘッドフォン)を使用すると恐ろしく素敵なFM放送が聞けます。いや、驚く位に低音が倍増され音楽好きには「たまらん」スイッチです。

あと特記として電源は「単4」1本!
これで普通に1ヵ月は余裕で持ちます(1日3~4時間聞いても)。
ちなみに電池切れは突如「聞えなく」なります。その時が交換。常に予備の単4電池の所持をおススメしますが(笑)。

と記しました。
唯一の弱点はアナログ・・・って事です。
ラジオ自体を理解されてない方には受信する・・・って行為自体に戸惑いがあるかと思います。デジタルだと周波数を調べて、その周波数をインプットしさえすれば延々と周波数を気にする事はしなくて済むんですが。逆に言うと周波数を知らないと聞けない。この機種はアナログですので自分でダイアルを回して聴こえる局を探さないといけない。周波数を知らないと聞くまでに少しハードルが・・・って事になっちゃいますが。逆に言うと回してると何処かで聞える局が見つかる・・・って事にも繋がる。
まぁ、いつも聞く局でそのままにしておけば良い・・・って事でもあります。
あんまり難しい事では無いのでダイアルチューニングで問題ないかと思いますが。
ちなみにデジタルだとこのラジオの倍くらいのお値段になります(笑)。

4月14日の地震時。最初の避難時に、僕は、このラジオだけを所持し外に出ました。普段は常に枕元に置き「寝ながら聞く用ラジオ」としてイヤホン(ヘッドフォン)とセットで置いているんですが。地震時の21:34分頃。遅い食事をする寸前「震度6弱」の地震が来たんですね。その時、とっさにこのラジオを取り・・・地震が収まるのを待って急いで外に出ました。その時の所持品がスマホとこのラジオのみ。
当然それから2時間ほど・・・外でも余震が連続して続き、仕方なく少し広い場所で座って過ごしました。その時にこのSRF-S84が役に立ったんですね。唯一のラジオですから。殆どの人がスマホで情報を取るんですけどね。結構すんなり行かない。一時電話が不能になりましたし。ラインで情報を取ってる人も居たには居たんですけどね。かなり偏った情報でして。なのでやっぱ僕が唯一握った情報を周りに伝えてました。地震発生時の数時間。唯一NHKラジオが続々と情報を流してましたから。当然熊本にはRKKラジオと言う民放の局があるんですが、やはりNHKの情報量には勝てませんで。なのでやっぱNHKラジオだった訳です。地震発生時の数時間、絶対的に情報が足りませんから。でも、この数時間の情報が如何に大事が・・・を身を持って経験しました。

現在も枕元に置いてあります。んで、外出時にも必ず所持してます。外出先で再び地震に見舞われた場合、やはりラジオが一番ですので。

現在も、必ずバックの底に持って出かけます。予備の単4電池1本を放り投げて・・・。



posted by taroayu at 14:29| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

何故に読むのか。

どうも僕です。
切っ掛けは中学2年の時の広島修学旅行時。
当日初日。出発の駅で暇を持て余していたんですね。その時、唯一あるキオスク。そう、駅の売店で何となく買ってしまった文庫本。
遠藤周作「悲しみの歌」。
今も僕の書庫にあるんですけどね。(これ、中学二年からずっと持ってる・・・って事になります(笑))
これをかばんに入れて修学旅行へ。
当然同級生とガヤガヤする訳なんですが・・・その空き時間を読書。
で、結局。途中からすんげー面白くなって修学旅行を終わるまでに読破。
で、そこから。

僕の読書が始まったのが。

これ以来、ずっと47歳の今日まで読み続けてる。
もうね。トイレのトイレットペーパーですよ。トイレットペーパー。
無いと困る・・・ってやつ。
むしろ「あって当然」的にまでなってる(笑)。
これには嫁も呆れてる。逆に「すごいね」とも言われる。
3時間で1冊・・・読む位だから(笑)。
新書だと3時間。小説だと1日。たぶん8時間くらいかなぁ。これが専門書だと4日くらい。ま、難しいからね。で、テレビ見ないから・・・殆ど読んでばっか(笑)。
どんなに忙しくても「隙間時間」を見つけて読む。ありますやん5分とか10分の隙間時間。その時間でも読む。ので、基本何かしらの本を所持して移動する。最悪「波(新潮社の小冊子)」。

趣味です。

もう、完全に「ひとり趣味」。
特に小説を読む時の「ひとり幽体離脱」的な感じが好きで読みますわ。悪い意味で言うと「現実逃避」的な部分ですね。この脳内現実逃避感が好きで読み続けてるってのがホンネかと。この小説を読む事でストレス発散なんです。ぼくの場合。
ま、よく言われる話で「読む事自体がストレス」とお思いの方は多いと思います。だから本を読まない。たぶんドンピシャ!かと。
僕はそれも良く解ります。実は良く解る。
でもね、それを超える位に読む冊数をこなして行くと・・・だんだん「苦」では無くなる。
「苦が苦では無くなる」タイミングが来ます。
それが良く言われる「1万時間の法則」って事かと。何事も「1万時間」位になってくると身に付く・・・って話です(ザックリ表現してますが(笑))。
まぁ、もうそれ位は通り越してしまってる訳です。なので「苦」無く読んでしまう。なので「空き時間」が見つかると読んでしまう・・・訳です。
で、よく言われる事で「何処にそんなに本を買うお金があるのか?」・・・・・。って話。
これも自分で構築したループなんですが。
「ヤフオク」で売るんです。で次の本を買う。で、また「ヤフオク」で売るんです。で次の本をまた買うんです。これを延々と続けてる・・・・ってのが本当。なので「書庫に本が永遠に増え続ける」・・・と言うループが存在しない。常に300冊位で保っている。
当然「何度も読むであろう本」や「大事な本」は売らないけども「もう読まないだろうな的本」や「あー楽しかった的本」は苦も無く売る。それと新刊の本。これも基本売る。このループを構築できてから新刊の本も苦無く買え読める様になったんですね。新刊だから「僕は読み」たい。で、新刊だから「安く」買いたい人がいる。を上手く利用し「新刊の本を新刊で買い僕は読む。そして読み終わったら新刊のままヤフオクで少し安くして売る」を繰り返す。そうすると新刊を数百円で読める。

で、言われる。

「損してない?」って。

お金を見ると損してる。んですけどね。でも新刊を新刊のタイミングで読む(鮮度)のが目的で、保有目的では無いんです。ま、逆を言うと保有目的ならある程度安くなってから買います。ですが、保有目的では無く情報を得たい・・・ので数百円で買う(差額)んですね。鮮度の良い情報を数百円で買うんです。やっぱ情報ですからね。本も。
読む・・・と言う中身を得る行為に移行出来たのもこの「1万時間」ではないかと思うんですね。
好きが高じると「1万時間」は何処かで超えてしまう。そうなると「苦」では無くなる。

たぶん中学2年の修学旅行の時の出発の駅のキオスクに遠藤周作氏の「悲しみの歌」が無かったら、今の僕は無かったろうと思います。

そして

本がトイレットペーパー並みになった僕は、今日も読み続けるのです。

トイレで。







posted by taroayu at 11:50| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする