2018年06月07日

「えんぴつ」に我、思う。

スポンサーリンク






日曜日。無事「英検3級」の受験を終わり・・・んで「週半ばの警備員」も終わり・・・やっとホッとしている所です。
色々と立て込むと「書かなく」なります(笑)。

P_20180607_074324_vHDR_On_1.jpg



これ「おとなの鉛筆」。正確に言うと「北星鉛筆 大人の鉛筆 B/2mm」。
おとなの~ で止めるとさ。やばいやばい(笑)。
鉛筆。鉛筆ね。芯だけノックする鉛筆。

これ、英検受験前に買って英検で初使用。
もう殆どの試験でそうなんだけど・・・マークシートなのね。マークシート。
でさ。
シャーペンだとね。塗らなきゃなんない。塗らないとあかんわけ。芯が細すぎて。
でね。シャーペンで出来なくもないんだけどさ。時間かかる訳。塗りつぶすのに。
で・・・。過去の英検で苦労した。
これを解消したくてさ。ある時「鉛筆」を買ったのね。60円ほどの。
でもさ。

「長い」わけ。

筆箱に入んないわけ(笑)。
筆箱が短いのかもしんないけどさ。入んない。
でね。悩んだ挙句・・・北星鉛筆のこいつを購入(写真参照)。

これはね。筆箱に収まる(笑)。
しかも「えんぴつじゃん」的な書きざま。まさに鉛筆。普通にえんぴつ(笑)。

なんかこう~ 普通に鉛筆なのね。

すげ~

って程でもないんだけど「あぁ。えんぴつじゃん」的な。

大人になってもさ。普通にシャーペンは貰うし買うし使うんだけど・・・鉛筆ってさ。なかなかねぇ。
んだども、試験のマークシートで困るなら・・・で購入。
最高にマークシートを塗りつぶせた(笑)。

過去、ジャズやってたんでさ。そん時は鉛筆で楽譜書いてたんだけどね。それ以来の鉛筆。

あぁ、えんぴつもいいよねぇ~

なんて思うんだ。

スポンサーリンク





posted by taroayu at 09:53| Comment(0) | B級な物 | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

警備員の憂鬱 6。・・・「働く」と言う事。

スポンサーリンク






日中は25度を超える。
普通に暑い。

そう。そんな中。僕は週2日だけの警備員の仕事をこなしている。
週2日・・・とは言え、連日「暑い」。

堪えるねぇ~

日を追うごとに「黒く」なっている(笑)。

随分前に警備員シリーズとして書いたんだけど、意外とアクセスが多く「知らない世界」を読んで頂いている・・・と感心しています。
ま、普通・・・知りませんわな。「良く、あんな仕事出来るよねぇ」的に思われる仕事のひとつではないかと思います。けど「やっぱそうよねぇ~」とも思います。自分でやってて「しんどいなぁ」とも思いますし(笑)。ですが、誰かのお役に立っているのは事実なので「立派な仕事」と自画自賛しています(笑)。

非常に「ミニマム」的ではありますが、本来は「自分の仕事」を構築する為に「週2日」と言う勤務体制を会社に直談判した訳であって、警備員収入のみで生活している訳ではないので、そこの所を誤解しないでほしいと思っている訳です。「最低限の収入を警備員で確保する」と言う僕の思いと、社長(会社の)の考える「人員確保とスポット的な空きを埋める人員」としての確保を僕でカバーする・・・が一致した訳です。

僕と同じ働きの隊員が現在は数名ほど在籍(週に1日から3日ほどを出勤できる隊員ですね)している様子。

これ、どういう事か?っていうと・・・

農業している隊員が数名。この方たちは暇な時期がある訳です。その時期だけ警備員として出勤する。漁師の方も在籍。これも同じ。後、週末の土日のみしか出ない隊員もいる。僕は週半ばに2日。

それぞれの事情と思惑がある訳ですけどね。けど「空いた日は隊員として出てもOKですよ~」ってスタンス。出りゃ~収入になる訳だし、会社としても「誰かが行かねばならない仕事を請け負ってくれる」貴重なスポット隊員として重宝でもある。お互いが解った上で仕事を請け負うのでお互いが良い結果を生む。

極論を言うと「人が足りない時に出て、人が足りる時は出ない」が可能である。

会社も、それを解った上で僕を使うので「お互い便利」が通用する。

で、疑問ですね。

「仕事がない」って時は無いの?

ですね。たぶん、この疑問が出てくるかと。

これもちゃんとした答えがあります。

「5月半ばから徐々に増えだす」が答え。

工事って・・・殆どが3月末で終了。年度末ね。で、新年度の4月からゴールデンウィーク明けまでは殆ど仕事がありません。なのでこの1ヶ月半程度は全くもって「呼ばれない」。が・・・5月の連休明けから、普通に仕事のお呼びがかかります。ぼくもそう。現在は問題なく週2日で仕事に行ってます。これから来年の3月までは間違いなく「ず~っと週に2日」呼ばれる(笑)。

ただ、誤解を招くと良くないので書きますが。3月以降の働き方を社長と話しあった訳です。それでの結果。社長の判断で「数名の数日しか出ない隊員」を数名確保しておく・・・も戦略の中にあった訳です。なので僕の週2日が可能になった。

「働き方は自分で提案する」


正直・・・随分と考えました。「どう働くか?」って事です。

「会社にどっぷり」はこの際、外した。ならばどう働くか?。

数時間の仕事(バイト)か数日の仕事も思案しましたが・・・結局「拘束時間が長い割には時給の安さ」と「数時間しか働けない」もしくは「長時間働かなければならない」のどちらかしか無かったので断念。雇用する側の都合が100%なので、学校卒業してから就いた仕事と変わらない。ならば・・・と思案し警備員を再度始めた(過去2社で3年ほどの経験あり)。過去に働いた警備会社は大手だったので、今回は小さい警備会社をあえて選んだんですね。結果、最良の答えが出たんですね。良かった。仕事は相変わらずキツいんだけど、「雇われる」ポジションから「あるていど」ズレたので結果「自分の仕事を構築する」事も可能になった。「理解力」と「これからの働き方」を理解する社長に出会えたのも大きいかと。

まぁ、でも「自分から提案した」事も大きかったかと。

「出来ない」と判断するよりも、「言ってみる事」。僕はそうした。

お陰で「ストレス」が随分と減った。

これを10年。続けれたら・・・凄いだろうなぁ~とも思っている。

さぁ、どこまで続くだろう。


スポンサーリンク





posted by taroayu at 16:51| Comment(0) | 警備員 | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

村田浩&THE BOP BAND 「THAT DAY」

スポンサーリンク






P_20180521_085011_vHDR_On.jpg

これ。村田さんの一番新しいアルバム。

「THAT DAY」村田浩&THE BOP BAND

残念ながら・・・このアルバムはネットでは買えない。

残念ながら・・・村田さん自身の手持ち販売だから(笑)。これはvol.5。僕は既に完売のvol.1も持っている。

もう一度、言いますけどね。これ、ネットでは買えませんから。

ライブに行って、ご本人から買うしかない。

こんな時代に、スゲー。

でもね。

来た、お客さん。

買うんだ!

スゲー。

僕も買ったけど(笑)

スポンサーリンク






posted by taroayu at 11:07| Comment(3) | ジャズ | 更新情報をチェックする